良い記事だと思ったらシェアお願いします!

近頃、「プロバイオティクス」というのを売り文句にしたヨーグルトやサプリメントを目にすることが多くなったように思えます。

 

みなさんはこういうよく知らないカタカナ語を初めて聞いた時にどう思いますか?

 

私なんかはひねくれ者なので

 

ここは日本なんだから日本語で言ってよ!
こういう難しい言葉を使って何か凄そうって思わせて買わせようとしてるの!?

 

なんて思っちゃいます(笑)。

 

 

まあ、こういうカタカナ語って日本語じゃパッと表せないような言葉を表現するために使っているんでしょうけど・・・そもそも日本語としての意味を知らない人が多いでしょうね。

 

 

でもプロバイオティクスっていう言葉はもはや腸内環境の分野においては常識とも言える存在なので、これを知らずに腸内環境の改善は成し遂げられないといっても過言ではないでしょう。

 

 

そしてプロバイオティクスと似たような言葉に「プレバイオティクス」というのもあるんですね。

 

プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」ってたった1文字しか違わないから余計ややこしいでしょう。

 

言葉は似ていますが、腸内環境の改善という目的で見るとこの二つは全く異なります。

 

 

ということでこちらでは

プロバイオティクスとは何なのか?
プレバイオティクスとは何なのか?プレバイオティクスと何が違うのか?
・ヨーグルトやサプリメントはどちらに入るのか?

 

など、プレバイオティクスとプレバイオティクスの関係について詳しくお話していきたいと思います。

 

sponsored link

プロバイオティクスとは

プロバイオティクスとは、1989年にイギリスの微生物学者であるフラー博士によって定義された言葉です。辞書によれば

”生物の共生を意味するprobioticsに由来し、抗生物質antibioticsに対する語”

という風に説明がされています。

 

まあこれは辞書的なお堅い説明なのでともかくとして、もっとかみ砕いて言うと人体に良い影響を与える微生物とかそれを含む食品のことを言います。

 

日本では1990年に東京大学農学部名誉教授の光岡足知先生がプロバイオティクスという言葉を最初に使いました。

光岡先生は「善玉菌」「悪玉菌」という言葉を最初に使ったとされる腸内環境におけるパイオニアとも言うべき存在です。

プロバイオティクスと善玉菌の違い

上記の説明を見ると、プロバイオテイクスはつまり善玉菌とほとんど同じ意味じゃないの!?って感じですよね。

 

そう思った方、それはほぼ正しいのですが実は少し違います。

 

例えば乳酸菌やビフィズス菌といったいわゆる「善玉菌」を食事などによって口から摂取した場合、それらは胃酸や胆汁などの消化液に浸されることでほとんどが死滅してしまうと言われています。

 

そのため乳酸菌やビフィズス菌といった良い効果を持つ細菌を大腸に届けることはできないのが普通なのですが、この弱点を克服して、消化液に負けずに生きたまま腸に届けることができる善玉菌のことをプロバイオティクスというのです。

 

うーん、それだったらプロバイオティクスとかじゃなくて超強善玉菌とか言ってくれたほうがわかりやすいのに!

プロバイオティクスの条件

微生物学者によって提唱されたのが「プロバイオティクス」という言葉なので、それによって条件も定められております。

1.安全であること

食品として摂取するのであれば安全であるというのは当然のことですね。

 

2.胃酸・胆汁酸などの影響を受けずに腸へ届く

これらの消化液に負けてしまうようでは従来の乳酸菌などと変わらないですね。

 

3.もともと体内に存在すること

消費者の心理としても、元々体にあるものというのは安心ですよね。

 

4.腸内で増殖可能である

3.の元々体内に存在することが条件であればこれは当然ですね。

 

5.何らかの有用な効果をもたらす

いい効果がなければ摂取する意味がありません!

 

6.摂取・飲用が簡単であること

健康に良いって続けなければ意味がありませんからね。

 

7.入手が容易で安価に買える

続けなければ意味がありませんから、続けやすいのはうれしいですね。

 

プロバイオティクス表示のヨーグルトには注意が必要!

注意していただきたいのは食品の「プロバイオティクス」という表示について、何らかの義務規定禁止事項などが定まっているわけではありません。

 

要は書いても書かなくてもどっちでも良く、例えばプロバイオティクス表示のヨーグルトについて言えば、現時点では

このヨーグルトはとにかくめっちゃすごいんですよ!

って書いてるのとあまり大差がない、ということです。

 

トクホならばそれなりの条件や厳しい審査を経てようやく表示を許可されるのですけどね。

 

私たちの周りにある身近な「プロバイオティクス」が含まれる食品というとヨーグルトが挙げられますね。確かにこれらは入手が容易ですし、摂取も簡単で日常的に食することも可能です。

ヨーグルト

ヨーグルトに含まれるプロバイオティクスは「ビフィズス菌」や「乳酸菌」などの善玉菌として有名なものです。

 

特にビフィズス菌は人体の善玉菌の99.9%を占めるほど超重要な善玉菌なのです。

ビフィズス菌

ただしこのビフィズス菌は酸素を嫌う偏性嫌気性菌という種類の菌なので、基本的に生物の大腸内にしか存在しておりません。

 

ではなぜヨーグルトにビフィズス菌が含まれるのかというと、単に人工的に付与しているからに過ぎないんですね(牛乳を発酵させるために加えるのですが)。

ビフィズス菌は酸素に弱い性質を持っていることから、ヨーグルトは容器の密封性を高めてなるべくビフィズス菌が死滅しないように、という企業努力がされています。

 

しかし容器に密封したとしても、どうしても表面部分は酸素に触れてしまうのでビフィズス菌が死滅してしまいやすいというのがプロバイオティクスの代表であるヨーグルトの問題点です。

さらに言うとヨーグルトを実際に食べる時ってスプーンでかき混ぜたりしますからね。余計に酸素に触れやすくなるのです。

 

もちろんヨーグルトは

・入手が容易で安価に買える

というのが最大の利点で、これはプロバイオティクスの条件でもありますので全く取らないよりは効果があるのは確かです。

ヨーグルトは基本的に誇大広告

とはいえ、まだまだヨーグルトに対する悪口は続きます(笑)。

 

ヨーグルトを作っているような大企業のHPを見ると具体的な研究結果がどうとか書いていますね。しかし個人的にはそれすらも疑わしいです。

 

例えばグリコのBifixなんかは「ビフィズス菌が腸内で自動的に増える」という実験結果が得られたと公表していますが、その実験の環境も実際の体内のものとかけ離れていて信憑性が疑わしいものです。

 

bifix

 

例えばパッケージを見ても分かると思うんですけど「おなかで増える」と具体性に欠けるかなり控えめな文言しか書いていないですよね。

 

言葉を簡潔にしたいというのもあるでしょうが、一番は「具体的な効能を書いてしまうと薬事法に違反する」というのが大きいです。

 

科学的に認められた効果でないことを書いてしまうと薬事法に抵触するから「おなかで増える」なんて控えめに書いてるわけです。

 

だって、ビフィズス菌を含んだ食品を取ればその取った分だけ「おなかで増える」ことになりますよね(笑)。だからこの表記に何の嘘偽りもないというわけです。

 

こうやって騙し騙しやってるんだな~と思うとプロバイオティクスって書いてるヨーグルトも「うーん・・・本当に?」なんて思っちゃいますね。

 

何よりヨーグルトって、大抵誰もが知っているような大企業が作っていますよね。

 

そのネームブランドに圧倒されて「何となく効果がありそう」と思っている人が多いのではないでしょうか。

 

とはいえヨーグルトでもなんでも、何も取らないよりは効果があるはずですから日常的に摂取すれば何がしか良い結果が得られるかもしれませんね。

プレバイオティクスとは

プロバイオティクス(主にヨーグルト)についてお話してきたところですが、今度はプレバイオティクスとは何なのか?についてお話していきましょう。

 

プレバイオティクスという言葉が使われ始めたのはプロバイオティクスよりも後の1995年くらいからです。

 

プロバイオティクスは単純に「有用な菌そのものを取る」という発想でしたが、プレバイオティクスは

腸内に存在する善玉菌の活動を促進する

という一歩引いた考えの食品です。

腸内細菌

 

分かりやすく言えば「善玉菌のエサになる食品」ということですね。

善玉菌のエサになるプレバイオティクス

プレバイオティクスの代表的な存在がオリゴ糖食物繊維です。

オリゴ糖

 

オリゴ糖と食物繊維は共に「難消化性の糖質」で、消化されないので小腸で吸収されずに大腸に届けられます。

 

大腸に届けられたオリゴ糖や食物繊維は善玉菌のエサになり、善玉菌が活性化します。

 

善玉菌が活性化するとその数を増殖させたり、短鎖脂肪酸という大腸の健康を担うカギとなる物質を生み出してくれます。

 

「腸内環境改善」
「腸活」
「腸内フローラ」

 

など様々な言葉がありますが、これらは全て短鎖脂肪酸を生み出すことが最終目標になっています。

 

※代表的な短鎖脂肪酸である酢酸、プロピオン酸、酪酸

 

何しろ短鎖脂肪酸は

・腸内を酸性に保って悪玉菌の繁殖を防ぐ
・腸の蠕動運動を活性化させる
・病原菌などの有害物質から守るバリア機能の強化
・余計な脂肪の分解
・糖尿病の予防
・免疫機能の調節によるアレルギー抑制
・大腸がんの予防
・カルシウム吸収を促して骨の強化
・妊娠しやすい体づくり
・美肌

と、ありとあらゆる健康効果をもたらすからです。

 

だから腸は「第二の脳」とか「腸を制する者は健康を制する」なんて言われているんですね。

脳

合わせて読みたい!  ”痩せ菌”酪酸菌の効果は?増やす食事やサプリメントは?


sponsored link

プロバイオティクスは意味がない?

プロバイオティクスを取って腸内で増殖できたとしてもエサがなければその効果を発揮できません。

 

短鎖脂肪酸は何もないところから生み出せるわけではありませんからね。

 

つまりプロバイオティクスだけを取ってもあまり意味が無いんですね。

 

ビフィズス菌や乳酸菌を含むプロバイオティクスのサプリメントには大抵オリゴ糖や食物繊維も一緒に配合されていますが、それは「摂取したプロバイオティクスを活性化させる」という目的で加えられているのです。

 

こういったプロバイオティクスとプレバイオティクスを融合したものは「シンバイオティクス」と呼ばれていて、腸内環境改善のサプリメントにおいては主流になっています。

 

というか、今現在において純粋なプロバイオティクスというのはヨーグルトくらいしか存在しないのではないでしょうか。

 

ヨーグルトは「善玉菌のエサにする」というプレバイオティクスの視点が欠けているのが致命的と言えます。

 

オリゴ糖や食物繊維を含まないヨーグルトはすでに時代遅れの食品となりつつあるのです。

 

もしヨーグルトを取るならオリゴ糖を混ぜた方が良いでしょう。

 

まあ抗生物質を飲んで腸内細菌全体が死滅してしまっている場合などにはプロバイオティクスで補充してあげるのが効果的ですけどね。

 

また、仮に外部から取った善玉菌が腸内に定着しないとしても摂取している間はその機能を補うことが出来ます。

プロバイオティクスも免疫力アップの効果はある

実は、プロバイオティクスを摂取することで免疫力が高まったりアレルギーが軽減されるということも報告されています。

 

例えばビフィズス菌bb536の粉末を投与することで花粉症が改善されたという実験を森永乳業が行っています。

花粉症

免疫とアレルギーの話は詳しく話すと難しくなってしまうのでここでは簡潔にしますが、免疫に関係のあるヘルパーT細胞という細胞は

①細菌やウィルスを担当するTh1細胞
②花粉やダニなどのアレルゲンを担当するTh2細胞

の二種類に分かれています。

 

花粉症などのアレルギー反応はTh2細胞が過剰に反応している状態なのです。

 

プロバイオティクスはTh1細胞の発達を促す効果があり、これを摂取することでTh1細胞とTh2細胞のバランスを取ることが出来るのでアレルギーが改善されるのです。

 

それでもやはりプロバイオティクス単体よりもオリゴ糖や食物繊維を一緒に取るほうが効果的ですが

ヨーグルト以外の食品ならサプリメントがおすすめ

ヨーグルト以外の食品なら、醤油・味噌・ぬか漬け・キムチ・納豆・酢などの発酵食品にもプロバイオティクスは一定量含まれているようです。

しかしこれらの食品もやはりプレバイオティクスの視点で見るとそれほど効果的ではありません。

 

何より酸素を嫌うビフィズス菌が含まれる食品がないというのが一番大きいですね。

 

特に子供を持つ親であれば、こういった発酵食品というのは子供がなかなか手を付けたがらないので食べさせようとすると苦労するはずです。

 

食生活においてプロバイオティクスやプレバイオティクスを摂取することが厳しいならサプリメントで補うというのが良いでしょう。

 

サプリメントと聞くと抵抗があるかもしれませんが、これはあくまでも「栄養補助食品」であって薬とは違います。

 

普段の食事で取るのが難しい栄養を補うというのが本来の目的ですから、食事で善玉菌とオリゴ糖や食物繊維を取りづらいとなれば正にうってつけなのです。

 

使い方さえ間違えなければサプリメントも健康を補う強力なパートナーになってくれるはずですよ。

 

ということで

プロバイオティクス
プレバイオティクス

においてオススメのサプリメントをそれぞれ紹介していきましょう。

プロバイオティクスのサプリメント:善玉ガード

プロバイオティクスのサプリメントなら善玉ガードがおススメです。

 

善玉ガードは本来、幼児~小学生くらいの子供の腸内環境を整えるという目的で作られたサプリメントです。

 

もちろん子供だけでなく大人が使っても効果があります。

 

善玉ガードには

・赤ちゃん由来のビフィズス菌bb536
・お母さんの産道に存在する乳酸菌LCKT-11
・トクホ認定のフラクトオリゴ糖
・アカシア樹脂由来の高分子難化性ファイバー(水溶性食物繊維)

 

がバランス良く配合されています。

 

ビフィズス菌bb536は赤ちゃんの腸から発見された、いわゆる「生きたまま腸に届くビフィズス菌」で花粉症改善効果があることも分かっているビフィズス菌です。

 

LCKT-11は女性の産道に存在することから「ベビー乳酸菌」とも呼ばれていて、赤ちゃんのアレルギーへの耐性に大きく関わっています。

 

本来は女性の体を病原菌や有害物質から守ってくれる乳酸菌で、アレルギーや感染症を予防する効果がある乳酸菌として特許を取得しています。

 

そしてトクホ認定されているフラクトオリゴ糖&アカシア樹脂由来の食物繊維がそれらの善玉菌の働きをサポートします。

 

さらには100種類の植物発酵エキスで栄養補給も出来ます。

善玉ガード

 

子供向けに作っているので味もヨーグルト味と食べやすいです。

プロバイオティクスのサプリメントならこれが一番オススメですね。

 

善玉ガードをもっと詳しく知りたい方に向けて、その効果を徹底的に解説した話もありますので参考にしてくださいね。

 

>>善玉ガードの効果を徹底的に解説しました!

プレバイオティクスのサプリメント:カイテキオリゴ

カイテキオリゴ

善玉菌のエサになる物質は限られてくるのでプレバイオティクスのサプリメントも自ずと制限されますが、カイテキオリゴというオリゴ糖がオススメです。

これは私が使用しているオリゴ糖なのですが

 

・2016年度オリゴ糖部門売上日本一
・モンドセレクション最高金賞5年連続受賞
・野口英世医学研究所認定

という実績もさることながら

・98%以上の高純度オリゴ糖
・最も効果が高い黄金比率で数種類のオリゴ糖をブレンド
・原料は全て天然由来

という他の追随を許さないオリゴ糖だからです。

 

数種類のオリゴ糖の黄金比率は特許申請中ですね。

 

>>カイテキオリゴの詳細な情報はこちらです!

 

私が実際にカイテキオリゴを使ってみての感想なども書いていますので参考に。

 

プロでもプレでもない・・・全く新しい概念バイオジェニックスのサプリ!

これまで散々プロバイオティクスとプレバイオティクスについてお話してきたのですが、今はそのどちらでもない全く新しい概念の「バイオジェニックス」というものも生まれています。

 

これは冒頭でお話した東大名誉教授の光岡知足先生が提唱したものです。

 

善玉菌を摂取するとか、善玉菌のエサにするとか、そんな回りくどいことをするのではなく

善玉菌が生み出す物質をそのまま取っちゃえ!

というのがバイオジェニックスです。

 

確かに有用物質をそのまま取れるならそっちの方が手っ取り早いですよね。

 

善玉菌が生み出す有用物質・・・つまり短鎖脂肪酸を直接取るだけでなく、そのほかのアミノ酸などもまとめて取ってしまう「裏ワザ型」のサプリメントが「善玉元気」です。

善玉元気 ゼリー

ただの美味しそうなゼリーにしか見えませんが(実際ブルーベリー味で美味しいです)効果だけを見ればプロバイオティクスよりも、プレバイオティクスよりも、バイオジェニックスの善玉元気が一番オススメできます。

 

ただし従来のように腸内環境を整えて自分で有用物質を生み出せるようになるか?という視点で見ると少し微妙です。あくまでも有用物質そのものを取るというものですからね。

 

まあ善玉元気にはオリゴ糖や食物繊維も含まれているので自力で腸内環境を整える効果もありますけどね。

 

それよりも効果が無ければ3袋分までの料金を全額返金してくれる90日間全額返金保証制度が圧倒的過ぎます。

 

もちろんこの全額返金保証制度は3袋全部使い切ってても大丈夫です。

 

なぜこんな無謀な保証が出来るのか・・・善玉元気の詳しい話を見てもらえば分かると思います。

 

>>善玉元気の詳細な解説はこちらです!!

 

色々サプリメントを紹介してきましたが、迷ったら善玉元気を選べば良いと思います。

まとめ:プロバイオティクスとプレバイオティクスの効果の違いとは?ヨーグルトやサプリメントは?

 

プロバイオティクスは乳酸菌やビフィズス菌などの「有用物質を生み出す菌そのもの」で、プレバイオティクスとは「善玉菌のエサになるもの」という違いがあります。

 

プロバイオティクスの代表的な存在であるヨーグルトは「善玉菌のエサにする」というプレバイオティクスの視点が欠けているので、オリゴ糖を加えるなどしてその効果を補助してあげるのが良いでしょう。

 

とはいえ酸素に弱いビフィズス菌のことを考えるとヨーグルトが最適とは言えないので、より効率よく取るならサプリメントの方が適しています。

 

プロバイオティクス、プレバイオティクス、そしてそのどちらでもない新しい概念バイオジェニックスでそれぞれオススメなのは

①プロバイオティクス:善玉ガード
②プレバイオティクス:カイテキオリゴ
③バイオジェニックス:善玉元気

というサプリメントです。

 

迷ったら90日間の全額返金保証(なんと3袋までOK)という善玉元気を買うと良いでしょう。

腸内環境の全てがわかる無料メール講座

あなたは「腸は全ての臓器のルーツ」ということをご存知ですか?   便秘だけではない!ダイエット、美肌、妊活・・・ あらゆる健康に関わる「腸内環境」の全て を伝える無料メルマガ ※注意 驚きすぎて下痢になっても一切責任は負いません。   ビフィズス菌・乳酸菌だけではダメだった!? 世の中のほとんどが知らない「第三の善玉菌」の重要性とは?   ※登録はこちらです  

 

※登録はこちらです  

sponsored link
良い記事だと思ったらシェアお願いします!