良い記事だと思ったらシェアお願いします!

一過性の下痢と違って、なんとな~くゆるいウンチが続くのが「軟便」です。

子供 腹痛

 

下痢でもない、腹痛なし、なのになぜか毎日軟便になるという方は結構いるようですね。

 

軟便は軟便で厄介なんですよね・・・残便感が残ってどうにもスッキリしないし、最悪の場合「便失禁」を引き起こしまうなんてことも・・・

 

こちらでは

・軟便と下痢の違い
・軟便の危険性
・軟便の治し方

 

についてお話していきたいと思います。

sponsored link

軟便と下痢の違い

下痢便

厳密な軟便と下痢の違いを言うと、便に含まれる水分量にあります。

 

理想的な便に含まれる水分量は大体70~80%くらいで、それよりも少し多い80%~90%のものが「軟便」となり、水分量が90%以上のものを「下痢」と言う違いがあります。

 

ただ私たちは日常生活において自分の便の水分量をいちいち計測なんかしませんから、ここの違いについてはざっくりと

 

理想的な便 < 軟便 < 下痢

 

の順番で水分が多くなるのだという風に覚えておきましょう。つまり軟便とは理想的な便と下痢のちょうど中間に位置するという便なわけです。

 

つまり軟便も下痢もそこに含まれる水分量の違いだけで、根本的な違いはそれほどないと言えます。

軟便だから下痢よりも安心・・・ではない!

軟便は下痢よりも深刻さは無いように思えますが、必ずしもそうではありません。

 

特に便秘と比べると

軟便でも出るんだから便秘より良いじゃない!

とそこまで深刻に考えない人も多いでしょう。

 

下痢は体が病原体などの異物を察知した際にそれを体外へと排出させる緊急措置のようなもの。だからその異物を出し切るまで腹痛や嘔吐などの症状を伴って何とか出そうとしますがあくまで一過性のものです。

 

しかし軟便は、慢性的にうんちがゆる~い状態が続いているということであり、腸内環境が悪化していることのサインと見るべきなのです。

 

腸内環境の悪化による毒素の発生は肌荒れ、老化、不妊症など様々な害を及ぼします。

 

また、軟便の方は「便漏れ」「便失禁」を引き起こしてしまう可能性が高くなります。

以前、NHKのためしてガッテンで「便失禁」について特集されたことがありますがその時にはなんと500万人の人が便失禁に悩んでいるという話でした。

 

便失禁の原因は内・外肛門括約筋の収縮力の低下など様々なものがありますが、軟便・下痢体質であることもその一つです。

 

単純に普通の便よりも柔らかいので制御しづらくなるんですよね。

 

特に歳を取って括約筋の力が弱まるとそれが顕著で、トイレに駆け込んでも間に合わずに漏らしてしまうということがあるんですね。

 

こう聞くと「便失禁」は高齢者に多いような病気にも思えますが必ずしもそうではなく、10代の若い男女でも外肛門括約筋が切れてしまって本来の力を発揮できないことがあります。

 

また、出産時の肛門の損傷なども便失禁の原因ですね。

あるいは軟便だと一度の排便だけでは全部を出し切ることが出来ず、後からプッと便が出てしまうこともあります。

 

軟便だと普通の便よりも臭いが強いということや、ねっとりしていてふき取ってもなかなか綺麗にならないということも厄介です。

 

何か臭いがするな~と思ったら知らないうちにパンツが汚れていた

 

なんてことにならないよう、軟便・下痢体質は注意をした方が良いでしょう。

軟便が続く原因

 

軟便が慢性的に続く原因はどのようなものが考えられるのでしょうか?

 

食生活などによる腸内環境の悪化

まず一つ考えられるのが単純に腸内環境の悪化です。

 

軟便が慢性的に続くということは、軽い下痢気味の体質ということでもありますね。

 

消化の悪いもの、脂っこいものを大量に食べるといった不摂生をしているのでなければ、まず真っ先に疑うべきは腸内環境の悪化です。

 

腸内環境が悪化していると、便秘になる人もいるのですが下痢として症状が出る人もいます。

 

ビフィズス菌、バクテロイデス、ユーバクテリウムなどの善玉菌や、ウェルシュ菌、大腸菌、黄色ブドウ球菌、緑膿菌、サルモネラ菌、赤痢菌といった悪玉菌など、様々な細菌がせめぎ合っており、さらにはどちらか優勢な方に加勢する日和見菌も加わってせめぎ合いをしているのが大腸です。

腸内細菌

普段は善玉菌が悪玉菌の繁殖を抑えていますが、善玉菌が少なくなれば悪玉菌の勢力が強くなって日和見菌も悪玉菌に加勢して悪玉菌のような働きを示します。

 

その崩れた腸内細菌のバランスが慢性的な下痢軟便を引き起こすのです。

 

あるいは、繁殖した悪玉菌の種類によっては便秘になったりもします。

便秘にしても下痢にしても、悪玉菌の繁殖を抑える善玉菌が少なくなって引き起こされます。

 

どちらの症状が出るかは、体質や悪玉菌の種類によるといったところです。

蠕動運動が活発になりすぎている

大腸の役割というのは、食事として摂取した内容物を便として排出することだけではありません。

 

主な役割は小腸から送られてきた内容物の水分を吸収することにあります。

 

主な栄養素は小腸で吸収しますが、水分や電解質などは大腸で吸収するという役割分担をしているのです。

 

逆に言うと、大腸でどれだけ水分を吸収したかでウンチの水分量が決まってきます。

 

ところが、蠕動運動(便を排出する動き)が通常よりも活発になりすぎていると便の水分を十分に吸収する時間もないままウンチとして排出してしまうのです。これが下痢・軟便体質をもたらすのですね。

 

逆に水分の吸収量が多ければコロコロと硬いウンチになり便秘気味になります。

 

蠕動運動が活発になりすぎる原因の一つはストレスと言われています。

ストレス

 

過敏性腸症候群もストレスが原因と言われていますね。

 

下痢・軟便体質は過敏性腸症候群に陥っている可能性があります。

 

過敏性腸症候群かどうかはお医者さんに行って診断してもらうのが一番ですが、正直医者に行ったところで大した改善は望めません。

①食生活の改善
②ストレスを溜めない
③運動をしよう

といったごく当たり前のことを指導されて終わるでしょう。

 

過敏性腸症候群というものは、見た目には疾患がないのに腸がおかしい状態の総称であり、医者がすぐに治せる類の病気ではないからです。

 

やはり「活発になりすぎた蠕動運動を抑える」ことが大事になってきます。

腹痛なしで続く軟便の治し方は?

 

では、下痢・軟便の治し方にはどのような方法があるのでしょうか?

生活習慣の改善

お金をかけないで下痢・軟便体質を改善したいというのならば、まず最初に思いつくのは「生活習慣の改善」ということになるでしょう。

 

食事、運動、睡眠といったところから体のトータルケアを考えなくてはいけません。

 

これが出来ればあらゆる健康の問題は解決すると思いますが・・・それが出来れば苦労はしません。

 

例えば食事一つとっても「どの食べ物が下痢・軟便の原因になっているか」ということを簡単に特定出来るのでしょうか?

 

豚骨ラーメンを食べて下痢になったらそれは豚骨ラーメンのせいでしょうが、慢性的な軟便体質となると食事からの特定は難しいのではないでしょうか。

 

下痢・軟便体質の改善に良い食べ物というのもいくつかあります。

 

おかゆ、煮込みうどん、野菜スープ、イモ類、納豆、大豆、豆腐、バナナ、リンゴ、などは胃腸への負担が弱くて下痢・軟便体質の改善に良いとされていますね。

 

しかし毎日こういうものだけを食べる生活というのが果たして可能でしょうか?

 

毎日の食事を見直して脂物を控えよう、と言っても付き合いなどで外食せざるを得なかったりしますよね?

 

これに加えて運動や睡眠にまで気を付けるとなると、もはやアスリートの領域です。

 

暴飲暴食を控える、辛いものを食べ過ぎないようにする、アルコールの摂取を控える、冷たいものを取りすぎないようにする、くらいなら出来ると思いますけどね。

下痢止め薬は危険すぎる

次に思いつくのは「下痢止め薬」を飲むということでしょうか。

活発になりすぎた蠕動運動を抑えるという意味でも薬は効果的でしょう。

 

ただ下痢というのは体が必要があってそうさせていることなので、薬で無理に止めようとするとかえって健康を害することがあります。

 

そもそも下痢止め薬を常用することは副作用を招く恐れがあります。

 

例えば下痢止め薬として有名な正露丸にクレオソートという物質が含まれています。

クレオソートというのは、フェノール(14.5%)、クレゾール(16.8%)、グアヤコール(23.8%)、クレオソール(19.1%)、エチルグアヤコール(6.4%)が混合するフェノール系化合物のことで、解毒剤が存在しない「劇薬」として知られています。

 

何しろクレオソートは皮膚に触れるだけでもヤバい物質なのです。

 

正露丸の添付文書にも

皮膚に付着したらせっけん及び湯を使ってよく洗ってください

という記載があります。そんなヤバいものを飲んでるって考えると怖いですよね・・・。

 

そのあまりのヤバさから、正露丸は5歳未満の子には絶対飲ませないようにという記載もあります。

 

だから下痢止め薬による改善など初めから選択肢としてはいけません。

薬を使わずに腸内環境を改善するには?

薬を使わずに腸内環境を改善できるアイテムの筆頭はオリゴ糖です。

オリゴ糖

 

難消化性の糖質であるオリゴ糖は、摂取しても小腸で吸収されずに大腸に届けられます(オリゴ糖の詳細はこちらをご覧ください)。

 

 

大腸に届けられたオリゴ糖はビフィズス菌のエサになって短鎖脂肪酸という物質を生み出します。

※短鎖脂肪酸の酢酸、プロピオン酸、酪酸

 

 

「腸内フローラの改善をしよう」
「善玉菌を増やそう」

sponsored link

 

などと言いますが、そもそも腸内フローラの改善や善玉菌を増やすことの意味というのは全て大腸内で短鎖脂肪酸を作ることにあります。

 

短鎖脂肪酸は

・腸内を酸性に保って悪玉菌の繁殖を防ぐ
・腸の蠕動運動を活性化させる
・病原菌などの有害物質から守るバリア機能の強化
・余計な脂肪の分解
・糖尿病の予防
・免疫機能の調節によるアレルギー抑制
・大腸がんの予防
・カルシウム吸収を促して骨の強化
・妊娠しやすい体づくり

 

といった様々な効果をもたらします(短鎖脂肪酸の詳細はこちら)。

 

この中の「腸内を酸性に保って悪玉菌の繁殖を防ぐ」は正に軟便を解消するカギとなります。

 

とにかくオリゴ糖というのは腸内環境のトータルケアにピッタリなんですね。

オリゴ糖は下痢・軟便を悪化させる可能性が・・・

短鎖脂肪酸を増やす方法として最も効果的なのはオリゴ糖です。

 

オリゴ糖が生み出す短鎖脂肪酸は腸のトータルケアをしてくれうので、オリゴ糖は薬を使わずに腸内環境を整えるのにうってつけのアイテムなのですが・・・

 

オリゴ糖は取りすぎると下痢になるという副作用を持っています。

 

これはオリゴ糖の「消化されない」という性質が原因です。

 

消化されない物質が大腸に多く溜まると、浸透圧が働いて水分が多くなって下痢になります(浸透圧性の下痢)。

 

これはオリゴ糖に限らず「消化されないもの」なら何でも起こることで、有名なものにキシリトール配合のガムがあります。

一度にたくさん食べるとお腹がゆるくなることがあります。

 

と記載してありますね。これが正に浸透圧性の下痢のことで、オリゴ糖にも同じことが言えるのです。

 

長期的な視点で見ればオリゴ糖を取ることで腸内環境が改善されて下痢・軟便体質も良くなっていくとは思いますが、逆に悪化してしまうことも考えられます。

 

さらに言うと短鎖脂肪酸は大腸のエネルギー源になって蠕動運動を活発にするので、蠕動運動が活発になりすぎている下痢・軟便体質の人には逆効果になってしまうと思います。

下痢・軟便体質を治すサプリメントならこちら!

下痢・軟便体質を改善するならオリゴ糖よりも他のサプリメントを取った方が良いです。

 

それも「活発になりすぎた蠕動運動を抑制するサプリメント」ですね。

 

そこで紹介したいのは黒梅日和というサプリメントです。

 

黒梅日和は、私が最もオススメのオリゴ糖として紹介しているカイテキオリゴの販売元の快適工房が下痢や軟便体質を根本的に改善するためのサプリメントとして発売しているものです。

カイテキオリゴ

単なる下痢止めのように一時しのぎをするのではなく、根本的に下痢・軟便体質を改善するために作られました。

 

黒梅日和に含まれている下痢・軟便を改善する主な成分は

・梅肉エキス・・・強力な殺菌作用で慢性的な下痢や軟便を改善する
・ガジュツ末(紫ウコン)・・・強力な殺菌作用でピロリ菌などを除去する
・アロニアエキス・・・ポリフェノールで下痢・軟便体質を改善する

です。これらをもう少し個別に詳しくお話していきましょう。

梅肉エキス

※参考画像 梅のある生活

梅肉は梅の薬効が凝縮されており、昔から家庭の万能薬として重宝されてきました。

 

梅肉エキスは梅干しよりも強力な殺菌効果を持ち、飲むことで食あたり、赤痢、コレラなどの伝染病防止にも役に立ってきました。

 

以下は梅肉エキスの効果として知られているものです。

 

抗ストレス、鎮痛、蠕動運動、活性酸素除去、殺菌、抗アレルギー、疲労回復、血流、ウイルス活性阻害、肝機能、結石、美容・・・

 

梅肉エキスには様々な効果があるのですが、この中で注目すべきなのは蠕動運動と殺菌です。

 

中でも腹痛や下痢に対しては少量舐めるだけでも効果があるとされていますが、これは梅肉に含まれるクエン酸やリンゴ酸などの有機酸が悪玉菌を殺菌して蠕動運動をちょうどよく保つように働いてくれるからです。

 

だから医薬品のように下痢・軟便を無理やり抑えるのではなく「自然な蠕動運動へと導く」というのが黒梅日和の最大の特徴ですね。

 

梅肉はその他に湿疹・水虫に対して外用薬として塗ったり頭痛・腰痛・肩こりの患部に対しての湿布薬として使ったりします。まさに万能薬ですね。

ガジュツ末(紫ウコン)

紫ウコン(ガジュツ)は東南アジアや沖縄で栽培されており、日本では江戸時代から薬として重宝されてきた成分です。

 

ウコンといえば二日酔いに効果がある成分として有名ですね。

 

しかし実はウコンにも様々な種類があり、春ウコン(姜黄)、秋ウコン(鬱金)、紫ウコン(ガジュツ)でそれぞれ効果が異なります。

 

ウコンが二日酔いに効くというのは主に秋ウコンに含まれる「クルクミン」という成分ですが、クルクミンは紫ウコン(ガジュツ)には含まれていません。

 

紫ウコン(ガジュツ)は加工しないでそのまま飲むことで薬効があることから「生薬」に分類される植物なのですが、その生薬の中でも最も安全性の高い「上薬」に分類されます。

 

生薬は「上薬」「中薬」「下薬」の3つに分類されるのですが、この3つは

 

上薬・・・いくら飲んでも副作用が無く命を養う

中薬・・・場合によっては毒になる

下薬・・・病気にかかった人が飲む、常用すれば毒

 

という違いがあります。

 

上薬である紫ウコン(ガジュツ)は副作用もなく人間が本来持っている自然治癒力を活性化させてくれるのです。

 

紫ウコン(ガジュツ)の効果は

・健胃作用、ピロリ菌除去
・喘息、アレルギー性鼻炎、花粉症
・糖尿病
・ガン
・生理不順、更年期障害
・血液浄化
・抗酸化作用
・排毒作用、宿便や古便の排出作用

 

といった具合に多岐にわたりますが、注目すべきは「ピロリ菌の殺菌」という効果ですね。

 

ピロリ菌は胃に多く存在する菌で、胃の病気の大半の原因となります。

 

胃の菌なら下痢や軟便と関係ないのでは?と思う人もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

 

ピロリ菌の除去手術をしたら過敏性腸症候群(IBS)が治ったという人が何人もいますし、十二指腸潰瘍の患者の70%がピロリ菌患者であるというデータもあります。

 

ガジュツ末のピロリ菌殺菌効果によって健康な腸を作るのが黒梅日和です。

 

アロニアエキス

アロニアは北米原産の果物で、ラズベリーやブルーベリーの仲間です。

 

アロニアにはポリフェノールの一種・アントシアニンが豊富に含まれており、その量はブルーベリーのおよそ2倍と言われています。

 

アントシアニンは視力回復にも効果があるとして有名ですが、実はポリフェノールには下痢止めの効果もあるのです。それは

・腸の蠕動運動を抑制する
・腸の水分分泌を抑制する

というポリフェノールの作用によるものです。

 

ポリフェノールというとワインやチョコレートに含まれていて抗酸化作用がある成分ということで良く知られています。

実はポリフェノールという物質はマウスには効果があるものの人体にはそれほど吸収されず、これまで言われてきた「抗酸化作用」などの効果が思ったほど期待できないことが分かっています。

 

しかし、吸収できない=大腸に運ばれるということでもあり、ポリフェノールは大腸に届いて下痢・軟便体質を改善してくれるんですね。

 

ただしポリフェノールを取りすぎると便秘になります。これは「下痢・軟便体質を改善する」ことを考えれば当たり前の話ですけどね。

蠕動運動は便を押し出すために必要不可欠なものですが、これが強すぎると大腸が便から十分な水分を吸収しないまま排出してしまうので下痢・軟便の原因になります。

 

また冒頭でもお話したように便の水分量こそが下痢・軟便の原因なのでこれも抑える必要がありますね。アロニアエキスはこの二つを抑制する役割を担っているのです。

 

 

これらのことから、薬を使わずに下痢・軟便体質を改善するのに黒梅日和がオススメです。

黒梅日和の注意点

注意が必要なのは、下痢止めのように「緊急避難的に使用する」のではなく「下痢や軟便を起こらない体質に改善する」という目的のサプリメントですので、即効性を期待して飲むような薬ではないということです。

 

ただ黒梅日和を飲み始めて数日で下痢・軟便体質が収まってスッキリしたという報告もありますから、割と早い段階で効く人は効くのでしょうね。

 

あと妊娠中授乳中の方は飲まないほうが良いです。

これは黒梅日和に含まれる紫ウコン(ガジュツ)について、妊婦への摂取を考えた時に「データが無いから安全性が保障できない」という消極的な理由です。

 

特に副作用があると決まっているわけではないのですが、確実に安全と言えない以上は控えた方が良いでしょう。

 

と言っても妊婦さんは体質的に下痢や軟便よりは便秘に悩まされる方が一般的だと思いますけどね。

 

カイテキオリゴと同じように一袋分を使い切って効果が無ければ返金してもらえる「全額返金保証制度」もありますので、下痢・軟便体質の方は是非黒梅日和を試してみてください。

まとめ:腹痛なしなのに軟便が続く原因とは?下痢との違いとは?

 

軟便は理想的なうんちより水分量が多く、下痢よりは少ないという中間の状態のウンチのことを言います。

 

下痢のような緊急性は無いものの、慢性的にウンチが緩い状態が続いているとしたらそれは腸内環境が悪化しているサインと見るべきで、実際に腸内環境が悪化していると下痢になることがあります。

 

あるいはストレスによる過敏性腸症候群も軟便が続く原因になりますが、これらをまとめて解決してくれるのは腸内で作り出される短鎖脂肪酸であり、その元になる物質が難消化性のオリゴ糖です。

 

オリゴ糖は腸の悩み全般を解決できるものですが「下痢・軟便体質を治す」ということのみに注目すると悪化することも考えられるので、その場合には黒梅日和というサプリメントがおすすめです。

 

>>下痢・軟便体質の改善に!「黒梅日和」の公式サイトはこちらです

良い記事だと思ったらシェアお願いします!