良い記事だと思ったらシェアお願いします!

腸内細菌は3歳までの食生活で決まる!

突然ですが、こう言われたらあなたはどう思いますか?

 

実はこのことは、腸内環境の世界ではもはや常識として知られていることなのです。

 

「腸内環境改善」
「腸活」
「善玉菌を増やす」

 

・・・等々、腸を整えるということが健康に良いと散々言われてるのに全部無意味だったの?なんて思うことでしょう。

 

もちろん大人になってからでも善玉菌を増やすということは可能ですし、3歳を過ぎたとしても改善することは出来ます。

 

しかしそれは正確に言うと「今ある善玉菌を増やすことが出来る」ということです。

 

つまり、大人になってからでは腸内細菌の比率はおおよそ決まってしまうので外部から良い菌を取っても定着させることは出来ないのです。

 

逆に言うと小さい子供のうちから腸内環境のことを気を付けてあげれば

・病気になりにくい
・アレルギーになりにくい
・便秘や下痢になりにくい

体質にしてあげることが出来るということです。

 

語学の習得なんかをイメージしてもらえば分かると思いますが、何事も子供のうちから気を付けてあげた方が後々楽なんですよね。

 

子供が大人になっても健康に育ってほしいというのは全ての親に共通した願いでしょう。

 

アレルギー性皮膚炎、花粉症、インフルエンザ、便秘、下痢など様々な病気がありますが、こういった病気に対する抵抗力、つまり免疫力は腸内環境が影響しています。

 

それは腸に体全体の免疫細胞の6割が集結していることからも分かります。

 

だからまだ小さな子供のうちに腸内環境を整えてあげることが大切です。

 

でも・・・子供が便秘をすることって結構多いですよね。

子供の便秘・・・3日間出ないくらいならまだ良い方で、1週間出ないなんてことも良くあります。

 

子供ってどうしても野菜が嫌いだから、みじん切りにしてチャーハンや餃子に入れるなどの工夫をしている方もいますね。でも毎回そんな手間をかけるのも結構きついと思います。

 

そして、普段の生活からは何が子供の便秘の原因になっているのか分からないこともあります。

・水分も十分取っているのにダメ。
・ヨーグルトを飲ませてもダメ。
・運動もしているのにダメ。
・小児科でもらったラキソベロンを飲ませてもダメ。

 

あらゆる手を尽くしてもダメだから仕方なく浣腸に手を出してみたものの、癖になりそうだし本人も痛がったり恥ずかしがってるし・・・

 

そんな子供の便秘を解消するために子供の腸内環境やアレルギー改善のことを徹底的に考え抜いたサプリメントが「善玉ガード」です。

我が子の将来の健康のことが心配で今のうちに腸内環境からケアしておきたい、と考えている人には是非おすすめですね。

 

小学生くらいの子供なら腸内環境改善はまだ間に合います。

 

子供の便秘に悩んでいる・・・という方はむしろラッキーだったとも言えます。子供の腸内環境のことを考えるチャンスを与えられたということですからね。これを機に是非、子供の将来の健康のことを考えてあげてください。

 

こちらでは善玉ガードがどのような効果を持っているのか?というのを詳しくお話していきたいと思います。

sponsored link

善玉ガードとは

善玉ガードは、子供の便秘、花粉症、アレルギーなどが気になるお母さんのために作られた、子供の腸内環境を改善して根本から体調を整えるというサプリメントです。

モンドセレクション銀賞を受賞していたりと国際的にも評価されていますね。

 

サプリメントというよりおやつ感覚で美味しく食べられるヨーグルト味のキャンディーのようなもの、というのが正しいでしょう。

この「美味しく食べられる」というのは実に重要です。いくら体に良いものでも、味がまずくては小さい子供に食べさせることなど不可能ですからね。

 

継続的に無理なく子供に食べさせることができるというのは大きいですよ。

 

では、善玉ガードに含まれる成分とその具体的な効果についてお話していきましょう。

生きたまま届く赤ちゃん由来のビフィズス菌bb536

ビフィズス菌というのは善玉菌の99.9%を占める最重要な善玉菌です。

 

実は一口に「ビフィズス菌」と言っても様々な種類があります。

 

例えば

ビフィズス菌ビフィダム・・・世界で初めて発見された最初のビフィズス菌
ビフィズス菌アドレスセンティス・・・大人の大腸に多いビフィズス菌
ビフィズス菌B3(ビースリー)・・・ダイエット効果のあるビフィズス菌

 

といった具合ですね。ヒトの腸だけでも10種類以上のビフィズス菌が発見されてます。

 

そして善玉ガードに使われているビフィズス菌bb536というのは健康な乳児に多いビフィズス菌です。

 

ビフィズス菌bb536は1969年に森永乳業が健康な乳児の腸から発見し、1971年に初めて食品に応用されて以来40年以上に渡って使われ続けている歴史のあるビフィズス菌です。

1996年にはビフィズス菌bb536入りヨーグルトがトクホ認定され、2009年には米国食品医薬品局(FDA)に安全性が認められGRAS認証を取得しています。

 

とにかく国内外を問わず安全性が認められてるので子供にも安心なビフィズス菌ということですね。

通常のビフィズス菌は酸、酸素、熱といった外部刺激に対して弱く、摂取しても大腸に届く前に死滅してしまうものが多いのですが、ビフィズス菌bb536は酸や酸素などに強く、死滅せずに大腸に届きやすいという特徴を持っています。

 

これが「生きたまま腸に届くビフィズス菌」と言われる理由ですね。

 

しかも乳児の大腸に元々いるビフィズス菌ですから安全で効果が高く、ビフィズス菌bb536は小さな子供に最も適したビフィズス菌と言えるのです。

ビフィズス菌bb536の効果

ビフィズス菌の効果というのは、大腸内で乳酸酢酸を作り出すことにあります。

 

酢酸というと「お酢」に含まれる成分として知られていますが、大腸内では「短鎖脂肪酸」と呼ばれていて大腸の蠕動運動のエネルギー源になるなど大腸内で特別な作用を示します。

 

短鎖脂肪酸の効果は便秘解消などの整腸作用を筆頭に様々なものがありますが、「子供の体調」を考えた時に特筆すべきは

①腸内を酸性にして悪玉菌の繁殖を防ぐ
②Oー157の毒から守ってくれる

というものです。

 

悪玉菌はアルカリ性を好んで繁殖するのですが、ビフィズス菌によって作られる酢酸や乳酸が腸内を酸性に保つことで悪玉菌の繁殖を防いでくれます。

 

さらに酢酸は大腸の上皮を丈夫にして病原性大腸菌Oー157が作る毒素から体を守ってくれるということも分かっています。

ビフィズス菌のO-157抑制効果は理化学研究所、東京大学、横浜市立大学の共同研究によって明らかになりました。

 

この研究結果は世界的な科学誌Natureにも掲載されました(2011年1月27日号)。

 

ビフィズス菌bb536の効果はその他にも

・大腸内のアンモニア濃度の低下
・毒素産生型フラジリス菌の除菌
・排便回数の増加(便秘解消)
・少量摂取による下痢の改善
・大腸がんの予防
・骨密度増強作用

など、細かいものを挙げればキリがないほど様々なものが報告されています。

抗アレルギー作用による花粉症の改善

さらに注目したいのはビフィズス菌bb536による花粉症の緩和です。

花粉症

花粉症患者44名に対してスギ花粉が飛散する1ヶ月前からビフィズス菌bb536の粉末を投与したところ

①自覚症状
②血中炎症マーカー

において、共に花粉症が改善される結果が得られたという実験があります。

 

※参考 森永乳業HP

 

正に小さな子供のアレルギーを改善するのにぴったりなビフィズス菌なのです。

 

長年使われてきたビフィズス菌ということで、様々な研究による実績信頼性があるのもビフィズス菌bb536の強みでしょうね。

 

日本国外でも30ヶ国以上でヨーグルト、サプリメント、粉ミルクなどに使用されており、それだけ世界的に有用性が認められています。

特許成分の乳酸菌LCKT-11(クリスパタス菌)

LCKT-11とは別名クリスパタス菌とも呼ばれており、これもヒトから発見された腸内細菌です。

 

具体的には女性の膣内に多く存在している乳酸菌で、膣内で乳酸や過酸化水素を産生して酸性に保つことで病原菌の繁殖を防いでいます。

 

普段は膣内に存在して女性の体を守っているのがLCKT-11(クリスパタス菌)ですが、膣内というのはつまり赤ちゃんが生まれる時の産道になります。

 

つまりLCKT-11(クリスパタス菌)は赤ちゃんが触れる最初の細菌という風にもなるわけですね。

赤ちゃんが産道を通る時にLCKTー11(クリスパタス菌)を口や肛門から体に取り込んでお腹に住み着きます。

 

胎児の腸内は無菌状態なのですが、赤ちゃんが生まれる時にお母さんから腸内細菌をもらうことで外部の病原菌有害物質に備える力を身に付けます。

 

そのためLCKTー11は「ベビー乳酸菌」とも呼ばれています。

 

そしてLCKT-11は赤ちゃんをアレルギーや感染症から守ってくれる効果を持ちます。

LCKT-11(クリスパタス菌)の免疫活性作用

通常の乳酸菌との違いは、アレルギーや感染症の発症リスクを軽減させる効果があるところにあります。

 

これは普段女性の膣内に存在して病原菌の繁殖を防ぐ役割を担っていることからも分かりますね。

 

具体的には乳酸過酸化水素などを生産して殺菌作用を示します。

 

帝王切開で生まれた子供がお母さんから腸内細菌を受け継げずにアレルギーになりやすい(通常の子供の5倍)ということも言われていますが、それはこのLCKT-11(クリスパタス菌)を受け継ぐことが出来ないのが理由なのです。

 

オランダのC.  Roduit博士らの論文では、通常分娩と帝王切開で生まれた子供を比較して、通常分娩の子供よりも帝王切開で生まれた子供の方が1.79倍喘息になりやすいということが報告されています。

 

逆に言えばLCKT-11(クリスパタス菌)が高い免疫活性作用を持っているということの裏付けですね。

 

その高い免疫活性作用から特許を取得しているほどです。

合わせて読みたい!  ”痩せ菌”酪酸菌の効果は?増やす食事やサプリメントは?


sponsored link

※参考 スルスルオンライン

 

他の乳酸菌と比較して免疫活性作用が特に高いことが良く分かると思います。

 

信州大学の飛田啓輔らの研究によればLCKT11(クリスパタス菌)の摂取によりアトピー性皮膚炎の発症を予防・軽減できることも明らかになっています。

 

正に子供のアレルギーや花粉症を改善するのに適した乳酸菌と言えますね。

 

しかしこのLCKT-11(クリスパタス菌)は生後1ヶ月くらいから徐々に減少していきます。

 

子供をアレルギーから守りたいと思うお母さんにとっては、減少していくLCKT-11(クリスパタス菌)を外から補うというのは自然なことと言えますね。帝王切開で生まれた子供ならなおさらでしょう。

善玉菌のエサになるフラクトオリゴ糖&高分子難化性ファイバー(食物繊維)

前述のビフィズス菌と乳酸菌は、そのままでは働くことは出来ません。つまりこれらを活性化させるためのエサが必要なんですね。

 

そのエサとなるのがフラクトオリゴ糖高分子難化性ファイバー(食物繊維)なのです。

 

これらは人間が消化酵素を持たないため小腸では吸収・分解されずに大腸に届きます。

 

大腸に届けられたフラクトオリゴ糖と高分子難化性ファイバー(食物繊維)は善玉菌のエサになって活性化し、数を増殖させたり短鎖脂肪酸を生み出して腸内環境を整えます。

 

オリゴ糖や食物繊維のように「大腸にある善玉菌を活性化させる成分」のことをプレバイオティクスと呼びます。

 

逆に先ほどお話したビフィズス菌bb536や乳酸菌LCKT-11などの「善玉菌そのもの」はプロバイオティクスと呼びます。

 

オリゴ糖や食物繊維には、一緒に取る善玉菌を活性化させる効果もあります。

 

プレバイオティクスプロバイオティクスの両方を融合させて相乗効果を得るのが善玉ガードなんですね。

フラクトオリゴ糖

オリゴ糖

オリゴ糖については当サイトのメインテーマでもあるのでその効果については色々なところで散々謳ってきていますね。

 

オリゴ糖にも色々な種類がありますが、その中でもフラクトオリゴ糖は比較的有名な部類に入るでしょう。

 

「フラクト」というのは果物を意味する「fruct」から来ており、その名前の通り果物に多く含まれるオリゴ糖です。

 

構造としてはグルコース(ブドウ糖)にフルクトース(果糖)がいくつか(1個~4個)結合したものになっています。

フラクトオリゴ糖 構造

 

オリゴ糖の効果の高さというのは構成する単糖類の種類によってある程度決まってきます。

 

具体的にはグルコース、フルクトース、ガラクトースの3種類の単糖類が最も効果が高く、そのうちの二つから構成されるフラクトオリゴ糖も高い効果を示します。

 

ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖は発酵されて短鎖脂肪酸という物質に変わり様々な効果を示します。

 

短鎖脂肪酸の効果は

・腸内を酸性に保って悪玉菌の繁殖を防ぐ
・腸の蠕動運動を活性化させる
・病原菌などの有害物質から守るバリア機能の強化
・余計な脂肪の分解
・糖尿病の予防
・免疫機能の調節によるアレルギー抑制
・大腸がんの予防
・カルシウム吸収を促して骨の強化
・妊娠しやすい体づくり

 

と様々なものがありますが、フラクトオリゴ糖の効果として最も有名なのはおそらく「カルシウム吸収を促して骨の強化」というものでしょう。

 

フラクトオリゴ糖は「カルシウム吸収を促進して骨を強化する効果」をトクホ認定されているからです。

これはフラクトオリゴ糖を主成分とする「オリゴのおかげ」の説明ですね。

 

オリゴ糖が発酵して大腸内に短鎖脂肪酸が発生することにより大腸が酸性に保たれ、カルシウムがイオン化して吸収しやすくなることが理由です。

 

善玉ガードにはホタテの貝殻から抽出したカルシウムも配合されていますが、フラクトオリゴ糖と一緒に摂取することでカルシウム吸収が促進される相乗効果を生み出します。

小さな子供にとって骨の形成というのは非常に大事ですよね。その点もちゃんと考えられているのが善玉ガードです。

 

もちろんフラクトオリゴ糖の効果はカルシウム吸収促進だけではないのは先ほどの短鎖脂肪酸の効果を見ればわかることですけどね。

高分子難化性ファイバー(食物繊維)

高分子難化性ファイバーという難しそうな言葉を使っていますが、これは要するに食物繊維のことです。

食物繊維が腸内環境を改善する効果があるのは「難消化性」により大腸に届いてビフィズス菌のエサになるので考えて見れば当たり前の話です。

 

食物繊維はオリゴ糖よりも分子量が大きいことから、オリゴ糖が届かない大腸の奥の方の善玉菌を活性化させる効果が期待できます。

 

具体的には天然アカシア樹脂から取れる水溶性食物繊維を使用しています。

アカシア樹脂

食物繊維は二種類ある!

実は食物繊維には

不溶性食物繊維
水溶性食物繊維

の二種類が存在します。

 

不溶性食物繊維は便をかさ増しをして便秘を解消させる代わりに取りすぎると便秘が悪化する反面、水溶性食物繊維

・善玉菌のエサになって蠕動運動を活性化する
・水分を吸収して便を柔らかくする
・お腹の中でゲル状になり糖質の吸収を抑制する

といった様々な効果を示す良いことづくめの成分なのです。

 

そして日本人は不溶性食物繊維よりも水溶性食物繊維の方が圧倒的に不足しています。

 

さらにこのアカシア樹脂は米国食品医薬品局(FDA)における安全性の評価においては1日摂取量に上限が設けられていません。

 

つまり理論上はいくら摂取しても副作用が無いほど安全な成分であるという評価なのですね。

 

・赤ちゃん由来のビフィズス菌bb536
・お母さんの産道にある乳酸菌LCKT-11
・善玉菌のエサになるオリゴ糖&食物繊維

 

という、子供の腸内環境のことを徹底的に考え抜いた成分が入っているのが善玉ガードなのです。

 

一般的なヨーグルトや乳製品ではここまで細やかな配慮は出来ておらず、そもそも摂取しても大腸に届く前に死滅してしまう善玉菌が多いのです。

他にも子供に嬉しい成分が色々!

子供のアレルギーや腸内環境のことを考えた成分以外にも子供のことを考えた嬉しい成分が色々入っています。

100種類の植物発酵エキスで栄養補給!

善玉ガード

 

さらには100種類の植物を発酵させた植物発酵エキスを含み、好き嫌いが多くて栄養が偏りがちな子供の手軽な栄養補給の手段になります。

 

これはフラクトオリゴ糖と同様に吸収率の悪いカルシウムの吸収を手助けする効果もあります。

歯に優しいキシリトール配合!

子供に何か食べさせる時に気になるのが「虫歯」ですよね。

 

善玉ガードはキシリトールを配合することで子供の歯のこともちゃんと考えられていて安心です。

 

 

そしてこれらはすべて天然由来の成分ですから安心です。

 

善玉ガードは持ち運びにも便利なので外に行くのに持って行っていつでも食べられるというのも便利ですね。

 

 

ヨーグルトを食べようとするといつでもどこでも、というわけにはいきませんからね。

 

元々腸が弱いお父さん・お母さんが子供にはそんな思いをさせたくないと食べさせ、今では家族全員で続けているなんてこともあるみたいですね。

 

子供のことを考えたサプリメントではありますが、大人でも使うことが出来ますしね。

 

もちろん子供の安全のことも考えて、異物を混入させないための品質管理なども万全です。

品質を守るために通信販売のみで店頭販売はありません。

善玉ガードの欠点

成分から見た善玉ガードの欠点を挙げるなら「オリゴ糖が一つしか配合されていない」という点です。

 

実はオリゴ糖は色んな種類のものを同時に取ったほうが効果的なのです(特許論文に記述あり)。

 

それはビフィズス菌にも様々な種類があり、種類によって好んで食べるオリゴ糖の種類も異なるからです。

 

善玉ガードに含まれるオリゴ糖は先ほど話に出たフラクトオリゴ糖一種類のみです。

 

フラクトオリゴ糖はトクホ認定されているので効果は高いのですが、この点は少し残念ですね。

ただビフィズス菌bb536や乳酸菌LCKT-11など効果的な善玉菌でその欠点はカバーできていると思います。

 

あとは「美味しいから」といって子供が必要以上におねだりしてしまう可能性があるということです。

 

確かにオリゴ糖は通常の糖よりも虫歯になりにくく、キシリトールが配合されていますが少しこの点は心配ですね。

 

食べ過ぎても体がおかしくなるということはありませんが、まとめて集中的に摂取するよりは、毎日少しずつ継続して摂取したほうが効果的です。

 

それよりも、美味しいからといって大人も食べてしまって子供の分がなくなってしまった、なんてならないことにしましょう!

その他の疑問

Q.何歳から食べさせればいいの?

A.子供が2歳になったくらいから食べさせると良いでしょう。

 

Q.1日に何粒食べさせればいいの?

A.1日の目安量は3粒です。

ただし毎食後に食べるのではなく、おやつとして一度に3粒食べても良いです。

 

ただ大事なのは1日1粒でも良いので続けることですね。

 

子供の便秘を放っておくと大人になってから下痢、便秘、アレルギーになりやすい体質に育ってしまいます。そして子供1日1日、確実に大人に近づいているのです。今この瞬間もです。

 

なるべく早めのケアをしてあげることをオススメします。

まとめ:子供の便秘解消やアレルギー改善に!善玉ガードの効果をレビュー!

善玉ガードは

・花粉症を改善した赤ちゃん由来のビフィズス菌bb536
・喘息やアレルギー性皮膚炎を改善する乳酸菌LCKT-11
・善玉菌のエサになるフラクトオリゴ糖&アカシア由来の食物繊維
・子供が不足している栄養を手軽に補える100種類の植物発酵エキス
・子供の歯を守るキシリトール

など、子供の体のことを徹底的に考えられた成分が入ったサプリメントになっています。

 

オリゴ糖が一種類しか入っていないという点は惜しいですが他の有効な成分で十分カバーできていると思いますし、何よりも子供が食べやすく続けやすいヨーグルト味というのが良いですね。

 

子供の便秘や腸内環境を放っておくと下痢、便秘、アレルギーになりやすい体質に育ってしまいます。今そのことに気付くことが出来たあなたは非常にラッキーです。

 

初回価格のみ50%OFFの1980円(税別)で、この価格で購入できるのは公式サイトからのみとなります。



 

>>善玉ガード公式サイト<<

良い記事だと思ったらシェアお願いします!