良い記事だと思ったらシェアお願いします!

腸内環境

腸内環境を改善することによる健康効果は様々なものがあり

「腸活」
「腸内フローラ改善」

など、様々な表現で腸をケアすることの大切さを説いています。

 

実際に腸というのは「第二の脳」と言われるほど重要な器官で、体の免疫機能とも深く関係しています。

 

そこで腸内環境を改善するためにヨーグルトや乳酸菌サプリメントは必ずと言っていいほど

生きたまま腸に届く乳酸菌

ということを謳い文句にしていますよね。

 

このことから私たちは無意識に「乳酸菌は生きたまま腸に届けなければいけない」と思い込んでいるのですが・・・

 

実は乳酸菌は死菌でも良い。つまり死んでても効果があるんです。

 

これって結構衝撃的な事実ですよね?どのヨーグルトや乳酸菌サプリメントを見ても「生きたまま腸に届く」は常套句になっていますから。

 

そうすると

 

乳酸菌サプリなら全部が効果あるのでは?

 

と思うかもしれませんが、そう簡単な話でもないのです。

 

こちらでは、本当に効果のある乳酸菌サプリメントとはどんなものなのか?ということをお話していきたいと思います。

 

sponsored link

乳酸菌は腸で増殖するわけではない

「生きたまま腸に届く乳酸菌」という説明をしているヨーグルトや乳酸菌サプリメントを販売している企業の説明を見ると

 

腸に届いた乳酸菌は増殖する

 

という結論になっていますが、実はこれまでに生きた乳酸菌を飲んでそれが腸で増殖したという論文は一つもないのです。

 

乳酸菌を生きたまま腸に届ければ、確かに取った分だけ腸の乳酸菌は増えます。しかし一時的に増えるだけで、それが定着することはなく糞便として排出されるだけです。

 

まあ善玉菌そのものを摂取するプロバイオティクスというのは腸内に定着しなくても、それを摂取している間は補充できるから良いという側面はありますけどね。

 

ただ、あたかも腸に届いた乳酸菌がどんどん増殖するかのような説明をしているヨーグルトや乳酸菌サプリメントの説明は少し大げさというものです。

※「お腹で増える」を謳うグリコのBifix

 

そもそも乳酸菌が増えるというのなら一度飲んだらどんどん増えていくはずですよね?

 

そうではなく「毎日飲んでください」というのは正に、腸の中では増えないことを裏付けています。

外部から取り入れた乳酸菌が定着しない理由

なぜ外部から乳酸菌を取り入れても定着しないのでしょうか?

 

まず抗菌ペプチド、リゾチーム、胆汁酸、ラクトフェリン、好中球、マクロファージなどが腸管粘液の中に潜んで生きた乳酸菌を殺そうと待ち構えています。

 

仮にこれらをかいくぐって大腸に辿りついたとします。

 

大腸の腸内細菌はいわゆる善玉菌と悪玉菌、そのどちらでもない日和見菌を合わせて全部で数百兆個も生息しています。

 

何しろ腸内細菌だけで2kgもの重さになるというくらいですからね。

 

そして善玉菌の99.9%を占めるのがビフィズス菌です。

ビフィズス菌

何と乳酸菌が占める割合は0.1%以下に過ぎないのですね。

 

例えば排出された糞便1g中に含まれる乳酸菌は1000万個ほどですが、ビフィズス菌はなんと100億個も存在しており、乳酸菌と比べると文字通り桁違いです。

 

仮に乳酸菌が「生きたまま腸に届いた」としてもビフィズス菌の勢力に負けて生息できません。

 

実際に、400億個の生きた乳酸菌を摂取させたところ糞便から丸ごと400億個の乳酸菌が検出されたというギャグのような実験結果もあります。

 

ましてやビフィズス菌の99.9%というのはあくまでも「善玉菌」の中での話です。

 

善玉菌、悪玉菌、日和見菌の比率は

善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7

と言われており、ますます乳酸菌の占める割合というのが微々たるものになってきます。

 

腸内フローラは3歳までに決まってしまう

 

なんてことも言われていますよね。

 

これはちょっと言いすぎなところもありますが、外部から善玉菌を取り入れてもなかなか定着しないということを端的に表している表現ではありますね。

乳酸菌は死菌でも効果がある!

これまでのように「生きたまま腸に届く乳酸菌」という考えは捨てましょう。

 

乳酸菌が腸内環境を改善する効果は死菌でも報告されています。

 

というかむしろ死菌の方が効果が高いとされています。

 

生きた菌はあまり培養に時間をかけず新鮮なうちに取ることになります。これがいかにも体に良さそうなイメージを与えますが、実際には逆です。

これは

①新鮮な乳酸菌
②長時間かけて培養した乳酸菌(死菌含む)

をそれぞれ同じ量与えた時の実験結果の違いを表したものですが、②長時間かけて培養した乳酸菌 の方がビフィズス菌が増えて大腸菌が減るという結果になったのです。

 

そしてなんと新鮮な乳酸菌を与えた時には

・ビフィズス菌が増えない
・大腸菌も減らない

と、腸内細菌に全く変化が無かったのです。

 

※参考 乳酸菌は生菌である必要があるのか

 

この理由としては菌そのものが増えるから健康になるのではなく、菌が作り出した発酵分泌物などが健康を及ぼすという風に言われています。

なぜ死菌の方が効果が高いのか?

死菌生菌問わず乳酸菌を摂取することで腸管から吸収されて体内に引き込まれ、マクロファージがそれを捕食します。

合わせて読みたい!  ”痩せ菌”酪酸菌の効果は?増やす食事やサプリメントは?


sponsored link

 

それによって免疫細胞が活性化することにより便通改善など様々な健康効果を示すのです。

 

こうして見ると生菌でも死菌でもどっちでも良いように思えますね。

 

実際、「善玉菌」「悪玉菌」という言葉を生み出した腸内環境のパイオニアでもある東大名誉教授の光岡知足先生は「乳酸菌は生菌でも死菌でもどっちでも良い」という風に仰っています。

 

 

光岡知足先生のインタビューはこちら

 

光岡知足先生はマウスに対して

①通常のエサを与える
②牛乳を14%添加したエサを与える
③殺菌したヨーグルトを14%添加したエサを与える

という3つのグループに分けて実験をしたところ、③のグループのマウスの寿命が他と比べて平均7週長くなったということを明らかにし、死菌でも健康に効果があることが分かりました。

 

 

死菌の方が効果が高い理由には

・管理がしやすいのでコストが安く済む
・生菌に対しての濃度の濃さ(数の多さ)
・サイズが小さくなって安定度が増す

 

という理由が挙げられますが、生菌よりもマクロファージに捕食されやすいということも理由の一つではないでしょうか。

生菌よりも死菌のほうがマクロファージに捕食しやすいのなら、最大の売り文句であったはずの「生きたまま腸に届く」が逆にあだとなっているということです。

 

死菌の方が効果が高いとなれば、従来の「生きたまま腸に届く乳酸菌サプリメント」のようにカプセルに閉じ込めてたりするコストは全く無駄ということです。

 

それよりは「生きたまま腸に届く」にこだわらず、死菌でも良いからじっくり発酵させた乳酸菌をたっぷり含むもののほうが効果的です。

 

身近な例の「死菌」を挙げるとカルピスは乳酸菌を殺菌した飲料です。

こちらはカルピスの成分表示ですが、乳酸菌飲料(殺菌)と書いていますね。

 

生きたまま腸に届くのではなく完全に乳酸菌の死菌です。これがヤクルトやヨーグルトとは大きく違うところです。

 

しかも殺菌しているので常温で保存できるという利点を持っています。

 

まあカルピスはカルピスで糖分が多いので毎日飲むようなものにはあまり適さないのですが・・・

結局、乳酸菌は生きているかどうかよりも「死菌でも良いから色んな種類のものを取る」というのが最も効果的な方法になるのです。

 

ヨーグルトには1mlあたり1000万個の乳酸菌が含まれておりますが、これが乳酸菌サプリメントであれば1粒に1兆~2兆個の乳酸菌が含まれています。

 

「生きたまま腸に届く」かどうかはともかく、乳酸菌の数はヨーグルトよりも乳酸菌サプリメントの方に軍配が挙がります。

 

さらに言うとヨーグルトには脂肪が多すぎるという問題点もありますね。

新たな概念バイオジェニックスの乳酸菌サプリメント

乳酸菌は生きてても死んでてもどっちでも良く、多くの数を摂取する方がより効果的です。

 

乳酸菌のように善玉菌そのものを摂取するのは「プロバイオティクス」という考え方で知られています。

 

これは腸内環境の分野においては最も古い考え方です。

 

と同時にプロバイオテイクスはすでに時代遅れの考え方になりつつあるんですね。

 

先ほど少し話に出た東大名誉教授の光岡知足先生はプロバイオティクスより進化させたバイオジェニックスという新しい概念を提唱しています。

これは生菌であることにこだわらずに様々な種類の乳酸菌をじっくり培養し、さらに体内に近い環境で乳酸菌を発酵させることで、本来乳酸菌が体内で生み出す有用物質ごとそのまま取ってしまおうという考えです。

 

これは乳酸菌生産物質とか乳酸菌発酵エキスとも呼ばれており、プロバイオティクスよりも手っ取り早くて分かりやすい考え方ですよね。

 

その全く新しいバイオジェニックスの乳酸菌サプリメントが善玉元気です。

善玉元気 ゼリー

乳酸菌生産物質にはビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌がオリゴ糖や食物繊維を発酵することで生み出される短鎖脂肪酸という物質を含みますが、短鎖脂肪酸をそのまま取れるのがこの善玉元気なのです。

 

パッと見ただのゼリーにしか見えないんですがこれが物凄い効果を発揮するんですね~!

 

使用している16種35株の乳酸菌は選びに選び抜かれた「エリート乳酸菌」です。

 

未だに生きたの死んだの言っている時代遅れの乳酸菌サプリメントよりも、最先端のバイオジェニックス乳酸菌サプリメントの効果を堪能してみてはいかがでしょうか?

 

善玉元気やバイオジェニックスについてさらに詳しく知りたい方は、別のところでお話しておりますのでそちらを参考にしてくださいね。

 

>>善玉元気やバイオジェニックスの詳細はこちら

まとめ:普通の乳酸菌サプリメントは効果なし!?実は乳酸菌は死菌でも良い!

「生きたまま腸に届く乳酸菌」というキャッチフレーズが先行していますが、実は乳酸菌が生きているか死んでいるかはあまり意味がなくむしろ死菌の方が効果が高いとされています。

 

そして生きているか死んでいるかよりも多くの乳酸菌を取ることの方が重要です。

 

そこでオススメなのは、従来のように乳酸菌を取るのではなく乳酸菌生産物質、つまり「乳酸菌が生み出す有用物質まるごと」を取れるバイオジェニックスのサプリメント・善玉元気です。

 

>>善玉元気の詳細はこちらです

腸内環境の全てがわかる無料メール講座

あなたは「腸は全ての臓器のルーツ」ということをご存知ですか?   便秘だけではない!ダイエット、美肌、妊活・・・ あらゆる健康に関わる「腸内環境」の全て を伝える無料メルマガ ※注意 驚きすぎて下痢になっても一切責任は負いません。   ビフィズス菌・乳酸菌だけではダメだった!? 世の中のほとんどが知らない「第三の善玉菌」の重要性とは?  
sponsored link
良い記事だと思ったらシェアお願いします!