良い記事だと思ったらシェアお願いします!

高齢の妊活というのはなかなか厳しいものがありますよね。

若い時の結婚であっても社交辞令で「子供はまだ?」なんて聞いてくる人っていますよね。

 

その度に「ほっとけよ!」って内心怒っている人も多いと思いますが、高齢で不妊だと実の親に「孫の顔は見せてもらえそうにないわね」と嫌味を言われたなんて話もあります。

 

特に高齢の妊活の中でも40代のそれは深刻で
42歳妊娠したい
43歳妊娠したい
44歳妊娠したい

 

こんな風に、具体的な年齢と一緒に「妊娠したい」というキーワードで検索している人が結構いるみたいなのです(月間で数百件くらい)。それだけ切実に悩んでいるのですね~。

悩む女性

一般に高齢出産というのは30代からですし、30代での妊娠・出産したという例はいくつもありますので、ある意味「まだ自分も大丈夫かな」という安心感があるのでしょう。そして40代という節目を迎えると途端に不安になってしまうのでしょうね。

 

だから42歳とか43歳とか44歳とかの「具体的な年齢」+「妊娠したい」というワードで検索する切羽詰まった人たちが多いのでしょう。何とか自分と同じ年齢でも妊娠した人がいた、という事実を知ることで安心したいといったところでしょうか。

 

そんな42歳、43歳、44歳たちの「妊娠したい!」という切実な願いを叶えることが出来るかもしれない妊活サプリメントを紹介していきますね。

sponsored link

高齢妊娠の可能性はどれくらいなのか?

女性は加齢とともに妊娠の可能性が低くなってしまうというのは残念ながら事実です。

 

それは、卵子の元となる「卵母細胞」というのは一生にその数が決まっており、体から放出する一方で増えないということと、卵母細胞が成熟して出来る卵子が加齢によって劣化をしてしまうから。

 

そうすると単純に卵子となる分母が減るのでそもそも精子と出会って受精卵になる確率も低くなり、老化した卵子は精子と出会ってもうまく結合できなかったりします。

 

そしてうまく受精しても、今度は加齢による子宮内膜の劣化の問題が立ちはだかり、うまく受精卵が着床しないのです。

このように妊娠までのメカニズムを考えれば、若い時のピーク時と比べて高齢になるほど妊娠の可能性が低くなるのは当然です。

自然妊娠とは何か?

それぞれの年齢ごとの自然妊娠の確率というのは

 

25歳・・・25~30%

30歳・・・25~30%

35歳・・・18%

40歳・・・5%

45歳・・・1%

 

という風に、35歳くらいを境にして加齢とともに妊娠の確率は下っていきます。これは前述の卵母細胞の減少や卵子の劣化によるもの。

 

だから35歳というのを1つの目安にして、33歳くらいまでに妊娠できるのが最も良いとされているんですね。

 

40%で5%じゃ42歳、43歳、44歳の私はもう無理なの・・・?

 

そんな
「42歳妊娠したい!」
「43歳妊娠したい!」
「44歳妊娠したい!」

という人たちの嘆きが聞こえてきそうですが、ちょっと待って下さい。

そもそもこの「自然妊娠」とは何なのかというと、「特別な治療をせず夫婦生活の中で自然に妊娠すること」を指します。

 

要は「特に何もしなくても妊娠しちゃった~!」という人の割合を示しているに過ぎません。

 

そこから高齢でも妊娠の確率を上げるために不妊治療を受けたり、妊活サプリメントを取ったり、あるいは人工授精体外受精という手段があります。

 

不妊治療というのは何も「医者に通って薬をもらって・・・」というものでなく、排卵日を意識して行為をする「タイミング法」というのも含みます。

 

これって別に医者に通わずとも「妊娠したい!」って人たちにとっては暗黙の了解でやってることですが、これすら考慮していないのが上記の「自然妊娠率」なのです。

 

だから42歳、43歳、44歳でも「自然妊娠率が5%以下だから・・・」と諦めないでくださいね。妊娠する確率を高める方法はいくらでもあるのですから。

 

その1つとして「妊活サプリを取ること」というのをオススメしていきたいと思います。

高齢出産のリスク「障害児」には葉酸!

おそらくこのページをご覧になっている方は

「42歳妊娠したい」
「43歳妊娠したい」
「44歳妊娠したい」

といった「40代だけどとにかく妊娠したい!」という切羽詰まっている人でしょうし、高齢妊娠のリスクも承知の上でそう願われていることだと思います。

 

しかしやはり高齢出産のリスクである「障害児を産む確率が高まる」という事実からは目を背ける事はできません。

 

まあ障害児のリスクというのは高齢出産のお母さんだけでなく若いお母さんの妊娠でも起こりうることではありますが、やはり加齢と共に確率が高まってしまうというのは事実です。

ダウン症

高齢出産で赤ちゃんが持ってしまう先天的障害の代表的なものにダウン症があります。

 

ダウン症は染色体異常により心疾患、極端な低筋力、低知能といった症状の他に低身長だったり、顔の外側が釣り上がって目つきが小さく、きつくなってしまうという外見上の症状が出ます。

 

だからダウン症の障害児はパッと見の外見でおおよその見当がつきます。

 

人生というのは「見た目」が悪いと損してしまうのは大人の皆さんならよくご存知でしょうし、「あの子ダウン症じゃない?」と心無い周囲の声を浴びせられることで本人も親も傷つくでしょう(見ただけではわからない障害にも「周囲に理解されない」という苦しみはありますが・・・)。

 

何よりも我が子を見るたびに「私が高齢出産したからこんな顔に産んでしまったんだ・・・」と後悔の念に苛まれるのは非常に苦しいですね。

二分脊椎症

ダウン症以外だと、「二分脊椎症」という障害も多いです。

 

二分脊椎症というのは、背中にある脊椎が文字通り二つに分かれ、皮膚から飛び出した状態になってしまっているという障害で、歩行障害排尿障害といった合併症を引き起こします。

 

これは一生介護してもらわなければならないという本人にとっても家族にとっても辛い障害です。

こういったダウン症や二分脊椎症といった障害のリスクを軽減するのが、ビタミンB群の一種である葉酸です。

 

厚生労働省も「神経管閉鎖障害のリスクを軽減するために1日400μgの葉酸を摂取すること」を推奨しています。

そして厚生労働省は通常の食事よりも「サプリメントで葉酸を取ること」を推奨しています。それは

・体に吸収されにくい
・加熱されて破壊されてしまう

という理由があるから。

 

だから妊活サプリというとこぞってこの「葉酸」の名前が出て来るというわけなんですね。

 

36歳の時の第一子を、40歳の時に第二子を、と高齢出産したことで有名な人に石田純一さんの奥さんである東尾理子さんがいますが、東尾理子さんは不妊治療~妊娠中の時までずっと「美的ヌーボ」という葉酸入りのサプリを飲んでいたことで障害を持たない元気なお子さんを産むことが出来ました。

だから葉酸を取るということは高齢出産に限らずとも重要なことです。

 

しかし単に葉酸だけを取っても思うような効果は得られません。元気な赤ちゃんを産む効果はあっても、そもそもの本題である「高齢でも妊娠したい!」という願いがかなえられるかどうかは別のところにあります。

 

そして42歳、43歳、44歳といった高齢での妊娠のカギは「腸内環境の改善」にあります。

腸内環境を改善すると妊娠しやすくなる理由とは

一見関係ないように思える「腸内環境と妊娠」ですが、実は大いに関係があります。

 

例えば妊娠中に便秘になりやすいというのがありますが、これは子宮と腸が平滑筋という筋肉でつながっているから。

 

妊娠すると受精卵のベッドである子宮内膜が固く厚くなって柔軟性を失うので、便を押し出す腸の蠕動運動も鈍って便秘になってしまうのです。

これは腸と妊娠が関係していることの一例ですが、もう少し「腸内環境を整えること」がなぜ妊娠しやすくなるのかというのを具体的に話していきましょう。

sponsored link

①栄養の吸収率がアップする

腸の大切さは散々お話してきましたが、それは

腸が栄養を吸収する最終窓口だから

というのがその理由です。

 

葉酸サプリを取ってもその栄養を吸収出来なければ意味がありません。

 

そして栄養を吸収する最終窓口は他ならぬ「」です。

 

だから腸を整えるということがすごく重要になってくるのです。

②免疫機能を調整する

人間の免疫機能の60%が腸に集結しており、腸内環境を整えることが免疫機能を向上させることにつながります。

 

例えば、善玉菌の代表でもあるビフィズス菌の粉末を投与すると花粉症が和らいだということも報告されています。

花粉症

アレルギーは、害ではないものに対して過剰に反応してしまうものですが、腸内環境が悪化していて免疫機能が混乱していると、花粉症と同じことが「精子」や「受精卵」に対して起こってしまい、精子や受精卵を花粉のように「異物」と認識し、攻撃してしまうのです。

 

だから腸内環境を整えて、免疫機能を整えることで妊娠しやすい体になるのです。

③卵巣を若返らせる

卵子の劣化によって受精しにくくなってしまうことは既にお話しました。これは実は便秘によって引き起こされるところもあるのです。

 

腸内環境が悪化していると便秘になりやすくなりますが、これは単にお腹が苦しいということ以上に「便が長く留まって有害物質を出してしまう」という危険性があります。

 

お腹に長く留まった便が腐敗し、有害物質を出し続けると今度はそれを逆に腸から吸収してしまうのです。

 

特に悪玉菌が作り出す「活性酸素」は老化を引き起こす有害物質として有名ですが、これが子宮内に過剰に存在することで卵巣を攻撃して老化させてしまうのです。

 

高齢で妊娠したい人にとっては「老化」というのは大敵ですから、それを防ぐために腸内環境を整えることが非常に重要になってくるのです。

 

この他にも
・便秘によって子宮が圧迫されるのを防ぐ
・ストレスによる排卵ホルモン分泌異常を防ぐ

といった効果が見込めるので、腸内環境を整えることは妊娠しやすい体づくりにつながっていきます。

もう少し詳しく腸と妊娠の関係を知りたい方はこちらでより詳細な話をしています。

腸内環境を整えるにはオリゴ糖とビフィズス菌

オリゴ糖

腸内環境を整えるためにはオリゴ糖ビフィズス菌が効果的です。

 

オリゴ糖というのは糖類がいくつか結合した形をした、人間が消化酵素を持たない「消化できない糖質」です。そしてビフィズス菌というのは大腸のみに存在する善玉菌で、オリゴ糖をエサにしています。

 

オリゴ糖を取ると、小腸で吸収出来ないのでここを通り越して大腸へと届けられます。

 

大腸へオリゴ糖が届けられると、ビフィズス菌がオリゴ糖をエサにして活性化し、自身の数を増やしたり短鎖脂肪酸を生み出してくれます。

ビフィズス菌

 

「腸内環境を整える」
「腸内フローラ改善」
「腸活」

といった様々な言い方がありますが、これらの最終目的はすべて「腸内で短鎖脂肪酸を生み出すこと」にあります。というのも短鎖脂肪酸がもたらす効果がものすごいからです。具体的には

 

・腸の蠕動運動を活性化して便秘を防ぐ
・余計な脂肪の蓄積を抑制する
・腸内を酸性に保って悪玉菌の繁殖を防ぐ
大腸がんを防ぐ
・免疫機能を調整してアレルギーを防ぐ

 

といった様々な健康効果をもたらしてくれるのが短鎖脂肪酸です。この短鎖脂肪酸を生み出すためには

 

オリゴ糖というエサを与えて自分の中にあるビフィズス菌を活性化させる
ビフィズス菌そのものを摂取することで腸内のビフィズス菌を増やす

 

という二つのアプローチが考えられます。

 

ただしビフィズス菌はいわゆる「生きたまま腸に届く」ものを選ばなければ、途中で胃酸胆汁酸などの強力な消化液に浸されて壊れてしまうので取っても意味がありません。

 

ちなみに短鎖脂肪酸を直接取るというのは無理です。取っても小腸で吸収されちゃうので大腸へ届かないし、そもそも短鎖脂肪酸を飲もうとしても臭くてとても飲めたものじゃありません。

私がオススメする高齢妊娠の妊活サプリはこちらです!

これまでの話で、葉酸、オリゴ糖、ビフィズス菌というのが高齢での妊娠のカギとなるということがおわかりいただけると思います。

 

しかし世の中の妊活サプリメントというのは葉酸に注目するだけでオリゴ糖やビフィズス菌のことも考えたものというのがあまりありません。

 

そして逆も然りで、オリゴ糖ビフィズス菌配合のものに葉酸が入っているということも稀です。

 

そこで私がオススメするのが「葉酸、オリゴ糖、ビフィズス菌を同時に取ることが出来るスルーラというサプリメントです。


スルーラには

・厚生労働省推薦のモノグルタミン酸型の葉酸
赤ちゃん由来の生きたまま腸に届くビフィズス菌
・ガラクトオリゴ糖、乳果オリゴ糖、フラクトオリゴ糖という三種類のオリゴ糖

 

という高水準で葉酸ビフィズス菌オリゴ糖を同時に取ることが出来るのです。

 

オリゴ糖は一種類を取るよりも複数種類を同時に取ったほうが効果が高いというのも考えられていますね。

 

葉酸、オリゴ糖、ビフィズス菌をいっぺんに取ることが出来る欲張りな妊活サプリはこのスルーラくらいでしょうね。

 

やはり高齢で妊娠できない人たちが悩んでこのスルーラを手にしていることが多いようで

 

・結婚した年齢が遅かったから妊娠できないの・・・?
・夫婦生活が破綻するほど精神的に追い詰められていた・・・
・夫が妊活に積極的じゃなくて一人で頑張って辛い・・・

 

そんな悩みを解決してきたのがこのスルーラです。他の妊活サプリを散々試して全く効果が出ず、「腸内環境なんてほんとに効果あるの・・・?」と半信半疑で試してみたら効果があったのだとか。

 

そして、41歳の人も使っているのがこのスルーラです。

 

色々な妊活サプリを試してきた「サプリメント難民」のママたちを救うために個別カウンセリングも行っていますので、販売会社の「絶対に効果を出させる!」という熱意を感じます。

 

 

これがあれば
・42歳妊娠したい!
・43歳妊娠したい!
・44歳妊娠したい!

そんな高齢妊娠を望むママたちの切実な願いへの光明となるのではないでしょうか。

 

スルーラについてもっと詳しく知りたい方は、私が徹底的にレビューしたものを別のところに書いていますので、そちらもご覧いただければと思います。

 

腸と妊娠の関係や、オリゴ糖ビフィズス菌がなぜ腸に良いのか、ということをさらに詳しく書いています。

 

こちらで書いたことと重複するところはありますが、参考にしていただけたらと思います。

 

>>スルーラのより詳細なレビューについてはこちらです!!

まとめ:42歳、43歳、44歳でも妊娠したい!高齢妊活にオススメのサプリは?

「42歳妊娠したい」
「43歳妊娠したい」
「44歳妊娠したい」

そんな自分の具体的な年齢を入れてしまうほど追い詰められている高齢妊娠を望むママたちにオススメのサプリメントのお話をしてきましたが、まとめると

 

・自然妊娠率は「何もしないで勝手に妊娠する確率」なので、42歳,43歳,44歳だからといって諦めてはいけない!
・高齢妊娠のリスク「障害児」は葉酸を取ることで軽減できる
・高齢で妊娠するためには腸内環境を整えることがカギになる
・腸内環境を整えるのはオリゴ糖ビフィズス菌
葉酸、オリゴ糖、ビフィズス菌を同時に取ることが出来るスルーラがオススメ!

 

ということですね。是非スルーラを購入して不妊のストレスからバイバイて、サプリメント難民から脱しましょう。もし効果がなければ全額返金保証制度もついてるので試しに買うことも出来ますしね。

 

>>42歳、43歳、44歳でも妊娠したい!腸内環境を整える妊活サプリ「スルーラ」の公式サイトはこちらです!

 

>>スルーラのより詳細なレビューが知りたい方はこちらです。

sponsored link
良い記事だと思ったらシェアお願いします!