良い記事だと思ったらシェアお願いします!

抗生物質を飲んでいると、副作用として「下痢」の症状が現れる事があります。

子供 腹痛

 

確かに薬には副作用がつきものですが、なぜ抗生物質を飲むと下痢になってしまうのでしょうか?またそれはいつまで続くのでしょうか?

 

特に子供に抗生物質を与えている時なんかは不安ですよね。子供は自分の体の症状をうまく説明できないということもありますし・・・

 

今回は抗生物質と下痢の関係と、下痢になってしまった時の対処法についてお話していきたいと思います。

 

sponsored link

抗生物質とは?

そもそも抗生物質とは何なのかというと、これは「カビや放線菌などの微生物によって作られ、 他の微生物や生細胞の発育を阻害する有機物質」とされています。

 

要するに微生物が元々持つ殺菌能力を薬として応用したものです。こう書くと「天然由来の薬!」なんて言い方も出来るかもしれませんが、そもそも「天然か人工か」で安全性を測ろうとするのはあまり意味のないことです。

 

抗生物質をもっとわかりやすく言えば「生き物を殺す物質」です。それは「抗生」という字からも、英語で「antibiotics」という表現をすることからもわかります。

 

だからこそ細菌への感染が疑われる時、または防止したい時に抗生物質が治療のために処方されるのです。

抗生物質でなぜ下痢になるのか?

抗生物質を飲むと下痢になってしまう原因は、その「細菌を殺す」という性質にあります。

 

抗生物質が悪い細菌を殺すために作られたのですから当然ですね。

 

つまり、抗生物質を飲むとやっつけたい病原菌だけに留まらず、体の中にある腸内細菌も死滅させてしまうのです。それも、善玉菌も悪玉菌も根こそぎです。

腸内細菌

私たちは便宜上「善玉菌」「悪玉菌」なんていう風に分けて考えたりしますが、本来は腸内細菌に前も悪もありません。

 

「悪玉菌」なんて名前のイメージから、ものすごい悪さをしていそうな印象を受けますが、悪玉菌は悪玉菌でサルモネラ菌などの超有毒な細菌を殺菌してくれたりするので人体にとっては必要な腸内細菌なのです。もちろん悪玉菌が増えすぎるのは問題ですけどね。

 

こうして抗生物質により善玉菌も悪玉菌も死滅させられた腸は当然弱っています。だから外部から有害な細菌や病原菌が入ってきてもこれを処理することができず、結果として下痢になってしまうのです。

下痢で済めばまだ良いのかもしれませんね。本来悪玉菌が退治してくれるべきサルモネラ菌などを無防備に受け入れてしまうと考えるとなかなか恐ろしいものがあります。

 

さらに怖いのは、本来なら増殖しないような抗生物質にも負けない耐性を持った菌が異常繁殖してしまう「菌交代現象」が起こることも懸念されます(目上の人が居なくなった途端に急に偉そうになる人みたいですねw)。

 

また抗生物質により腸内細菌が減ると、善玉菌のビフィズス菌が生み出す短鎖脂肪酸が担っていた免疫調節機能も落ちることになりますので、さらに抵抗力が弱ってしまうという悪循環にも陥ります。

 

免疫力が落ちていると、菌交代現象で増殖した菌が他の器官に侵入して「日和見感染症」をも引き出す・・・という悪循環ですね。

抗生物質による下痢はいつまで続くのか?

抗生物質による下痢がいつまで続くのか?ということですがこれは死滅した腸内細菌の数が元に戻るまでは続くということになるでしょう。

 

どれくらいで死滅した腸内細菌がもとに戻るのか、というのは人によりますが少なくとも数週間くらいはかかることが予想されます。

 

単に抗生物質を飲み終えたりやめたりしたからすぐ戻るという話ではありません。

抗生物質による下痢の対処法は?

 

抗生物質による下痢は通常の下痢とは考え方が少し異なります。

 

通常の下痢は腸内環境が悪化して悪玉菌が繁殖してしまっている状態なのですが、抗生物質による下痢はそれすらも死滅してしまっているという特殊な状態です。

 

単に下痢止め薬とか下痢止めサプリを飲めばいいという話ではないんですね。

 

抗生物質による下痢を発症した時の対処法は、当然ですがまず「抗生物質の服用をやめること」です。

 

そして次に考えるべき対処法は「減ってしまった腸内細菌を増やすこと」。

 

どのようにして腸内細菌を増やしていけば良いのでしょうか?

ヨーグルトにはあまり期待出来ない?

ヨーグルト

腸に良い食べ物として代表的なものは「ヨーグルト」がありますね。

 

ヨーグルトの謳い文句として「乳酸菌」がよく言われますが、実は乳酸菌は大腸に住む善玉菌のうち0.01%にも満たないほどの数しか住んでいません。善玉菌の99.9%ビフィズス菌なのです。

ビフィズス菌

そしてその善玉菌のほぼすべてを占めるビフィズス菌ですら、腸内細菌全体で見ればせいぜい1割~2割程度の生息数です。

 

善玉菌のほかには悪玉菌や日和見菌などが存在しており、腸内で勢力を広げようとせめぎ合っています。

 

こんな激しい競争が繰り広げられている腸内環境で、乳酸菌を外部から取り入れることによる影響などたかが知れているのです。

 

乳酸菌を摂取した人の糞便から摂取したのと同じ量の乳酸菌が検出された、なんて話もあるくらい外部からの乳酸菌は定着しづらいのです。

 

まあ中には効果がある乳酸菌もありますが、通常の乳酸菌ではそれほど効果は期待できません。

 

そして前述の話でも分かるように善玉菌のほとんどを占めるのが「ビフィズス菌」です。

 

つまりビフィズス菌を増やすことが腸内環境を整えるということにつながるわけですが、そのためには

 

①ビフィズス菌そのものを摂取する
②腸内のビフィズス菌を増殖させる

 

という二つのアプローチが考えられます。

①ビフィズス菌そのものを摂取する

ビフィズス菌

ビフィズス菌がなくなったからビフィズス菌を摂取する、という分かりやすい考え方です。

 

このビフィズス菌を直接取り入れる考え方は「プロバイオティクス」とも呼ばれており、プロバイオティクスの代表はヨーグルトです。

ヨーグルト

ヨーグルトの製造過程においてビフィズス菌を人工的に付与しているのでヨーグルトにビフィズス菌は含まれます。

 

実はビフィズス菌というのは酸素に非常に弱い菌で、基本的に生体の大腸内にしか存在していません。

 

 

ヨーグルトは容器に密封させてなるべく酸素に触れない状態にしているとはいえ表面部分はどうしても空気に触れてしまいますし、食べる時にかき混ぜることも多いのでどうしても酸素に触れやすいのです。

 

そしてヨーグルトの定番の謳い文句である

生きたまま腸に届いて増える乳酸菌

というのは

1.善玉菌全体に占める乳酸菌の割合は1%以下
2.外部から取った乳酸菌が腸内で増殖したという実験報告はこれまでに0
3.そもそも乳酸菌は生きたまま取る必要が無い

というツッコミどころ満載の内容になっています。

合わせて読みたい!  ”痩せ菌”酪酸菌の効果は?増やす食事やサプリメントは?


sponsored link

 

ヨーグルトに対する悪口はこちらで詳しくお話しています。

 

だから私は基本的にヨーグルトをあまりオススメしていないのですが・・・今回は抗生物質によって腸内細菌全体が死滅してしまっている状態のお話です。

 

ヨーグルトなどのプロバイオティクスは死滅してしまった腸内細菌を補う応急処置的な効果が期待できるので良いと思います。

 

そもそもプロバイオティクス(probiotics)は元々ギリシャ語で「生命の益になるもの」を意味する言葉で、抗生物質(antibiotics)とは対をなす言葉ですからね。

②腸内のビフィズス菌を増殖させる

ビフィズス菌を外から取り入れるのではなく、腸内にあるビフィズス菌を増殖させるエサを取り入れるという考え方です。

 

これは「プレバイオティクス」という考え方なのですが、オリゴ糖や食物繊維といったものがビフィズス菌のエサになって増殖します。

 

オリゴ糖

これはビフィズス菌を直接取る「プロバイオティクス」と違って消化液で壊されることもありませんし、腸内にビフィズス菌が増えてきてもプロバイオティクスのように増殖が鈍ることもありませんので私がいつもオススメしています。

 

オリゴ糖や食物繊維は難消化性の糖質なので小腸では吸収されずに大腸に届き、ビフィズス菌のエサになります。

 

 

 

中でもオリゴ糖は使い勝手の面から見ても抜群で、すき焼きや肉じゃがに加えても良し、パンやケーキなどお菓子に加えても良し、餃子やハンバーグのタネに使っても良し、単にコーヒーに入れて飲むだけでも良し、と何でもありです。

 

と、いつもならオリゴ糖をオススメするところなのですが・・・・今回は、何度も言いますが抗生物質によって細菌が死滅してしまっている状態の話です。

 

ビフィズス菌を増やそうにもすでにかなり減っている状態なので、オリゴ糖本来の力を発揮できない可能性があります。

 

さらに厄介なのはオリゴ糖の「難消化性」が下痢を引き起こすということが懸念されます。

消化されない物質を大量に取ると浸透圧性の下痢を引き起こすからです(キシリトール配合のガムと同じ現象)。

 

このことからもいつものように「オリゴ糖が万能!」と強く言えないところがあります。

 

だから

①外部から善玉菌を摂取する
②オリゴ糖や食物繊維を摂取する

という二つを合わせた方法を取るのが一番良いと思います。

オリゴ糖を取ることで一緒に取った善玉菌が活性化しやすいという相乗効果もありますからね。

 

善玉菌&オリゴ糖&食物繊維をバランス良く取れるサプリメント

以上のことを踏まえると

・善玉菌を取れる
・善玉菌を活性化できるオリゴ糖&食物繊維を取れる

 

というバランスの良いサプリメントこそが抗生物質による下痢の改善において最も効果を発揮するでしょう。

 

これは正直言って通常の食品では難しいところがあるので、サプリメントが手っ取り早いでしょう。

 

サプリメントと聞くとちょっと抵抗があるかもしれませんが、これはあくまでも「栄養補助食品」なので薬のような副作用は心配いりません。

 

使い方次第はすごく役に立つのがサプリメントですからね。

 

そこでオススメしたいのは善玉ガードというサプリメントです。

善玉ガードは本来、子供のお腹のグズグズや便秘、アレルギーなどを内側からケアするために作られたサプリメントです。

 

 

子供のために作っているのでヨーグルト味のキャンディーで続けやすいですね。

まだ未熟な子供のために作っているので体に非常に優しいのです。

 

だから抗生物質で腸内細菌が減ってしまった体にはピッタリだと思いますね。

 

そして子供用とはいえ大人が使っても効果があります。

 

成分を見ると分かるのですが、先ほど私が「抗生物質の下痢を改善するサプリの条件」として挙げた

①善玉菌を含む
②オリゴ糖&食物繊維を含む

をちゃんと満たしています。

 

具体的には

・花粉症改善に効果があるビフィズス菌bb536
・免疫力向上の特許取得の乳酸菌LCKT-11
・フラクトオリゴ糖
・アカシア樹脂由来の水溶性食物繊維

が入っていて、別に子供専用の成分というわけではないからです。

 

子供用に買ったものを親も一緒に食べて腸内環境改善というのが主な使い方ですしね。

 

ただ抗生物質の下痢って子供の病気と関係していることが多いですよね。風邪などでどうしても抗生物質を飲ませないといけないこともありますしね。

そういう時は大抵ビオフェルミンなども一緒に出されると思いますが、万全を期すならこの善玉ガードも食べさせてあげるとより良いでしょう。

 

ビオフェルミン(下痢止め)にはビフィズス菌は含まれているもののオリゴ糖や食物繊維は含まれていないですからね。

 

腸に免疫細胞の6割が集結しているように腸内環境と免疫力は密接な関係があります。

 

抗生物質によって免疫力が低下している状態は非常に危険で、別の病気を併発する可能性もあるので早急に腸内環境を整えましょう。

 

根本的に体質改善することが出来ればそもそも抗生物質のお世話になる機会も減りますからね。

 

善玉ガードは主に便秘の改善に重きを置いていますが、腸内環境の悪化としての、下痢も含めた腸内環境のトータルケアができます。

 

善玉ガードについてはもう少し詳しく解説した話があるのでそちらを参考にしてくださいね。

 

>>善玉ガードの詳細な解説はこちら

 

まとめ:抗生物質による下痢の対処法とは?いつまで続くのか?

抗生物質はその名前の通り生物を死滅させるもので、腸内細菌もそのうちの一つです。

 

抗生物質は腸内の善玉菌も悪玉菌もまとめて死滅させるので、外部からの有害な細菌や病原菌から守る力が衰えて下痢になってしまいます。

 

死滅してしまった腸内細菌(特に善玉菌)を増やすためにはまず

①善玉菌そのものを取る
②善玉菌のエサになるような物質を取る

という二つの方法が考えられますが、抗生物質によって腸内細菌が死滅している場合には両方をバランス良く取るのが良いでしょう。

 

そのためにオススメなのは善玉ガードというサプリメントです。

 

本来は子供向けのサプリメントですが大人が取っても効果的です。

 

>>善玉ガード公式サイト<<

 

良い記事だと思ったらシェアお願いします!