良い記事だと思ったらシェアお願いします!

世の中の女性は、なかなか妊娠できないという「不妊」の悩みを抱えている人が多くいらっしゃいます。

 

 

しかしどういうわけか、この不妊とは正反対の悩みの「すぐ妊娠する体質で困ってしまう」という人もいるのです。「今すぐ妊娠したい!」という人からしたらうらやましすぎるほどの悩みですよね。

 

・すぐ妊娠してしまって悩んでいる

・今すぐ妊娠できる方法が知りたくて悩んでいる

 

この両者の悩みを交換できれ話は早いのですが・・・手に入れたいと切望するほど遠ざかっていくのが世の常です。

 

 

おそらくは後者、「すぐ妊娠できる方法が知りたい!」という人のほうが多いでしょうから、なぜあの人は「すぐ妊娠体質」なのか?すぐ妊娠できる方法とはどんなものなのか?ということをお話していきたいと思います。

 

sponsored link

妊娠のしやすさは元々の体質や遺伝子の相性もある

数年間も不妊治療を受けても一向に妊娠せず、最後の手段とも言える「体外受精」を数度試みるも中々妊娠に至らない人がいる一方で、たった一度の過ちで妊娠してしまう人もいます。これを「偶然」と言うにはあまりにも不公平というか偏りがある話だと思いませんか?

 

 

この「すぐ妊娠体質」格差については、「相性があるんだよ」なんて言葉で濁されたりします。

 

 

しかし、実はこの「相性」というのがあながち根拠がないとも言いきれないことなのです。

 

まずひとつ言われているのは「女性の頸管粘液の成分が特定の男性の精子を殺してしまう」ということです。この場合はカテーテルで子宮に精子を送り込む人工授精を行うことで妊娠する確率を高めることはできます。

 

もうひとつは「精子と卵子の相性が悪い」ということです。

 

ご存知のように精子と卵子が結合することで受精卵になりますが、この際に精子は酵素を出すことで卵子の殻を壊して中へ進入します。このときの酵素の種類によっては卵子の殻を壊すことができないということが有り得ます。

これは精子、卵子ともに異常がなくても起こりうることです。まさに体質による相性と言えるでしょう。

 

さらには遺伝子の相性が悪くて妊娠しないということも起こります。

 

30%の不妊症が原因不明

そもそも、いわゆる「不妊症」とされているものの約30%が原因不明だとされております。

 

 

なかなか妊娠できない原因についてまとめたものを以前書きましたが、これだけでは網羅できない不妊の原因というのがいくつもあります。

 

 

ましてや人間というのはその人数だけ個性がありますし、まだ解明されていない原因不明の不妊症が「相性」によるものだとしてもなんら不思議はないのです。そして相手を変えた途端にそれまで妊娠できなかったことが嘘のようにすぐ妊娠してしまうなんてのもよくある話。

 

しかし、「体質だから」「相性だから」で終わりにしてしまっては意味がありません。

 

こういった妊娠における体質や相性というのもあるということを知ることで、「どうして自分だけ妊娠できないんだろう・・」と自分を責めてしまうことをやめてほしい、という思いをこめてこの話をしました。

 

 

その上で、地道ながらも確実に「すぐ妊娠体質」に近づけるような方法を試していくのが良いでしょう。

 

すぐ妊娠体質の人の特徴

では、「すぐ妊娠体質」の人というのは具体的にどんな特徴があるのでしょうか?

若い人

若さは単純に妊娠しやすさにつながります。

 

それは年を取ることにより

①卵子の元となる卵母細胞が減る一方で増えないこと
②卵子そのものの質が劣化してしまうこと

という要因により妊娠しづらくなるからです。

 

だから逆に年齢が若いというのはそれだけ妊娠しやすい体質でもあるということです。

 

具体的には35歳を過ぎたあたりから自然妊娠の確率は極端に落ちます。

 

また、歳を取ることで生理周期も遅くなっていくので、排卵日がきて妊娠できるタイミングが訪れる頻度も低くなります。

 

下半身が温かい人

妊娠と体温の関係は「低温期」や「高温期」があるように切手も切り離せないものですが、特に下半身は子宮や卵巣といった生殖器がありますので、ここの冷えというのは妊娠しやすさに悪影響を及ぼします。

 

わかりやすい例で言えば鳥が卵をかえす時には温めますよね。それだけ温めるということは「すぐ妊娠体質」にとって重要なのです。

 

元々下半身が温かい体質の人なら良いですが、本来女性というのは筋肉量が少ないこともあって冷え性に悩む人が多いですよね。

 

筋肉量を増やして基礎代謝を上げて体温を上げるという方法もありますが、ショーツを重ね着するとか、腹巻をするとか、レッグウォーマー、マフラーなど冷えを予防するアイテムもたくさんありますからある程度生活習慣を変えるだけで改善できるというところもあります。

 

ストレスを溜め込まない人

ストレスは体の様々なところに悪影響を及ぼしますが、「すぐ妊娠体質」を目指すうえでも大敵です。

 

ストレスを溜め込んでいるとホルモンバランスの乱れ卵巣や卵子の老化を引き起こす活性酸素が過剰に作られたりしてしまいます。

 

 

ストレスを溜め込まずにうまく発散できれば良いですが、最も良いのは「ストレス自体が発生しないこと」です。

 

性格的なものもありますが、神経質な人ほど些細なことが気になったりプレッシャーを感じやすいのでストレスもためやすくなってしまいます。

ストレス

特に日本人は周囲に合わせて「空気を読むこと」を良しとしますから、「周囲と違うこと」に対してものすごくストレスを感じますよね。一人だけ服装が違うとか、周りが和気藹々としてるのに自分だけ一人でご飯を食べているとか・・・

 

こういう「周囲に合わせないといけない」という強迫観念を捨てて「ま、いっか」と気楽に考えることでストレスを溜め込まずに済むようになります。

合わせて読みたい!  ”痩せ菌”酪酸菌の効果は?増やす食事やサプリメントは?


sponsored link

 

「妊娠できないことによるあせり」というのも大きなストレスになりますよね。

 

だから焦れば焦るほど「すぐ妊娠体質」に遠ざかってしまうかも。そんな時こそ「ま、いっか」精神を思い出してください。余裕がないかもしれませんが、実際に口に出したり、もしくは頭の中で言うだけでも結構気持ちが楽になりますよ。

 

 

その他にも夜更かし、過度なダイエットや肥満、タバコを吸うこと、アルコールの摂取なども「すぐ妊娠体質」の妨げとなります。このあたりは一般的にイメージできる、ごく当たり前の「健康な過ごし方」という感じですね。それと同時に、生活習慣を変えることでも改善できる点でもあります。

 

手っ取り早くすぐ妊娠できる方法なら「体外受精」

とにかくすぐ妊娠できる方法が知りたい!

 

と言う方がいるならば、「体外受精」という手段が最も高い確率で妊娠できるでしょう。

 

 

これはいわゆる「不妊治療」の最終手段とも言える方法です。

 

 

具体的には、旦那さんの精子と奥さんの卵子をそれぞれ抽出し、体外で結合させて受精卵を作り、それを奥さんの子宮に戻すという方法です。

 

 

そもそも妊娠の仕組みというのは

  1. 卵巣から卵子が排出される
  2. 卵子と精子が出会って受精卵となる
  3. 受精卵が子宮内膜に着床する

という3段階を経て起こります。だから

 

排卵がうまく起こらないことで妊娠できないこともあるし、出会ってもうまく結合できず受精卵にならないので妊娠できないこともあるし、うまく着床しないから妊娠できないこともあるし、

 

とさまざまな原因が考えられるのです。だからこそ不妊の原因とされているものが非常に多く30%が「原因不明」となっているのですが。

 

 

このことを踏まえて「体外受精」と言う手段は、1と2が要因となる不妊の可能性を排除して、残すは3の着床を待つのみとなります。

 

これは施術するクリニックにもよりますが、通常の自然妊娠だと生理周期に合わせて1つの卵子しか排出されないところを体外受精ではたくさんの卵を抽出するという手法をとったり、あるいは数は多くなくとも質の良い卵子を選んで手術をするという手法をとったりするので受精卵が出来る確率はかなり高いです。

 

 

だから体外受精で妊娠できる確率というのは35歳以下の女性であれば46%と、きわめて高い確率で妊娠できることになります。(しかもこの数値は1回の体外受精での確率なので、数回繰り返すことによりさらに高めることができます)。

 

しかしこの大掛かりな手術は、そのイメージどおり価格が非常に高く1回で30~40万くらいかかります。だからこそ不妊治療の最終手段という位置づけになっているのですが・・・いくら「すぐ妊娠できる方法」といっても、なるべくならこの手段は使いたくないですよね。

 

ただ皆さんには「もし全部だめなら最悪、体外受精という手段がある」という風に、精神的な保険をかけるという意味でこの方法を知っていただきたいのです。

 

その上で、もう少し現実的な「すぐ妊娠できる方法」の妥協点を見つけていきたいと思います。

 

すぐ妊娠体質に近づくには腸内環境を整えること

先ほど「すぐ妊娠体質」の人の特徴として

①若い人
②下半身が温かい人
③ストレスを溜め込まない人

というものを挙げましたが、これに近づけることが出来れば単純に「すぐ妊娠体質」へと近づけるはずです。

 

 

とはいえ、これらを全部目指そうとすれば色々な手段がありすぎて逆に何をすれば良いのかわからない状態になってしまいます。

 

アンチエイジングに効果がある方法、冷え性に効果がある方法、ストレス発散に効果がある方法というのは色々ありますが、出来ればこれら全部まとめてできる「オールインワン」な方法が楽ですよね。

 

こういう健康法っていくつかを並行してやろうとすると結局どれも中途半端になって長続きしない・・・そんな未来も見えますし、続けやすいという意味でも「オールインワン」というのは非常に大事。

 

 

そんな面倒くさがりで欲張りな人にオススメなのが「腸内環境を整えること」です。

 

腸内環境を整えることの大事さ

腸内環境の改善って便秘を治すだけじゃないの?

 

と思ったら、それは大きな間違いです。

 

実は腸は「第二の脳」とも言われるほど複雑な器官で、私たちの体に様々な影響を及ぼしています。

脳

考えてみてもほしいのですが、腸というのは摂取した食べ物を体に取り込む消化器官のうち、いわば「最終窓口」とも言える存在で、ここで体にとって栄養になるものなのか、あるいは有害なものなのかを判断して取捨選択をするという非常に重要な役割を持っています。

 

実際、腸には体全体の免疫機能の60%が集結していてこれが有害な物質を排除する機能を担っています。

 

だから花粉症などのアレルギーにも腸内環境の良し悪しが関わってきますし、その他にも

・美肌
・ダイエット
・血流改善
・骨粗しょう症予防
・大腸がん予防

といった、一見まったく関係ないように思える健康効果をもたらします。そしてそれが妊娠しやすい体質を作るのにも関わってきます。

 

腸内環境を整えれば活性酸素を押さえてアンチエイジングになりますし、血流を良くして冷え性を改善してくれますし、安らぎホルモン「セロトニン」の分泌を活性化してストレスを和らげてくれます。

 

何よりも腸は「腸脳相関」という言葉もあるくらい、すべての生物にとっての最重要器官である「」と密接な関係を持っています。

 

ストレスを感じるとおなかが痛くなるのは「腸脳相関」を示すわかりやすい例ですね。

子供 腹痛

だからこそ、オールインワンでの解決法を求めるなら「腸内環境を整えること」がまさにうってつけなのです。

 

腸を整えることと妊娠体質の関係についてはもっと詳しく書いたものが別にありますので、そちらも参考にしていただければと思います。

 

>>腸を整えれば妊娠しやすくなるのはなぜか?についてはこちらです!

 

まとめ:すぐ妊娠できる方法とすぐ妊娠体質の人の特徴とは?

すぐ妊娠できる方法をお探しの人のために「すぐ妊娠体質の人の特徴」や、手っ取り早く今すぐ妊娠できる方法をお話してきましたが、まとめると

・男女間の相性によって妊娠しやすいということもある
・「すぐ妊娠体質」の人の特徴は「若い」「下半身が温かい」「ストレスをためにくい」など
・「体外受精」がてっとり早く今すぐ妊娠できる方法に近いが、費用面から考えて不妊治療の最終手段
・「すぐ妊娠体質」を目指すなら腸内環境を整えると良い

 

ということですね。色々な妊活サプリを試したけどなかなか妊娠できなかったという「妊活難民」を救ってきたのもこの腸内環境を整えるという手法です。

 

もちろん、妊娠体質以外にも体のトータルケアが出来ますので是非試してみてくださいね。

 

>>腸内環境を整えるとなぜ妊娠しやすくなるのか?の詳細はこちらです!!

良い記事だと思ったらシェアお願いします!