良い記事だと思ったらシェアお願いします!

妊娠初期というのは、赤ちゃんが出来たばっかりと知って何かと不安なことが多いですね。

 

妊娠しているのに気づかないで飲酒してしまった、なんて話もありますし、特に初の妊娠なら初めてでわからないことだらけですよね。

 

その1つとして「妊娠初期の便秘でいきむことは大丈夫なのか?」というものがあります。

いきむというのはお腹に力を入れる行為ですし、出産の時も正に「いきむ」という行為により赤ちゃんが出てきます。ともすれば、いきむことにより赤ちゃんが出てきてしまうのでは・・・?

 

こちらでは「妊娠初期の便秘でいきむこと」の是非についてお話していきたいと思います。

sponsored link

妊娠初期は便秘になりやすい

元々女性は体質的に便秘になりやすいということがありますが、妊娠初期も特に便秘になりやすいです。

 

妊娠初期というのは、受精卵が子宮内膜に着床してその受精卵を育てている初期の段階ですが、妊娠するとこの受精卵のベッドとも言うべき存在である子宮内膜固く厚くしていきます。

 

すると、平滑筋という筋肉を通してこの子宮内膜とつながっている腸の運動も鈍って、便を押し出す腸の蠕動運動というものが鈍くなります。これが妊娠初期に便秘になりやすい理由です。

 

お腹の中の赤ちゃんが大きく育ってくればそれが腸を物理的に圧迫してくるので、妊娠初期に限らず結局は妊娠の全期間を通して女性は便秘しやすいというのがありますね。

 

あるいは妊娠することでホルモンバランスも大きく変わります。

 

これは妊娠したばかりの妊娠初期に顕著ですが、急激に体のホルモンバランスが変化することで自律神経に乱れが生じ、これも便秘の原因になったりします(自律神経は腸の蠕動運動を司る)。

妊娠初期の便秘でいきむと破水?

妊娠初期というのはまだ赤ちゃんが安定していない時期ですよね。

 

だから妊娠初期の便秘で「ウーン!」といきむ行為をすることで、赤ちゃんが知らない間に流れでてしまったらどうしよう・・・と不安に思う人も多いでしょう。

 

なんだかイメージとしてはいきむことでスポーン!とお腹の中の赤ちゃんが出てきそうなものですがその心配には及びません。

 

そもそも「いきむ」という行為は腹筋に力を入れて行いますよね。

しかし腹筋にいくら力を入れたところで、腸に影響を及ぼすということはありません。

 

なぜなら、腸は先程も話に出た「平滑筋」という自らの意志では動かせない筋肉によって運動を行っているからです。これは自律神経がコントロールしている筋肉ですね。

 

だからいくら「いきむ」行為をしたところで腸に力が入るわけではありません。

 

よく便秘解消のために腹筋を鍛えましょうなんて話も出るけどこれは全くおかしな話というのはこの説明でわかると思います。

 

 

それと同時に、いきむことで腹筋に力を入れても腸と連動している子宮に及ぼす影響というのもあまり考えられません。

 

妊娠後期になると便秘でいきむことにより破水した、なんて話が極稀にあるみたいですが、そもそもたまたまトイレにいったら破水しただけで、いきむこととは無関係だった可能性も否めません。

 

それに今回の話は「妊娠初期」に関してなので、便秘でいきむという行為によりこういった事が起こる危険性というのはほぼありません。

 

まあ、世の中には絶対というものがありませんので「便秘中にいきむことで流産の可能性を高めることは絶対にない!」とは言い切れませんが・・・

いきむことはやはり悪影響

妊娠初期にいきむことでもたらされる赤ちゃんの悪影響としてしいて挙げるなら、いきむことで血圧が急上昇して子宮の収縮を招く原因になるということです。

血液

まあ「いきむ」という行為は明らかに「非日常的」な行為ですから、それが悪い影響を与えるのは当然として、体に良い影響を与えるわけではないのはおわかりいただけると思います。

 

しかし私は「いきむ」行為そのものよりも、「便秘を放置すること」のほうが危険だと思います。

 

便秘になっているということは腸内環境が悪化している証拠ですが、これがお腹の中の赤ちゃんに及ぼす悪影響というものには計り知れないものがあります。

 

妊娠初期の便秘が赤ちゃんに与える悪影響

先程お話したように、女性は妊娠中は特に便秘になりやすいものですが、だからとって便秘を放置すればお腹の中の赤ちゃんに様々な悪影響を及ぼします。

 

たかが便秘と思うなかれ。実は腸というのは体の様々なところに影響を及ぼしています。

 

腐敗した便の有害物質を赤ちゃんに届けてしまう

便秘というのは「便が溜まって出ないこと」を指すのは言わずもがなですが、これが長引くことで腸に溜まった便が腐敗し、有害物質を出してしまいます。

 

放出された有害物質は腸から再吸収されて、それがお腹の中の赤ちゃんにまで悪影響を及ぼします。

 

赤ちゃんにとってはお母さんがくれる栄養が全てです。そしてそのお母さんは腸から栄養を吸収しているのですから、ここでうまく行かなければ赤ちゃんの大事な時期に悪影響が出るというのは目に見えていますね。

 

これは妊娠の時期にもよりますが、例えば妊娠4週目~7週目くらいの妊娠初期ならば、脊髄といった神経を形成している非常に重要な時期です。

脳

合わせて読みたい!  ”痩せ菌”酪酸菌の効果は?増やす食事やサプリメントは?


sponsored link

こういった時期に赤ちゃんに悪影響が出てしまうと、無脳症二分脊椎症などの神経系の重い障害を持った赤ちゃんとして生まれてきてしまいます。

栄養の吸収がうまくできない

腸というのは食事を取った際に栄養を吸収する「最終窓口」の役割を担っています。

 

ここで栄養となる物質なのか、有害物質なのか、というのを振り分けています。

 

先程もお話しましたが、赤ちゃんにとってはお母さんが取る栄養が全てです。

 

お母さんの腸内環境が悪化していれば、取り入れた栄養をうまく吸収する事ができません。

 

せっかく赤ちゃんに良い物をせっせと取っていたとしても何の意味もありませんね。

免疫力の低下により外部の有害物質を赤ちゃんに届けてしまう

前段の「有害物質を届けてしまう」話と似ていますが、これは外部からの有害物質の話ですね。

 

元々腸というのは体全体の免疫細胞の60%という、免疫細胞の半数以上が集結している器官です。

 

それは外部から栄養を吸収して有害物質かどうかを判断しているということを考えれば当然のこととも言えるのですが。

 

だから腸内環境の悪化というのは免疫力の低下につながります。それは「外部からの有害物質をダイレクトに吸収してしまう」ということでもありますね。

 

すると、へその緒を通じてつながっている赤ちゃんにもこの外部から取り入れた有害物質を届けてしまうことになります。

このへその緒をつなぐ胎盤をすり抜けてしまう有害物質というのはたくさんあります。

 

ニコチン、有機水銀、ダイオキシン、アルコール、麻薬・・・

 

実際にへその緒からダイオキシン・PCB類、DDT、DDE、カドニウムなどの有害物質が見つかったということも報告されていますね。

 

もちろん、人間が生きている限りは有害物質から完全に逃げることは不可能ですが、それでも少しでも量を減らすために出来ることが腸内環境を整えることなのです。

 

善玉菌の代表とも言えるビフィズス菌の粉末を投与したら花粉症が改善したという報告もあります。正に腸内環境と免疫機能が密接に関係しているという例ですね。

花粉症

 

今お話したのはあくまでも「腸内環境の悪化が赤ちゃんに与える悪影響」という観点で重要なものをいくつか挙げただけです。

 

実際にはこの他にも腸内環境の悪化が赤ちゃんに及ぼす影響はいくつもありますし、もっと言えば赤ちゃんのことに限らず腸内環境の悪化は体の様々なところに悪影響が出ます。

 

元々「腸」というのは「第二の脳」と言われるほど複雑な器官です。そして脳とも密接に関係しており、その関係は「腸脳相関」なんて言われています。

 

「妊娠初期の便秘でいきむとどうなるの?」という本来の話からだいぶずれてきたような気もしますが、とにかく「いきむ」行為をしなければ出ないという妊娠初期の便秘には、細心の注意が必要です。

妊娠初期の便秘を改善するサプリメント

妊娠初期の便秘を改善するのにもっともてっとり早いのは「サプリメントを取ること」です。

 

というか、単に便秘を解消するなら「いきむ姿勢を変える」とかでも出来るかもしれませんが、腸内環境が悪化していることからくる便秘ならば、根本の原因である腸内環境の悪化をまず改善しなくてはなりませんね。

 

特に妊娠初期というのは赤ちゃんにとって大事な時期です。悠長に待っていられる時間もそれほどありませんから、そういう場合はサプリメントが最もてっとり早いということですね。

 

そんな妊娠初期の便秘の方にうってつけなのがスルーラというサプリメント。

このスルーラは元々は「腸内環境を整えることで妊娠しやすい体づくりをする」という目的で作られ、オリゴ糖ビフィズス菌といった腸内環境を整える成分が豊富に含まれています。

 

それでいて妊婦にとっては必須とも言える「葉酸」も厚生労働省の推奨量を含んでいるという2度美味しいサプリメントです。

色々な妊活サプリメントを試したけれども一向に効果がなかったという「妊活サプリ難民」を救ってきたという実績もさることながら、妊娠初期に腸内環境をケアしたいという人にとっても正にうってつけのサプリメントです。

 

このスルーラについて詳しく知りたいという方は、私がスルーラの効果を徹底的に解説した話をしていますので、そちらを参考にしていただければと思います。

 

>>スルーラの効果について徹底的に解説した話はこちらです!!

毎回「いきむ」行為をするほど慢性的な便秘になっている妊娠初期の方は是非こちらがオススメですね。大事な時期なので後で手遅れにならないよう祈っています。

 

まとめ:妊娠初期の便秘でいきむと破水?それよりも深刻な腸内環境の悪化!

妊娠初期の便秘でいきむことについての危険性についてお話してきましたが、まとめると

・妊娠初期の便秘でいきむことはそれほど深刻ではないが、腸内環境の悪化が及ぼす影響がまずい
・腸内環境が悪化していると赤ちゃんに有害な物質を届け、栄養を届けられなくなる
・妊娠初期の便秘にはスルーラがオススメ

 

ということですね。もし私の説明がわかりにくいという場合は、公式サイトの説明もわかりやすいくなっているのでそちらも参考にしていただければと思います。30日間の全額返金保証もありますから、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

>>スルーラの公式サイトはこちら

良い記事だと思ったらシェアお願いします!