良い記事だと思ったらシェアお願いします!

妊娠してから間もない「妊娠超初期」に、しばしば下痢のような腹痛が起こることがあります。

 

 

「下痢のような腹痛」ではなくて、本当の下痢になることもあります。

 

 

元々「生理」を通して体の健康を崩しやすいというのもありますので、妊娠というある意味で「非日常」な状態へ向かっていけば、それにともなって体調を崩すというのも当然のことでしょう。

 

こちらでは妊娠超初期に「下痢のような腹痛」が起こる原因についてお話していきたいと思います。

 

sponsored link

生理前の腹痛と妊娠超初期の腹痛の違いは?

妊娠を待ち望んでいた人にとっては、「下痢のような腹痛」が起こることは「ついに妊娠したかも!?」とある意味で嬉しくなることもありますよね。

 

そうやって喜んでいてはただの生理前の腹痛だった、というぬか喜びを経験した人もいるでしょう。

 

ただの生理前の腹痛なのか、妊娠したことによる「下痢のような腹痛」なのかは体感ではわからないことが多いです。

 

よく言われているのは妊娠した時に腹痛は「子宮が引っ張られるような痛み」というものですが、生理前に下痢になるという人も多いのでそういった人の場合は妊娠による腹痛なのか、生理による腹痛なのかはわかりづらいです。

普通の生理痛が「重くてだるい」のに対して妊娠による腹痛の場合は比較的軽い、という違いもあるようです。ただこのあたりも人によって感じ方が違いますね。

 

あとは、下痢による腹痛の場合は波があるのですが、妊娠からくる「下痢のような腹痛」は同じ痛みがずっと続くという違いもあるみたいです。これが一番分かりやすいですね。

 

場合によっては子宮をギューっと捕まれているような、正に「下痢のような腹痛」が起こって夜中に目が覚めるほどのものということもあります。

 

妊娠超初期の下痢のような腹痛の原因とは

妊娠というのは非日常な現象なので、それに伴って体が異変を起こして「下痢のような腹痛」となる原因はいくつか考えられます。

 

受精卵の着床による腹痛

「着床痛」とも言われる腹痛ですが、これは着床した受精卵が子宮内膜の中へ潜り込もうとする時に傷がつくことによる痛みです。

 

チクチクしたり重だるい痛みを伴い、当然ですが着床が安定すれば痛みは消失します。

 

子宮が大きくなる事による腹痛

子宮が大きくなろうとして起こる腹痛には二種類のものがあります。

 

1つは「大きくなろうとする子宮」のスペースを確保するためにお腹全体が大きくなろうとすることによる腹痛です。この場合は引っ張られるような痛みを感じます。

 

もう一つは子宮が大きくなって周りの筋肉や臓器を圧迫することによる腹痛です。この場合は全体的に引っ張られるような痛みを感じつつもギュッと締め付けるような痛みも伴います。

 

便秘による痛み

妊娠すると子宮が大きくなることにより腸が圧迫されていくので、これにより便秘を引き起こしたり腹痛になったりします。

 

本当に下痢になる原因は

下痢のような腹痛ではなく、本当に下痢になることもしばしばありますが、これも妊娠超初期にはよくあることです。

 

ホルモンバランスの乱れによる下痢

悩む女性

妊娠超初期にはホルモンバランスが大きく変わり、これによる自律神経の乱れから下痢になることがあります。

 

また、女性ホルモンであるプロゲステロンが腸の運動を低下させて便秘になってしまったり、その便秘が長引いたことで下痢になることもあります。

 

子宮が腸を圧迫することによる下痢

子宮が大きくなっていくことにより便秘を引き起こすというのは先程お話しましたが、下痢も引き起こします。

sponsored link

 

子宮と腸は物理的な位置関係も近いところにありますが、子宮で赤ちゃんが育っていくことにより腸を圧迫していきます。

 

腸が圧迫されれば下痢になりやすいですし、逆に便秘になることもあります。

 

腸内環境の悪化から来る腹痛はまずい

妊娠超初期の際の「下痢のような腹痛」には、赤ちゃんが成長する過程で仕方のないものもいくつか存在しますが、放っておくとまずいものも存在します。それは「腸内環境が悪化していること」に起因する下痢や便秘です。

 

腸内環境の悪化というのは妊娠超初期はもちろん、妊娠する前~出産直前にわたって赤ちゃんに悪影響を及ぼします。

 

それは、腸が栄養を吸収する最終窓口になっているから。

 

つまり腸は食べ物として摂取したものが有害か有害でないかを判断しているということです。実際、腸には体の免疫機能の60%が集結して体に取り入れられた有害物質を処理しています。

 

だから腸内環境が悪化していればこういった機能がうまく働かず、有害な物質を取り込んでしまうだけでなく、良い栄養を摂取してもうまく吸収できないということも起こります。

 

だから腸内環境が悪化していると葉酸とかマカのような妊娠にいい成分を含むサプリメントを摂取しても効果が薄く妊娠できなかったりします。

 

また、妊娠中のお母さんにとっても腸内環境の悪化は赤ちゃんに深刻な悪影響を及ぼします。

お腹の中にいる赤ちゃんにとってはお母さんが取る栄養が全てですからね。これがうまく行かなければ栄養を十分に摂取できなかったり、有害物質を取り込んでしまうということです。

 

妊娠超初期というのは本当にデリケートで、お腹の中の赤ちゃんはこの時期(具体的には妊娠4週~7週)に脊髄といった重要な器官の形成をします。

脳

もしこれがうまくいかなければ無脳症二分脊椎症などの障害を持って生まれてきてしまう事になりますので、そういったリスクを軽減するためにも腸内環境を整えるというのは必須のことなのです。

 

もし妊娠超初期に「下痢のような腹痛」を感じる事があれば、それは腸内環境が悪化しているサインかもしれません。是非気をつけてあげてください。

 

そういった超妊娠初期のママさんの腸内環境を整えるためにはスルーラというサプリメントがおすすめですね。

これは元々「葉酸やマカを試したけど一向に妊娠できない」という妊活難民のママのために「腸内環境を整えることで妊娠しやすくする」という目的で作られたサプリメントなので、妊娠超初期におけるお腹のケアには正にピッタリ。

 

もちろん妊娠超初期の便秘の改善にもぴったりです。

 

スルーラの詳細については私が別のところでお話していますし、公式サイトの分かりやすい説明もありますから是非参考にしてくださいね。

 

>>スルーラについてのより詳細な話はこちらです!!

まとめ:妊娠超初期に下痢のような腹痛が起こる原因は?腸内環境の悪化はまずい!

妊娠超初期に起こる下痢のような腹痛の原因についてお話してきましたが、まとめると

・生理前と妊娠超初期にはしばしば下痢のような腹痛を伴い、どちらか判断しづらい
・妊娠超初期の腹痛の原因は着床痛、子宮が大きくなること、便秘などがある
・妊娠超初期の下痢の原因はホルモンバランスの乱れや便秘からくる下痢
・腸内環境が悪化している下痢だと赤ちゃんには悪影響がある

 

ということですね。単なる腹痛にも様々な体のサインが込められています。そのサインを見逃さないようにしましょう。

 

>>スルーラの詳細がわかる公式サイトはこちらです!

良い記事だと思ったらシェアお願いします!