良い記事だと思ったらシェアお願いします!

オリーブオイルは何かと健康目的で食されることが多いですよね。

「金スマ」ではオリーブオイルを飲むことが「腸活」として腸内環境を改善する方法として紹介されたこともあります。

 

 

しかし一方で、オリーブオイルを飲むことでは便秘には効かない!という声も聞きます。

 

こちらではオリーブオイルを飲むと実際には便秘には効果があるのかどうかをお話していきたいと思います。

 

sponsored link

オリーブオイルって具体的に何が凄いの?

そもそもなぜオリーブオイルがこれほどまでに他の油と比べて健康に良いとされているのでしょうか?

 

オリーブオイルというのは、その名前の通りオリーブの果実から絞った油のことですね。

このオリーブの果実から絞る際に、他の油であれば加熱処理をするところをオリーブオイルは加熱しないで生のままで抽出しているという点が他のオイルとオリーブオイルが異なる点です。これによってオリーブオイルにはビタミンEやポリフェノールといった成分が含まれているのです。

 

正確に言うとオリーブオイルでも加熱処理をしたものと生のまま抽出したものでは区別されていて、前者の場合は「ピュアオリーブオイル」、後者の場合は「バージンオリーブオイル」、より高品質なものを「エキストラバージンオリーブオイル」と呼んでいるのです。

 

エキストラバージンオリーブオイルは何が違うのか

エキストラバージンオリーブオイルの基準というのはバージンオリーブオイルのうち「酸度0.8以下」のものを言います。「酸度」というのは、オリーブオイルの遊離脂肪酸(オレイン酸換算)がどれだけ含まれているかの割合を表す数値です。

 

エキストラバージンオリーブオイルとは何なのかというのを日本オリーブ協会のHPから言葉を抜粋すると

 

エキストラバージンオリーブオイル

遊離酸度がオレイン酸換算で100グラム中0.8グラム以下で、その他の特性が、IOC規格における当該カテゴリーに相当する特性と一致するオイル。

ということになります。

 

遊離脂肪酸というのは油脂が分解されて離れてしまった脂肪酸のことで、これは空気中の酸素と結合しやすい、つまり酸化しやすい性質を持つので。これが多いほど悪い油になりやすいということなのです。

 

こうして選出されたエキストラバージンオリーブオイルはそれ自体とても酸化されにくい性質を持ち、劣化が遅いので2年くらいの長期保存も可能なのですが、オリーブオイルは蛍光灯の光でも酸化してしまうので濃い緑色のボトルに入れてあることが多いのです。

 

こんな感じの濃い色のボトルに入ってることが多いですよね。なんでこんな色のボトルに入ってるんだろうな~中にどれだけ残ってるかわかりにくいのに、と思っていたのですがそれはオリーブオイルの品質を保つためのことだったんですね。

 

逆に、透明なボトルに入れてあるオリーブオイルは光による品質の劣化を考慮していないので、「濃い色のボトルに入っているかどうか」は販売会社の品質管理の本気度を示す指標とすることもできますね。

 

オレイン酸

オレイン酸
オレイン酸

エキストラバージンオリーブオイルの説明でも少し言葉が出てきましたが、オリーブオイルの凄さというのはオレイン酸の含有量にあります。

 

オリーブオイルにはリノール酸、リノレン酸、バルチミン酸・ステアリン酸といった様々な脂肪酸が含まれますが中でも最も多く含まれているのがオレイン酸で、脂肪酸全体の7割を占めています。

 

オレイン酸というのは「一価不飽和脂肪酸」という分類でも紹介されることもあり、この不飽和脂肪酸は血中の善玉コレステロールを維持しながら悪玉コレステロールを減らしてくれたり、動脈硬化を予防してくれたりと様々な健康効果が期待できます。

 

遊離オレイン酸とオレイン酸は異なります

オレイン酸が少ないのがエキストラバージンオリーブオイルじゃなかったっけ?

 

と思った方がいるかもしれませんが、オリーブオイルの酸度を示すのは「遊離オレイン酸」の量であり、通常のオレイン酸とは異なります。

 

オイルの主成分である油脂は、化学的に言うとグリセリンと脂肪酸(この場合はオレイン酸)が結合した「トリグリセリド」です。通常はこのトリグリセリドの状態でオレイン酸が存在しているのですが、物理的な刺激など何かの拍子でグリセリンから遊離してしまったオレイン酸こそが、酸素と結合して劣化しやすいということです。

 

言うなれば遊離オレイン酸というのは、お母さんとはぐれて泣きじゃくってしまった幼い子供のようなものです。きちんとお母さんの側にいる状態のオレイン酸なら酸化されることもないのです。

 

オリーブオイルを飲むことで便秘に効く?効かない?

合わせて読みたい!  ”痩せ菌”酪酸菌の効果は?増やす食事やサプリメントは?


sponsored link

オリーブオイルを飲むことで便秘に効果があるというのが広まっています。

 

これまでにしてきたお話というのはオリーブオイルの一般的な説明であって、いわば前置き。ここからが当サイトの本題と言える内容になります。

 

オリーブオイルがなぜ便秘に効くのかというと、その理屈は

 

オリーブオイルに含まれるオレイン酸は小腸で消化・吸収されにくく大腸へ届けることが出来、オレイン酸は腸の蠕動運動を活発にする

 

というものです。イメージとしても滑らかなオイルを飲むことで腸の滑りを良くしてなんだか便秘を解消してくれそうな気がしますよね。

 

実際オリーブオイルというのは「天然の下剤」「自然の下剤」なんて呼ばれているほどで、ヨーロッパでは紀元前から便秘解消のために飲んでいたこともあり、イタリアでは現在も便秘の解消のために子供に飲ませるということをしているようです。

 

まあ、私はどうしても性格的に「それ根拠あるの?」っていうのが思っちゃうタイプなので「オリーブオイルが便秘に効く」ということを謳っている論文が無いかな~と思って探してみたけど特に見つからなかったのが気になると言えば気になります。

 

ただオリーブオイルの本場である地中海で伝統的に便秘薬として使われてきたことを考えると、もはや科学的に実証するまでもないということで特にされないのかもしれません。

 

それに豚骨ラーメンで下痢になる話でもしましたが、油というのは基本的に異物であるので取りすぎると下痢になってしまいます。だからオリーブオイルが便秘の解消に効くというのは確かなのでしょう。

なぜオリーブオイルが便秘に効かないのか

一方でオリーブオイルを飲むことは便秘に効かない!と言っている人もいますね。

 

おそらくこれは、実際にオリーブオイルを飲むことで便秘に効くことを期待したのに効かなかったことが原因なのでしょうが、オリーブオイルを飲むことによる便秘解消には効果的なタイミングや量というのが存在します。それは

・空腹時に飲むこと
・大さじ2杯ほどの量を飲むこと

になります。

 

脂肪の消化・吸収というのは、まず十二指腸で胆汁酸によって乳化され、次に膵臓から分泌される消化酵素リパーゼによって分解されるというメカニズになっています。

 

空腹時にオリーブオイルを飲むことで、胆汁酸の分泌が間に合わず消化しきれないまま大腸へ送ることが出来るので、これによって便秘に効くというわけなのです。

 

これを空腹時ではなく食事中や食事の後に飲んでしまうと既に体が消化活動を始めているのでオリーブオイルを消化・吸収してしまうのです。

 

似たような理由で大さじ2杯という結構な量を取る必要があります。少量では小腸に吸収されてしまいますし、何より量が少なければ単純に大腸へ届けられる量も少なくなるからです。

 

オイルを直接飲むということに対する抵抗、大さじ2杯もの量を飲むことに対する抵抗があって、無意識に少しの量しか取らなかったり料理に混ぜて使ってみただけで「効かない!」と言っているかもしれません。

 

オリーブオイルの効果に潜む矛盾

実は、これまでの話の中にオリーブオイルの矛盾があることにお気づきでしょうか?

 

オリーブオイルを取ることで

・血液中の悪玉コレステロールを減らせる
・動脈硬化を予防する
・便秘の解消をできる

というようなことをお話してきたのですが、これは「オリーブオイルを消化・吸収するかどうか」によって効くか効かないかが変わってきてしまうのです。つまり、

 

①オリーブオイルを消化・吸収すれば血液や動脈硬化には効くものの便秘には効かない

②オリーブオイルを消化・吸収しなければ便秘には効くものの血液や動脈硬化には効かない

 

こういうことになるはずですよね。しかしどういうわけか、オリーブオイルの効果を謳うサイトではこれらを同列に扱っているのです。

 

本当の意味で便秘に効く方法は

オリーブオイルに便秘解消効果があるとしても、個人的にあまりこれを飲む方法はオススメできません。

 

便の滑りは良くなるかもしれませんが、それはあくまでも「対処療法」なのです。根本的な便秘の解決にはならず、飲むことをやめればまたすぐに元に戻ってしまうでしょう。

 

本当の便秘解消というのは腸内環境を根本から整えることからもたらされます。

 

それはつまり腸内のビフィズス菌を増やして短鎖脂肪酸を生み出す量を増やすことです。

短鎖脂肪酸によって腸の蠕動運動が活性化されますし、さらに言うと

・糖や脂肪の吸収を抑える
・免疫機能を調整する
・大腸がんの予防

といった様々な健康効果が期待できるのです。しかし、オレイン酸は物理的に便秘を解消するのみでありこういった効果は期待できません。何より便秘の根本的な解決にはならないですしね。

 

そして、腸内のビフィズス菌を増やして短鎖脂肪酸を生み出してくれるのはオリゴ糖です。

 

オリゴ糖ならオリーブオイルのように直接飲むなんてことをしなくても良く、自然に料理に加えたりコーヒーに入れたりと簡単にできますからね。

 

ビフィズス菌を活性化出来るし、こちらのほうが便秘の根本的な解決方法になると思います。

 

まとめ:オリーブオイルを飲むのは便秘には効かない?オレイン酸の便秘解消効果とは

オリーブオイルを飲むことによる便秘への効果についてお話してきましたが、まとめると

・オリーブオイルは加熱加工しないで作られる点が他のオイルと異なる
・エキストラバージンオリーブオイルは酸度0.8以下のもの
・オリーブオイルは便秘の解消に効くが、根本的な解決にはならない
・根本的な便秘の解消ならオリゴ糖がオススメ

 

ということですね。オリーブオイルは便秘解消目的よりも、逆に吸収することによる効果を期待したほうが良いのではないでしょうか。

腸内環境の全てがわかる無料メール講座

あなたは「腸は全ての臓器のルーツ」ということをご存知ですか?   便秘だけではない!ダイエット、美肌、妊活・・・ あらゆる健康に関わる「腸内環境」の全て を伝える無料メルマガ ※注意 驚きすぎて下痢になっても一切責任は負いません。   ビフィズス菌・乳酸菌だけではダメだった!? 世の中のほとんどが知らない「第三の善玉菌」の重要性とは?  
sponsored link
良い記事だと思ったらシェアお願いします!