良い記事だと思ったらシェアお願いします!

硬水は便秘解消の効果があるとか、あるいは飲み過ぎると下痢になるという風に言われています。

 

硬水というとミネラルウオーターではEvianが有名でしょうか。

 

果たして硬水を飲むことによって便秘解消に効果があるのか?下痢が引き起こされてしまうのか?

 

こちらでは硬水の効果についてお話していきたいと思います。

sponsored link

硬水とは

「硬水」と「軟水」の違いは、水にどれだけのマグネシウムとカルシウムが含まれているかにあります。

数値的な定義で言えば、WHO(世界保健機関)が定めたものによれば

 

硬度が120mg/l以下・・・軟水

硬度が120mg/l以上・・・硬水

 

とされています。

 

日本の水は地域によって軟水だったり硬水だったりするのですが概ね「軟水」に分類されます。

 

これは海に囲まれた島国である日本の地形にもよるところがありますね。

 

日本とは反対に硬水が多いのがヨーロッパですが、ヨーロッパでは大陸が地続きになっていることや川が長いことから生活水が硬水になります。

 

簡単に言うと、硬水はミネラルを補給できる水ということですね。

ミネラルの吸収

マグネシウムやカルシウムなどはいわゆる「ミネラル」という呼び方をされますが、そもそもこのミネラルというのは主に金属イオンのことを指します。

 

ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、亜鉛といった金属そのままでは吸収できないので、それを胃酸などで溶かすことによりイオン化されて初めて吸収が出来るようになります。

 

ちょっと難しい化学の話になりますが、ナトリウムやカリウムは一価のイオン(Na+、K+)で、マグネシウムやカルシウムは二価のイオン(Mg2+、Ca2+)という違いがあり、これらの具体的な違いは何かというと「安定性」です。

 

一価のイオンというのは非常に安定しており、そのままイオン状態を保つことが出来て吸収しやすいのですが、二価のイオン(つまりマグネシウムやカルシウム)は不安定で、アルカリ性の膵液などで中和されて脂肪酸と結合して不溶性の塩(えん)を作成し、腸から吸収することが困難になります。

 

ナトリウムやカリウムに比べてマグネシウムやカルシウムといったミネラルが不足しがちになるのは、二価イオンが不安定で吸収されにくいというのが理由なのです。

 

そういった意味でも不足しがちなマグネシウムやカルシウムを取れる硬水は効果的と言えるでしょう。

硬水で便秘解消の効果や下痢になってしまう理由は

なぜマグネシウムやカルシウムを多く含む硬水を飲むと便秘解消出来たり、下痢になってしまう人がいるのでしょうか?

 

それは「マグネシウムやカルシウムを吸収できていない」というのが原因です。

 

上記のようにマグネシウムやカルシウムのような二価のイオンは不安定で、脂肪酸と結合して腸から吸収されにくい塩(えん)を作ります。

 

こういった吸収されにくい物質が大腸内に多く溜まると、その物質が作る水溶液の濃度を下げようという働きが起こります。

 

これは「浸透圧」というもので、良く「ナメクジに塩をかけるとしぼんでしまう」現象で例えられます。

分かりやすく言えば、「濃度が高い液体を薄めるために他から水分を引っ張ってくる」という状態ですね。

 

本来、水分は大腸で吸収されます。

 

それにより便は適度な水分を保つわけですが、水分の吸収がうまくいかないと水っぽい便になります。これが下痢ですね。

 

吸収できない物質が大腸に多く存在すると高濃度の液体を作成するので、そこに浸透圧が働いて薄めようとします。

 

すると水分を吸収するのではなく、逆に腸から水分を引っ張ってくるので便が水っぽくなって下痢になります。

 

この浸透圧性の下痢はキシリトールのように消化できないものであれば何でも起こります。

逆にそれを便秘解消に利用したりもしますね。

 

こういった浸透圧を利用した便秘薬には「酸化マグネシウム」がありますね。

 

酸化マグネシウムは腸では吸収されにくく、水分を吸収するので浸透圧が働いて便が柔らかくなって便秘解消に効果を発揮します。

 

つまり硬水によるミネラルの摂取は、便秘薬である酸化マグネシウムと同じ現象が起こっていると言えるでしょう。

 

だから硬水によって便秘解消効果があったり下痢になってしまう人が現れます。

 

日本人がヨーロッパに旅行に行って水を飲むと下痢になる人は多いですよね。

合わせて読みたい!  ”痩せ菌”酪酸菌の効果は?増やす食事やサプリメントは?


sponsored link

 

そしてそれは、せっかく硬水でミネラルを摂取しても大腸でうまく吸収できていないということの現れでもあります。

 

硬水で便秘解消というのはともかく下痢になってしまうのは防ぎたいところですし、せっかく硬水を飲むとしたらミネラルの吸収を高めたいというのがありますよね。

硬水のミネラルの吸収率を高めるために腸内の酸性度を上げる

硬水に含まれるミネラルを吸収しやすくするには、二価イオンが脂肪酸と結合してしまった塩(えん)を溶かしてあげることです。

 

そのためには胃酸が金属をイオンにするように「」が必要です。

 

とはいえ「酸」を直接飲んでも意味がありません。

 

まず酸を直接飲むということも危険ですし、そもそも胃酸という強い酸に阻まれて吸収されてしまって大腸には届かないからです。

 

実は腸というのは自力で「酸」を作る作用があります。

 

大腸にいるビフィズス菌などの善玉菌がその役目を担います。

ビフィズス菌

ビフィズス菌はオリゴ糖や食物繊維といった難消化性の糖質をエサにして、自身の数を増やしたり短鎖脂肪酸を生み出します。

 

この短鎖脂肪酸こそがミネラル吸収率向上のカギとなります。

 

短鎖脂肪酸は具体的には酢酸、酪酸、プロピオン酸などで、乳酸を含むこともあります。

 

これらが大腸内を酸性にしてマグネシウムやカルシウムの脂肪酸との塩を溶かして吸収しやすくしてくれます。

短鎖脂肪酸がもたらす驚くべき効果

短鎖脂肪酸がもたらす効果は、腸内を酸性にしてミネラルの吸収率をアップさせるだけではありません。

 

・腸内を酸性に保って悪玉菌の繁殖を防ぐ
・腸の蠕動運動を活性化させる(便秘解消)
・病原菌などの有害物質から守るバリア機能の強化
・余計な脂肪の分解
・糖尿病の予防
・免疫機能の調節によるアレルギー抑制
・大腸がんの予防
・妊娠しやすい体づくり

 

こういった体の様々なところに効果があるのが短鎖脂肪酸です。

 

蠕動運動を活性化して便秘解消出来るというのもポイントです。硬水による浸透圧を利用しなくとも、自然に排便をスムーズに出来るのが短鎖脂肪酸なのです。

 

巷ではよく

「腸内環境の改善」
「腸活」
「腸内フローラの改善」

なんて言われていますが、すべてはこの短鎖脂肪酸を作り出すことが最終目標です。

 

そして、先ほど少しお話しましたが腸内で短鎖脂肪酸を生み出すためにはビフィズス菌、オリゴ糖、食物繊維などがカギになります。

 

その中でも特にオリゴ糖を取ることはオススメです。

オリゴ糖

最も効果が出やすく続けやすいからです。

 

オリゴ糖が何なのかよくわからないという人は、オリゴ糖がもたらす効果の話をご覧いただければと思います。

 

硬水による下痢の治し方というよりは、硬水を飲んでも下痢にならない予防法としての話になってしまいましたね。

 

とにかく硬水による効果を最大限に享受するために、硬水を飲んでも下痢にならずに吸収できるようにする対策として、腸内環境を整えることが大事なのです。

まとめ:硬水には便秘解消の効果がある?下痢になる時の治し方は?

硬水とはマグネシウムやカルシウムを多く含む水のことです。

 

マグネシウムやカルシウムなどの二価のイオンは不安定で脂肪酸と結合しやすく、腸から吸収しづらいという性質を持っています。

 

吸収しづらい物質が大腸にたまると浸透圧により便に水分が多くなって便秘解消の効果もありますが行き過ぎると下痢になってしまいます。

 

マグネシウムやカルシウムの吸収率を上げるには、短鎖脂肪酸により腸内の酸性度を上げることであり、そのために腸内環境の改善が必要になってきます。

 

そして腸内環境の改善に最も効果的なのはオリゴ糖なのです。

オリゴ糖ならこれ!

オリゴ糖をお探しでしたら、すでに実績があって口コミでの評判も良好なものを買うのをオススメします。

 

私が使っているオリゴ糖は数種類のオリゴ糖を黄金比率でブレンドした高純度のオリゴ糖というもので、「日本一売れているオリゴ糖」でもありその実績と信頼は確かなもので、妊婦や赤ちゃんでも安心して使うことが出来ます。

カイテキオリゴ

オリゴ糖にも色々な種類がありすぎてどんなオリゴ糖を選んだら良いかわからないという方は是非このオリゴ糖を参考にしてくださいね。

 

>>日本一売れているオリゴ糖の公式サイトはこちらです!

 

私も使ってみて便秘が解消しましたし、実際に使っての詳細なレビューも書いています。日本一売れているオリゴ糖を詳しく知りたいという方はそちらもご覧ください。

 

>>日本一売れているオリゴ糖の効果を徹底解説しました!

腸内環境の全てがわかる無料メール講座

あなたは「腸は全ての臓器のルーツ」ということをご存知ですか?   便秘だけではない!ダイエット、美肌、妊活・・・ あらゆる健康に関わる「腸内環境」の全て を伝える無料メルマガ ※注意 驚きすぎて下痢になっても一切責任は負いません。   ビフィズス菌・乳酸菌だけではダメだった!? 世の中のほとんどが知らない「第三の善玉菌」の重要性とは?   ※登録はこちらです  

 

※登録はこちらです  

sponsored link
良い記事だと思ったらシェアお願いします!