良い記事だと思ったらシェアお願いします!

一過性の下痢と違って、なんとな~くゆるいウンチが続くのが「軟便」です。

子供 腹痛

 

腹痛なしなのになぜか毎日軟便になるという方は注意したほうがいいかもしれません。

 

 

こちらでは腹痛なしで引き起こされる「軟便」が続く原因や下痢の違いについてお話していきたいと思います。

sponsored link

軟便と下痢の違い

下痢便

厳密な軟便と下痢の違いを言うと、便に含まれる水分量にあります。

 

理想的な便に含まれる水分量は大体70~80%くらいで、それよりも少し多い80%~90%のものが「軟便」となり、水分量が90%以上のものを「下痢」と言う違いがあるみたいです。

 

ただ水分量についてはサイトによって数値の説明がまちまちなので、あまり深く考えなくても良いかもしれません。

 

そもそも私たちは日常生活において自分の便の水分量をいちいち計測なんかしませんから、ここの違いについてはざっくりと

 

理想的な便 < 軟便 < 下痢

 

の順番で水分が多くなるのだという風に覚えておきましょう。つまり軟便とは理想的な便と下痢のちょうど中間に位置するという便なわけです。

 

軟便だから下痢よりも安心?

軟便は下痢よりも深刻さは無いように思えますが、必ずしもそうではありません。

 

一見すると「ちょっとゆるい程度の普通の便」に見えなくもないので、軟便が続くことがあっても特に処置もせず、時間が経ってから実は深刻な状態だったなんてことも考えられるのです。

 

かといって、少々軟便気味だからといってヤバイ!というわけでもありません。その見極めが非常に難しいところなんですね。

 

下痢は体が病原体などの異物を察知した際にそれを体外へと排出させる緊急措置のようなもの。だからその異物を出し切るまで腹痛や嘔吐などの症状を伴って何とか出そうとしますがあくまで一過性のものです。

 

しかし軟便は、慢性的にうんちがゆる~い状態が続いているということであり、腸内環境が悪化していることのサインと見るべきなのです。

 

軟便が続く原因

 

軟便が慢性的に続く原因はどのようなものが考えられるのでしょうか?

 

腸内環境の悪化

まず一つ考えられるのが単純に腸内環境の悪化です。

 

軟便が慢性的に続くということは、軽い下痢気味の体質ということでもありますね。

 

消化の悪いもの、脂っこいものを大量に食べるといった不摂生をしているのでなければ、まず真っ先に疑うべきは腸内環境の悪化です。

 

腸内環境が悪化していると、便秘になる人もいるのですが下痢として症状が出る人もいます。

 

ビフィズス菌、バクテロイデス、ユーバクテリウムなどの善玉菌や、ウェルシュ菌、大腸菌、黄色ブドウ球菌、緑膿菌、サルモネラ菌、赤痢菌といった悪玉菌など、様々な細菌がせめぎ合っており、さらにはどちらか優勢な方に加勢する日和見菌も加わってせめぎ合いをしているのが大腸です。

腸内細菌

普段は善玉菌が悪玉菌の繁殖を抑えていますが、善玉菌が少なくなれば悪玉菌の勢力が強くなって日和見菌も悪玉菌に加勢して悪玉菌のような働きを示します。

 

その崩れた腸内細菌のバランスが慢性的な下痢軟便を引き起こすのです。

 

あるいは、繁殖した悪玉菌の種類によっては便秘になったりもします。

便秘にしても下痢にしても、悪玉菌の繁殖を抑える善玉菌が少なくなって引き起こされます。

 

どちらの症状が出るかは、体質や悪玉菌の種類によるといったところです。

 

ストレス

数週間にわたり続く軟便は慢性的な下痢とも言える症状ですが、この原因となるのは過敏性腸症候群です。

 

そしてその過敏性腸症候群の原因の7割はストレスと言われています。

ストレス

sponsored link

過敏性腸症候群かどうかはお医者さんに行って診断してもらうのが一番ですが、正直医者に行ったところで大した改善は望めません。

①食生活の改善
②ストレスを溜めない
③運動をしよう

といったごく当たり前のことを指導されて終わるでしょう。

 

過敏性腸症候群というものは、見た目には疾患がないのに腸がおかしい状態の総称であり、医者がすぐに治せる類の病気ではないからです。

そして、身もふたもないことを言うとストレスを感じる原因は結局「人それぞれ」ってことになります。こうすると治し方も何もないですよね。

腹痛なしで続く軟便の治し方は短鎖脂肪酸を増やすこと

軟便が続く原因も人それぞれですから、その治し方についても様々なサイトにおいて上記のような抽象的な一般論に終始しています。

 

ただ私はもう少し具体的な話をしたいと思います。

 

食べ物の相性やストレスの感じ方は人それぞれでも、全ての人間に共通して腸の機能を改善できることも確かに存在します。それは腸内の短鎖脂肪酸を増やすことにほかなりません。

 

「腸内フローラの改善をしよう」
「善玉菌を増やそう」

 

とはよく聞きますが、そもそも腸内フローラの改善や善玉菌を増やすことの意味というのは全て大腸内で短鎖脂肪酸を作ることにあります。

 

短鎖脂肪酸は

・腸内を酸性に保って悪玉菌の繁殖を防ぐ
・腸の蠕動運動を活性化させる
・病原菌などの有害物質から守るバリア機能の強化
・余計な脂肪の分解
・糖尿病の予防
・免疫機能の調節によるアレルギー抑制
・大腸がんの予防
・カルシウム吸収を促して骨の強化
・妊娠しやすい体づくり

 

といった様々な効果をもたらします。

 

この中の「腸内を酸性に保って悪玉菌の繁殖を防ぐ」は正に軟便を解消するカギとなります。

 

そして、この短鎖脂肪酸による腸内環境の改善は軟便だけでなく下痢や便秘にもまとめて効果がありますし、ひいてはストレスの軽減にすら効果があるのです。

短鎖脂肪酸を増やすならオリゴ糖!

オリゴ糖

短鎖脂肪酸を増やす方法は色々ありますが、その中でもオリゴ糖が最も効果的です。

 

オリゴ糖は消化されない小糖類のことで、消化されずに大腸へ届けられてビフィズス菌のエサになって短鎖脂肪酸を生み出します。

 

水溶性食物繊維もビフィズス菌のエサになりますが、オリゴ糖よりも分子量が大きくなかなか分解されないという難点があります。

 

特に腸内環境が悪化している状態であればなおさら、分解しやすいオリゴ糖のほうが効果的なのです。

 

オリゴ糖が何なのかよくわからない!という人はオリゴ糖とは何か?の話からまずご覧いただければと思います。

 

オリゴ糖がもたらす効果について詳しくお話しているので、是非参考にしてくださいね。

 

オリゴ糖は軟便、便秘、下痢といったあらゆるウンチのトラブルを改善してくれるだけでなく、本当に様々な健康効果をもたらしてくれます。

 

 

何よりも色々な食べ物や飲み物に入れることが出来て使い勝手がよく、続けやすいのが利点ですね。

 

おまけに薬に頼らずに済むので安全、というメリットもあります。

まとめ:腹痛なしなのに軟便が続く原因とは?下痢との違いとは?

 

軟便は理想的なうんちより水分量が多く、下痢よりは少ないという中間の状態のウンチのことを言います。

 

下痢のような緊急性は無いものの、慢性的にウンチが緩い状態が続いているとしたらそれは腸内環境が悪化しているサインと見るべきで、実際に腸内環境が悪化していると下痢になることがあります。

 

あるいはストレスによる過敏性腸症候群も軟便が続く原因になりますが、これらをまとめて解決してくれるのは腸内で作り出される短鎖脂肪酸であり、その元になる物質が難消化性のオリゴ糖なのです。

オリゴ糖ならこれ!

オリゴ糖をお探しでしたら、すでに実績があって口コミでの評判も良好なものを買うのをオススメします。

 

私が使っているオリゴ糖は数種類のオリゴ糖を黄金比率でブレンドした高純度のオリゴ糖というもので、「日本一売れているオリゴ糖」でもありその実績と信頼は確かなもので、妊婦や赤ちゃんでも安心して使うことが出来ます。

カイテキオリゴ

オリゴ糖にも色々な種類がありすぎてどんなオリゴ糖を選んだら良いかわからないという方は是非このオリゴ糖を参考にしてくださいね。

 

>>日本一売れているオリゴ糖の公式サイトはこちらです!

 

私も使ってみて便秘が解消しましたし、実際に使っての詳細なレビューも書いています。日本一売れているオリゴ糖を詳しく知りたいという方はそちらもご覧ください。

 

>>日本一売れているオリゴ糖の効果を徹底解説しました!

sponsored link
良い記事だと思ったらシェアお願いします!