良い記事だと思ったらシェアお願いします!

薄毛」「ハゲ」といった悩みは、まず女性よりも男性に多い悩みと言えますよね。

 

しかしだからといって女性は安心というわけではありません。更年期になると薄毛に悩む女性が多くなるように、女性にとっても薄毛やハゲというのは深刻な悩みなのです。

 

というかむしろ、男性はある意味「ハゲても仕方ない!」と開き直る逃げ道はあるものの女性はそうはいきません。

 

いわゆる「ツルッパゲ」レベルの薄毛になる女性はそうそういないでしょうが、「女なのにハゲてる」というのは周囲の目も気になりますし、女としてのプライドも持てなくなってしまいます。

 

もし薄毛の兆候があれば何とかケアして改善していきたいものですが・・・そこで注意してほしいのが「初期のつむじハゲ」です。

 

こちらでは女性の初期のつむじハゲの原因や対策についてお話していきたいと思います。

sponsored link

男性につむじハゲが多い理由とは

女性よりも男性のほうが、比較的薄毛ハゲに悩まされる人が多いと思います。

 

そしてその男性の多くはつむじ、つまり頭頂部から、もしくはおでこの上あたりからハゲていきますよね。

 

これはつむじのような頭頂部と、おでこのような前頭部というのはテストステロンという男性ホルモンによって支配されている毛髪部分だからというのが理由です。

 

具体的に言うと、テストステロンと頭皮の毛乳頭内にある「5αリダクターゼ」という酵素が結びついて、より強力な男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)というものを生み出してしまいます。

 

ジヒドロテストステロンは通常の男性ホルモンよりも遥かに強力で「ハゲホルモン」などと揶揄されているほどなのです。

 

このジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞の中にある男性ホルモン受容体と結びつくと、髪の毛の生まれ変わりの正常なサイクルを狂わせてしまうのです。

 

つまり

 

テストステロン(男性ホルモン)+ 5αリダクターゼ(酵素)=ジヒドロテストステロン(ハゲホルモン)

 

という具合ですね。

 

よく男性ホルモンが多いほどハゲるなんて話がありますが、これは半分正解で半分間違いです。

 

男性ホルモン、テストステロンが多くてもジヒドロテストステロンに変換されなければハゲないということです。

 

女性のつむじハゲの原因も男性と同じ

前段の話はあくまでも男性の一般的なハゲ、薄毛の話でしたから女性には関係ないように思えるかもしれません。

 

しかし女性のつむじハゲであっても仕組みは同じことです。

 

ストレス、生活習慣の悪化などなんらかの原因によってホルモンバランスが崩れてしまうと、女性であっても男性ホルモンのテストステロンの作用が働いてつむじハゲになってしまいます。

 

実際、こういった女性のつむじハゲのことはFAGA(女性男性型脱毛症)なんて呼んだりするのですよ。つまり一般的な男性の脱毛症が女性にも起こっているということ。

 

特に更年期の女性であれば原因はハッキリしています。それは加齢に伴って女性ホルモンの分泌が減少したということに他なりません。

 

加齢に伴って女性ホルモンの分泌が減っていくというのは普通のことですが、閉経になると極端に減りますしね。

 

するとそれまで女性ホルモンを分泌することで抑えられていた男性ホルモン(テストステロン)の影響を強く受けるということになります。

 

とはいえ、男性のように極端にハゲるのではなく全体的に髪の毛が細くなるとか、何となく分け目が広がるという弱い症状から始まり、つむじハゲに至ります。

 

これは自分で変化に気づきにくいという意味では男性のつむじハゲよりも怖いところがあるのですが・・・なるべく初期の段階で気づいてケアしてあげたいですよね。

 

元々つむじというのは髪の毛が生える方向が変わるものですから、多少ハゲてもなかなか自分では気づきにくいものです。

 

ましてや、つむじというのは通常は後頭部にありますよね。合わせ鏡で髪の毛の後ろの部分を見ることはあっても、てっぺんのつむじに注目するということは意識しなければなかなか無いでしょう。

 

つむじハゲの初期症状とは

つむじハゲの初期段階というのはちょっとしたことでもその兆候に気づくことができます。

 

・雨の降り始めに自分だけ気づく
・髪のボリュームがほかの部分に比べて少なくなった
・頭皮の色が白くなくなった
・抜け毛の先に白い紐のようなものがある
・つむじのうずまきが崩れている
・お風呂に毛先に細い毛が多くなった

 

こういったところですね。つむじハゲの初期症状には日頃から注意してその傾向がないかどうかを見極めましょう。

 

女性というのは男性と違って回りくどい生き物ですから、面と向かって「つむじハゲてるよ!」とストレートに教えてくれる人は少数でしょう。

 

むしろ気遣って「全然大丈夫よ~♪」なんて言ってくれちゃって当てになりませんから、自分で気づいてケアするというのは非常に大事なのです。

合わせて読みたい!  ”痩せ菌”酪酸菌の効果は?増やす食事やサプリメントは?


sponsored link

初期のつむじハゲに対する女性の対策とは?

更年期に差し掛かった女性の初期つむじハゲ対策というのは、「減ってしまった女性ホルモンを増やすこと」に他なりません。

 

女性ホルモンを増やすということは、つむじハゲを改善するだけでなく美肌美髪バストのサイズアップ、あるいは更年期障害の改善など良いことばかりです。

 

女性ホルモンを増やすのにまず思い浮かぶのが大豆食品に含まれる「大豆イソフラボン」というものですよね。

確かに大豆イソフラボンが効果がある人もいるのですが、中にはこの大豆イソフラボンを摂取しても全く意味がない女性がいるのです。

大豆イソフラボンを摂取しても意味がない女性とは?

大豆イソフラボンというものの効果をもう少し詳しくお話していきましょう。

 

大豆イソフラボンの効果というのは、女性ホルモンを増やすというよりは大豆イソフラボンそれ自体が女性ホルモンと似た構造をしているので代わりに女性ホルモンのような働きをしてくれる、というのが正しい表現です。

 

大豆イソフラボンは腸内細菌によって「エクオール」という物質に変換されるのですが、このエクオールこそが女性ホルモンの代わりに働いてくれる物質の正体です。

腸内環境

しかし、残念ながらこの大豆イソフラボンをエクオールに変換する「エクオール産生菌」という腸内細菌を持っている女性は日本人だと50%しかいないのです。

 

逆に言うと残りの50%はエクオールに変換できないということ。しかもこのエクオール産生菌を持っているかどうかというのは生まれつき決まってしまっているのでどうにもなりません。こればかりは腸内環境を整えても効果がないんですね。

 

このエクオールの話は「世界一受けたい授業」でも取り上げられたことがあるのでご存知の方も多いかもしれませんね。

ならエクオールを直接取ってしまえばいい!

エクオール産生菌を腸内に定着させるというのもできませんし、それならば「エクオールそのものを直接取ってしまう」という方法がぴったりです。

 

そこでおすすめなのが、「命の母」などで知られる小林製薬のエクオールサプリです。

 

こちらは大豆イソフラボンを発酵させてエクオールを直接取ることができるサプリメントになっています。

 

エクオールのサプリメントというのは小林製薬以外にも販売しておりますが、やはり私は小林製薬のものが一番おすすめだと思います。それは販売価格が段違いに安いから。

 

他のエクオールサプリメントを見ると大体一か月分の価格が7000~8000円するのに対して(とはいえ「今だけ50%OFF」なんてのをずっとやってたりするんだけど)、小林製薬のエクオールの場合1か月分(一袋)で2700円で済むという破格ぶりです。

 

これは、通常のエクオールサプリメントが1回3粒とか4粒飲むのに対して小林製薬のエクオールは1回1粒で済む、というところからきています。

 

何より大手会社ということで信頼性がありますよね。更年期障害の薬を売っている会社でもありますし。

 

しかも初回だと2700円のさらに半額の1350円で済みます。

 

これだけお手軽な値段なら初期のつむじハゲを発見した女性がとりあえず試してみよう、というのが簡単にできますよね。

まとめ:女の人は初期のつむじハゲを見逃さないで!更年期障害かも?

女の人の初期のつむじハゲの原因や対策についてお話してきましたが、まとめると

・女性のつむじハゲは男性がハゲるメカニズムとほぼ同じ(更年期による女性ホルモン低下)
・女性ホルモンの補給にはエクオールがおすすめ

 

ということですね。先ほども言いましたが、エクオールをとって女性ホルモンを増やすことは初期のつむじハゲ対策だけでなく美肌、美髪、バストアップといった「女性らしさ」を取り戻す働きがありますのでそういった悩みも一緒に解決したいという人は是非参考にしていただければと思います。

 

>>小林製薬のエクオールの公式サイトはこちらです!

腸内環境の全てがわかる無料メール講座

あなたは「腸は全ての臓器のルーツ」ということをご存知ですか?   便秘だけではない!ダイエット、美肌、妊活・・・ あらゆる健康に関わる「腸内環境」の全て を伝える無料メルマガ ※注意 驚きすぎて下痢になっても一切責任は負いません。   ビフィズス菌・乳酸菌だけではダメだった!? 世の中のほとんどが知らない「第三の善玉菌」の重要性とは?   ※登録はこちらです  

 

※登録はこちらです  

sponsored link
良い記事だと思ったらシェアお願いします!