良い記事だと思ったらシェアお願いします!

抗生物質を飲んでいると、副作用として「下痢」の症状が現れる事があります。

 

確かに薬には副作用がつきものですが、なぜ抗生物質を飲むと下痢になってしまうのでしょうか?またそれはいつまで続くのでしょうか?

 

今回は抗生物質と下痢の関係についてお話していきたいと思います。

 

sponsored link

抗生物質とは?

そもそも抗生物質とは何なのかというと、これは「カビや放線菌などの微生物によって作られ、 他の微生物や生細胞の発育を阻害する有機物質」とされています。

 

要するに微生物が元々持つ殺菌能力を薬として応用したものです。こう書くと「天然由来の薬!」なんて言い方も出来るかもしれませんが、そもそも「天然か人工か」で安全性を測ろうとするのはあまり意味のないことです。

 

抗生物質をもっとわかりやすく言えば「生き物を殺す物質」です。それは「抗生」という字からも、英語で「antibiotics」という表現をすることからもわかります。

 

だからこそ細菌への感染が疑われる時、または防止したい時に抗生物質が治療のために処方されるのです。

抗生物質でなぜ下痢になるのか?

抗生物質を飲むと下痢になってしまう原因は、その「細菌を殺す」という性質にあります。

 

つまり、抗生物質を飲むとやっつけたい病原菌だけに留まらず、体の中にある腸内細菌も死滅させてしまうのです。それも、善玉菌も悪玉菌も根こそぎです。

腸内細菌

私たちは便宜上「善玉菌」「悪玉菌」なんていう風に分けて考えたりしますが、本来は腸内細菌に前も悪もありません。

 

「悪玉菌」なんて名前のイメージから、ものすごい悪さをしていそうな印象を受けますが、悪玉菌は悪玉菌でサルモネラ菌などの超有毒な細菌を殺菌してくれたりするので人体にとっては必要な腸内細菌なのです。もちろん悪玉菌が増えすぎるのは問題ですけどね。

 

こうして抗生物質により善玉菌も悪玉菌も死滅させられた腸は当然弱っています。だから外部から有害な細菌や病原菌が入ってきてもこれを処理することができず、結果として下痢になってしまうのです。

 

下痢で済めばまだ良いのかもしれませんね。本来悪玉菌が退治してくれるべきサルモネラ菌などを無防備に受け入れてしまうと考えるとなかなか恐ろしいものがあります。

 

また抗生物質により腸内細菌が減ると、善玉菌のビフィズス菌が生み出す短鎖脂肪酸が担っていた免疫調節機能も落ちることになりますので、さらに抵抗力が弱ってしまうという悪循環にも陥ります。

抗生物質による下痢はいつまで続くのか?

抗生物質による下痢がいつまで続くのか?ということですがこれは死滅した腸内細菌の数が元に戻るまでは続くということになるでしょう。

 

どれくらいで死滅した腸内細菌がもとに戻るのか、というのは人によりますが少なくとも数週間くらいはかかることが予想されます。

 

抗生物質による下痢の対処法は?

抗生物質による下痢を発症した時の対処法は、当然ですがまず「抗生物質の服用をやめること」です。

 

そして次に考えるべき対処法は「減ってしまった腸内細菌を増やすこと」。

 

どのようにして腸内細菌を増やしていけば良いのでしょうか?

ヨーグルトにはあまり期待出来ない?

ヨーグルト

腸に良い食べ物として代表的なものは「ヨーグルト」がありますね。

 

ヨーグルトの謳い文句として「乳酸菌」がよく言われますが、実は乳酸菌は大腸に住む善玉菌のうち0.01%にも満たないほどの数しか住んでいません。善玉菌の99.9%がビフィズス菌なのです。

 

そしてその善玉菌のほぼすべてを占めるビフィズス菌ですら、腸内細菌全体で見ればせいぜい1割~2割程度の生息数です。

 

善玉菌のほかには悪玉菌や日和見菌などが存在しており、腸内で勢力を広げようとせめぎ合っています。

 

こんな激しい競争が繰り広げられている腸内環境で、乳酸菌を外部から取り入れることによる影響などたかが知れているのです。

 

乳酸菌を摂取した人の糞便から摂取したのと同じ量の乳酸菌が検出された、なんて話もあるくらい外部からの乳酸菌は定着しづらいのです。

 

前述の話でも分かるように善玉菌のほとんどを占めるのが「ビフィズス菌」です。

 

つまりビフィズス菌を増やすことが腸内環境を整えるということにつながるわけですが、そのためには

sponsored link

 

①ビフィズス菌そのものを摂取する
②腸内のビフィズス菌を増殖させる

 

という二つのアプローチが考えられます。

①ビフィズス菌そのものを摂取する

ビフィズス菌

ビフィズス菌がなくなったからビフィズス菌を摂取する、という分かりやすい考え方です。

 

このビフィズス菌を直接取り入れる考え方は「プロバイオティクス」とも呼ばれています。

 

プロバイオティクスのヨーグルトというのを聞いたことがあると思いますが、実はヨーグルトにもビフィズス菌は含まれているのです。

 

ただしそのビフィズス菌はヨーグルトが発酵する過程で出来上がったのではなく、製造過程で意図的に付与しているに過ぎません。

 

このプロバイオティクスという考え方は、腸内環境が悪化している初期の段階ではある程度効果があると思いますが段々効果が薄れていきます。

 

善玉菌を摂取して腸内に定着していけば腸内に善玉菌が増えていくので、同じ量を毎日取り入れたとしたら相対的に段々効きづらくなっていくはずですよね。

 

そして、摂取する過程で胃酸や胆汁酸などの強力な消化液に浸されて大腸に届けられる前に死滅してしまう恐れもあります。

②腸内のビフィズス菌を増殖させる

ビフィズス菌を外から取り入れるのではなく、腸内にあるビフィズス菌を増殖させるエサを取り入れるという考え方です。

 

これは「プレバイオティクス」という考え方なのですが、食物繊維オリゴ糖といったものがビフィズス菌のエサになって増殖します。

 

オリゴ糖

これはビフィズス菌を直接取る「プロバイオティクス」と違って消化液で壊されることもありませんし、腸内にビフィズス菌が増えてきてもプロバイオティクスのように増殖が鈍ることもありませんのでオススメです。

 

特にオリゴ糖はオススメですね。

 

オリゴ糖というのは消化されにくい小糖類のことです。

 

食物繊維も消化されない糖質やタンパク質の総称なのですが、オリゴ糖のほうが分子が小さいのでビフィズス菌のエサにされやすいのです。

 

特に、抗生物質で腸内細菌が死滅してしまっている場合には食物繊維を取っても効果がイマイチ発揮できないのでオリゴ糖のほうが効果的でしょう。

 

何よりも、オリゴ糖は色々な料理に加えたり飲み物に加えたりと非常に使い勝手が良いです。

 

すき焼きや肉じゃがに加えても良し、パンやケーキなどお菓子に加えても良し、餃子やハンバーグのタネに使っても良し、単にコーヒーに入れて飲むだけでも良し、と何でもありです。

 

あるいはヨーグルトにオリゴ糖を入れるなんてのも良いですね。

 

これはプロバイオティクスとプレバイオティクスの両方の効果を発揮できるのでオススメです。

 

腸内環境を整えること、オリゴ糖を摂取することによるメリットは、単に抗生物質による下痢体質を改善するだけに留まらず様々な効果を発揮します。

 

特に私が使っているオリゴ糖は最も効果が高いのでオススメです。そちらも参考にしてください。

まとめ:抗生物質による下痢の対処法とは?いつまで続くのか?

抗生物質はその名前の通り生物を死滅させるもので、腸内細菌もそのうちの一つです。

 

抗生物質は腸内の善玉菌も悪玉菌もまとめて死滅させるので、外部からの有害な細菌や病原菌から守る力が衰えて下痢になってしまいます。

 

死滅してしまった腸内細菌(特に善玉菌)を増やすためには

①善玉菌そのものを取る
②善玉菌のエサになるような物質を取る

という二つの方法が考えられますが、善玉菌そのものを取る方法は時間が経つと効果が薄れていくので長期的に見ると ②善玉菌のエサになるような物質を取る 方法のほうがオススメです。

 

そして善玉菌のエサになる物質で最も効果が高いのはオリゴ糖です。

オリゴ糖ならこれ!

オリゴ糖をお探しでしたら、すでに実績があって口コミでの評判も良好なものを買うのをオススメします。

 

私が使っているオリゴ糖は数種類のオリゴ糖を黄金比率でブレンドした高純度のオリゴ糖というもので、「日本一売れているオリゴ糖」でもありその実績と信頼は確かなもので、妊婦や赤ちゃんでも安心して使うことが出来ます。

カイテキオリゴ

オリゴ糖にも色々な種類がありすぎてどんなオリゴ糖を選んだら良いかわからないという方は是非このオリゴ糖を参考にしてくださいね。

 

>>日本一売れているオリゴ糖の公式サイトはこちらです!

 

私も使ってみて便秘が解消しましたし、実際に使っての詳細なレビューも書いています。日本一売れているオリゴ糖を詳しく知りたいという方はそちらもご覧ください。

 

>>日本一売れているオリゴ糖の効果を徹底解説しました!

sponsored link
良い記事だと思ったらシェアお願いします!