良い記事だと思ったらシェアお願いします!

腸内環境を整えることで美容や健康など体に様々な影響を及ぼすわけですが、では腸内細菌というものにはどんな種類のものがあるのでしょうか?

腸内細菌

 

ここでようやく、「善玉菌」「悪玉菌」という聞きなれたキーワードが出てきます。

 

 

この二つは聞きなれたワードですが、腸内細菌の種類を大別するとさらに「日和見菌」というものも出てきます。

 

 

善玉菌、悪玉菌、日和見菌の割合こそが腸内環境の良し悪しということになるのですが、まず善玉菌にはどのような種類があり、またどのような効果をもたらしてくれるのか、ということをお伝えしたいと思います。

 

sponsored link

腸内細菌は大きく3種類に分けられる

「腸内細菌」という風にひとくくりの言い方をしていますが、この「腸内」というのはほぼ「大腸」のことを指しています。

 

もちろん小腸にも細菌は存在しているのですが、その数は大腸の比ではありません。これはなぜかというと、腸内細菌のほとんどが酸素があると生育が出来ない嫌気性のため、酸素が多い小腸では生存が出来ないからです。

 

さて、その大腸の腸内細菌というのは冒頭でも触れたように善玉菌悪玉菌日和見菌という3種類に大別することが出来ます。

日和見菌

 

 

善玉菌と悪玉菌の説明はまた別にしますが、最も気になるのは「日和見菌」というものでしょう。

 

これは、善玉菌や悪玉菌などのように明確な役割を持つ菌ではありません。しかし腸内において善玉菌と悪玉菌の闘争が勃発し、善玉菌が優位に立つとまるで善玉菌のような働きをするという特殊な性質を持っています。

 

そして逆に悪玉菌のほうが優位に立てば今度はるで悪玉菌のような働きをもしてしまいます。普段は文字通り「日和見」を決め込んでいて、争いが起きれば有利な方につくというわけですね。

 

この3種類の腸内細菌は、善玉菌:悪玉菌:日和見=2 : 1 :7 くらいの割合で人間の腸に存在していると言われます。腸内細菌の理想的なバランスを整える上で重要なのは、そのほとんどの割合を占める日和見菌にあると言えるでしょう。このあたりは「無党派層」の票を取り込むことが勝利のカギとなる、選挙の戦略にも似ていますね。

合わせて読みたい!  ”痩せ菌”酪酸菌の効果は?増やす食事やサプリメントは?


sponsored link

 

 

とはいえ、腸内細菌の数は一定に保たれるという性質があることと、日和見菌自体がその数を増やすことはないということから、結局は善玉菌悪玉菌のバランスを整えるということが腸内環境を整えるということにつながるのです。

 

 

善玉菌にはどのような種類があるのか

善玉菌は現在までに約500種類のものが存在することが確認されております。それらを全部挙げていくとキリがないので、腸内細菌における善玉菌で代表的なものを挙げていきたいと思います。

 

 

ビフィズス菌

 

ビフィズス菌は人間の腸内細菌における善玉菌の99%以上を占める代表的な善玉菌です。

 

よく「乳酸菌」と混同され、場合によっては同じものとみなされることもありますが、フィズス菌と乳酸菌は全く異なるものです。

 

ビフィズス菌は糖を分解して乳酸と酢酸を作り出します。乳酸や酢酸は共に弱酸性の物質で、これらが腸内を弱酸性に保つことでいわゆる悪玉菌の増殖を抑制してくれるという効果が期待できます。

 

 

乳酸菌

 

ビフィズス菌と混同されがちな乳酸菌は、ビフィズス菌が乳酸と酢酸を作り出すのに対して乳酸のみを作るという違いがあります。そして乳酸菌の主な役割というのは上記のビフィズス菌のサポートというものです。

 

実はビフィズス菌というのは人間や動物などの生きた腸にのみ存在している菌なので、これを外部から摂取しようとすると特殊な加工を施した食品を食べる必要があります。

 

乳酸菌は食品から摂取することは比較的容易なため、これらを摂取することで間接的にビフィズス菌を活性化させる効果が期待できます。

 

さらには、腸の近くに集まっている免疫システムを刺激・活性化する効果やビタミンの生成という効果も担っております。

 

納豆菌

 

発酵の過程でナットウキナーゼという酵素を作り、消化を助けて腐敗便を防いだりビタミンKを1000倍にする働きなどが期待できる善玉菌です。

 

そしてこの納豆菌は、同じく腸内細菌として存在する乳酸菌と共生して、納豆菌がない場合に比べて乳酸菌の量を10倍に増やすという効果もあります。

 

乳酸菌の量が増えればそれにつられる形でビフィズス菌のサポートも円滑になる、というわけですね。

 

納豆菌の凄さについてはこちら!

 

酵母菌

 

酵母菌は発酵する際に脂質・糖分・カロリーを分解してアミノ酸やクエン酸などの体に有効な成分を生成するほか、腸内のほかの善玉菌を活性化させる作用や老化の原因となる活性酸素を抑制する効果も期待できます。

 

また、脂質・糖分・カロリーを分解することからダイエットにも効果がある善玉菌ですね。

 

 

このほかにも麹菌などの善玉菌もありますが、これらに総じて言えることはビフィズス菌が善玉菌の中で最も重要な役割を占めているので、腸内細菌の善玉菌を増やすためにまずはビフィズス菌へのアプローチのことを考える必要があるということです。

 

腸内環境の全てがわかる無料メール講座

あなたは「腸は全ての臓器のルーツ」ということをご存知ですか?   便秘だけではない!ダイエット、美肌、妊活・・・ あらゆる健康に関わる「腸内環境」の全て を伝える無料メルマガ ※注意 驚きすぎて下痢になっても一切責任は負いません。   ビフィズス菌・乳酸菌だけではダメだった!? 世の中のほとんどが知らない「第三の善玉菌」の重要性とは?   ※登録はこちらです  

 

※登録はこちらです  

sponsored link
良い記事だと思ったらシェアお願いします!