良い記事だと思ったらシェアお願いします!

「善玉菌を増やしましょう」
「悪玉菌を増やさないようにしましょう」
「腸内環境を改善しましょう」
「腸内フローラを改善しましょう」

 

 

これらの謳い文句は納豆、ヨーグルト、キムチなどの発酵食品の健康効果として声高に叫ばれていますね。

 

 

聞いただけで容易に意味が想像できてしまう「善玉菌」という言葉はキャッチコピーとして見事と言えますが、実際のところ善玉菌にどんな効果があるのか、腸内環境を改善することでどんなメリットがあるのかよくわからない人が多いでしょう。

 

 

「健康」というのは本来、一朝一夕で作られるものではなく長い目で見て効果を検証しなければわからないものですが、それをいいことにキャッチーな売り文句で私たちの心をつかんで商品を買わせようとするというのが営利を求める企業のやり方です。

 

それは悪いことではなくむしろ当然のことなのですが、だからと言ってお、何か健康に良さそうだから買ってみようかなとよく知らずにホイホイと買ってしまっては向こうの思うつぼです。

 

これを防ぐ唯一の手段は「知識を持つこと」に他なりません。自ら知識を持つことで本当に良いものなのか、そうでないのかを見極めることができるでしょう。

 

そのためにはまず、なぜ腸内環境を改善することが良いのか?という基礎的なことを学んでいく必要があります。

 

こちらではまず、腸内環境を整えることがなぜそれほど重要なのか?という基礎のお話をしていきたいと思います。

sponsored link

腸内フローラの意味とは

まず最初にちょっとした雑学的な話から入りましょう。

 

「腸内環境」や「腸内細菌」と似たような意味で「腸内フローラ」という言葉がありますよね。

 

本やテレビなどのメディアで腸内環境のことを取り上げる時はまず腸内フローラという言葉を使うと思います。

 

そもそも腸内フローラというのはどういう意味なのかというと、「フローラ」という言葉は本来「花畑」を意味しています。

腸内細菌にもさまざまな種類があり、人間が便宜上「善玉菌」「悪玉菌」なんて分けたりしているのですが、そういった様々な腸内細菌がびっしりと広がって、それでいて種類ごとに秩序立ってまとまった形で敷き詰められているのです。

 

そんな風に種類ごとにまとまって粘液の中でゆらゆらと揺らめいている様がまるで花畑のようであることから「腸内フローラ」と呼んでいるのです。その複雑さから「腸内宇宙」なんて表現をする人もいますね。

 

「腸内宇宙」「腸内環境」「腸内細菌」のいずれにしても最もキャッチーで可愛らしいのは「腸内フローラ」というワードですよね。

 

いずれにしても今挙げたような言葉と意味としてはそれほど大きく変わらないということになります。

腸内に住む桁違いの数の細菌

腸内環境

善玉菌や悪玉菌の話になるとほぼ確実に「腸内環境」や「腸内フローラ」という話になりますが、腸に限らず私たちの体の至る所に微生物や細菌が常在しています。

 

例えば胃の中なら1万個ほどの細菌が住み、皮膚ならば一平方センチメートルあたりに数十万個の細菌が住み、口腔内であれば1億~100億個ほどの細菌が住んでいると言われています。

 

では腸内の細菌はどうなのかというと、300種類の細菌が100兆個住んでいる、という風に言われており、なんとこの腸内細菌だけで重さ1.5kg~2kgにもなるというほどです。

 

細菌の数が多いから重要という単純な話でもありませんが、体の中における腸が占める重要さやスケールの大きさというのは何となくお分かりいただけるとおもいます。

腸内環境を改善することの重要さとは

皆さんは「腸」と聞いてまず何を思い浮かべるでしょうか?

 

おそらくほとんどの人が「大便が詰まっているところ」と考えるでしょう。それは間違ってはいませんが、これだけでは全く言葉が足りません。

 

実は腸は「便」以外にも体の様々なところに関係しているのです。

 

それも説明しながら、もう少し具体的に腸を整えることの大切さをお話していきましょう。

腸は脳と密接に関係している

脳

腸は元々、生物にとって最重要器官である「」が生物に備わる前に体の意思決定を行って器官です。その脳自体も腸から進化していった臓器なのです。

 

こういった進化の過程があって腸は独自の神経系を持つため、消化や排泄といった生物に必要不可欠な働きを脳からの指令を待たずにすることが出来ます。これは心臓などを含めた他の臓器には出来ないことで、このことから腸は「第二の脳」とも言われているのです。

 

脳とは独自に働ける一方で、腸と脳は自律神経やホルモンを通して互いに関係しあって影響を及ぼしているところもあります。これは「腸脳相関」と言うのですが、わかりやすい例でいうと緊張したときにおなかが痛くなる、というものです。

子供 腹痛

そして、逆に腸が脳に及ぼす影響も大きいです。

 

つまり腹痛や下痢といった腹部不快感が脳に伝わってうつや不安といった精神変化を及ぼすということ。

 

一見「本当かな?」と疑いたくなるかもしれませんが、これにはちゃんと理由があります。

腸内環境の悪化がストレスに結びつく

実は腸では脳内神経伝達物質であるセロトニンドーパミンの元となる物質を作っています。

 

特にセロトニンは「幸せホルモン」「幸福物質」なんて言われており、これが分泌されることで安らぎを感じることが出来るのです。

つまり腸内環境が悪化しているということはセロトニンをうまく作り出せないということであり、ストレスを感じたりうつになりやすくなってしまうということなのです。

ストレス

ドーパミンは楽しさや快楽といった感情のスイッチになっており、やる気を引き起こしたり気持ちを前向きにしてくれるホルモンですからこちらも重要です。

 

腸内環境がなんと性格にも関わっているとされており、元気なマウスの腸内細菌をおとなしいマウスの腸に移植したところ元気な性格になったという実験まであるくらいです。

 

セロトニンやドーパミンと腸が関わっているとすれば有り得なくはない話ですよね。

 

もし本当なら私は高田純次さんの腸内細菌を移植してテキトーに生きてみたいです(笑)。

sponsored link

 

腸脳相関を分かりやすく言うと「違う国の首相同士」といったところでしょうか。国と国とは対等(建前上は)で、連携していく必要がありますよね。

腸は栄養を吸収する最後の窓口

腸の重要さは、腸が食物から摂取した栄養を吸収する部位というところにもあります。

 

これは胎児の成長過程を見てもそうで、受精卵が着床した後には母体からの栄養の伝搬ルートとなる腸をまず形成します。

 

血管や神経系が作られるのは腸の後です。

 

私たちが食物を食べる時というのは、まず口に入れて咀嚼をし、飲み込んで、胃に送って胃液で消化してから腸内に送り込まれます。

 

この食べ物が通る一連の道である 口腔・咽頭・食道・胃・小腸・大腸 のことを「消化管」と呼びますが、消化管は「体内の体外」とも言われています。

 

それは、食べ物は食べただけでは体内に取り込まれたとは言えず、消化をすることでようやく体の一部になるからです。

 

消化管

そして吸収する前の最後の消化活動を担うのがいうわけですから、その重要性は想像に難くありません。

 

つまり腸内環境が悪化していると、せっかく良質な食事やサプリメントを取り入れても栄養をうまく吸収できないのです。

だから体のどこが悪くなったとしても、改善するためにはまず腸内環境のことを考えなければ無意味と言っても過言ではありません。

 

例えば妊婦だったら食事やサプリメントなど、お腹の中の赤ちゃんのためにも栄養には特に気を気をつけたいところですよね。

 

しかし腸内環境が悪化していれば、葉酸やマカなどの赤ちゃんに良いものを取ってもそれを吸収できませんし、もっと言えば食事での栄養を赤ちゃんに満足に届けることが出来ないということです。

腸と免疫機能の関係

実は腸は免疫機能とも密接に関係しています。これは前段の「腸が栄養吸収の最終窓口であること」の話とも関連してきます。

 

というのも、食べ物の最終窓口である腸にとっては、もし外部から病原菌やウイルスなどの有害物質が侵入したらそれを吸収せずに体への侵入を防がなければなりません。

 

そのように無害なものと有害なものを取捨選択するために腸の免疫細胞が働いています。

腸にある免疫細胞というのは体全体の6割にも及びます。腸は最重要防衛拠点であり、体最大の免疫器官とも言えるのです。

 

 

逆に腸内環境が悪化しているとどうなるか・・・当たり間ですが免疫機能が低下するということです。

 

そうなると外部から侵入するウイルス病原菌から体を守れないので風邪やインフルエンザなどにかかりやすくなってしまいます。

 

免疫機能の低下と関係しているのはアレルギー反応ですね。

 

花粉症はアレルギーの代表的なものですが、ビフィズス菌の粉末を投与したところ花粉症の症状が和らいだという研究報告があります。

花粉症

さらに言うと妊娠中もしくは妊活をしている人にとってもこの免疫機能の低下は、精子受精卵を異物とみなして攻撃してしまうという恐れがあります。これも一種のアレルギー反応と言えるでしょう。

腸内環境を改善することが体のトータルケアにつながる

前段では腸内環境が悪化していることでもたらされる体への影響として代表的なものを挙げましたが、まだまだ他にもいっぱいあります。

 

デブ菌を増やして太りやすくなってしまう
・悪玉菌が作り出す有害物質フェノールが乾燥肌をもたらす」
・大豆イソフラボンをエクオールに変換できず更年期障害をもたらす

・活性酸素が発生して卵巣を攻撃して不妊症をもたらす

 

 

などですね。ダイエット、美肌、更年期、妊娠・・・と、女性のありとあらゆる悩みに直結しているのが腸内環境と言えるでしょう。

 

単に「便を溜めるところ」という認識が間違いというのはもうお分かりですね。

 

そして、逆に言えば腸内環境を改善することでこれだけ体の色々な部分を改善することが出来るということでもあるのです。

 

ダイエット、美髪、バストアップ、妊活、などなど体の健康に関する興味は人それぞれでしょうが、これらを全部まとめてオールインワンで対処出来てしまうのが「腸内環境の改善」なのですよ。

 

こう考えるとなんかチョロイですよね(笑)。腸内環境を改善しただけで色々健康になれちゃうんですから。

 

 

そして当サイトでは腸内環境改善のための方法「オリゴ糖を摂取すること」を推奨しています。

オリゴ糖

 

腸内環境の改善と言ったら食物繊維ヨーグルトなどの名前も挙がりますが、これらを差し置いてオリゴ糖が最も効果的です。

 

腸と体の意外な関係がこの話で分かったように、オリゴ糖が持つ驚異的な効果というのも興味深い話ですよ。

 

当サイトでは腸内環境と体の様々な不調の関係の話や、具体的に腸内環境を改善するためのお話などをしていますので是非参考にしてください。

 

オリゴ糖がもたらす効果の詳細はこちら!

まとめ:なぜ腸内環境を整えることが重要なのか?腸がもたらす様々な健康効果とは

腸内には100兆個という他の器官に比べて桁違いの数の細菌が生息しており、腸内環境を整えることは

 

・セロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質を作って精神的な安らぎをもたらす
・食事やサプリメントなどの栄養吸収をスムーズにしてくれる
・免疫機能を向上させる

 

といった様々な効果が期待できるので、体のトータルケアにつながります。

 

そして「腸内環境を整える」ための方法として当サイトで最も適していると判断したのが「オリゴ糖」です。

 

腸内環境改善のためにはヨーグルト、食物繊維、運動、など様々なものが候補として考えられますが、なぜその中でもオリゴ糖が一番適した方法だと言えるのか?

 

それについては、私が使っている「日本一売れているオリゴ糖」の話を見てもらえば分かりますので是非参考にしてください。

 

>>日本一売れているオリゴ糖の話はこちらです!

sponsored link
良い記事だと思ったらシェアお願いします!