良い記事だと思ったらシェアお願いします!

健康食品の謳い文句としてはトクホが有名ですが、機能性表示食品なんてものもありますね。

最近になってよく耳にするようになったトクホと、トクホよりはあまり聞き慣れない言葉である機能性表示食品は、どんな違いがあるのかイマイチわかりづらいですよね。

 

ということでここでは

・機能性表示食品とは何なのか?
・機能性表示食品とトクホの具体的な違いは何か?

 

ということを、簡単にわかりやすくお話していきたいと思います。

 

sponsored link

機能性表示食品とは

機能性表示食品とは2015年に4月1日に施工された新しい制度による「その機能性を表示できる食品」のことです。

 

そのまんま言っているだけのように思えますが、正にこれこそが「機能性表示食品とは何か?」という問いに対しての答えなのです。

 

「トクホ」や「栄養機能食品」以外に、その機能性を謳うことが出来る食品というのが存在しておらずその機能がわかりづらいという不満を解消するために新しい制度として「機能性表示食品」が作られました。

 

具体的に言えば

・脂肪の吸収を抑える
・血糖値の上昇を緩やかにする

 

といった、その食品が持つ健康効果・機能を表示できるものこそが「機能性表示食品」なのです。

 

簡単に分かりやすく言うともうこれで終わりなんですけど、これだけではトクホとの違いは全く分かりませんよね。

 

トクホの健康食品でも「脂肪の吸収を抑える」「血糖値の上昇を緩やかにする」という文言は書いてあって、機能性表示食品との違いは無いようにも思えます。

 

ということで、機能性表示食品とトクホの違いについてもう少し具体的にお話していきましょう。

機能性表示食品とトクホの違い

機能性表示食品とトクホの違いについて簡単に言うと、様々な違いはあれども全て手続きの簡便さの違いから来ていると言えます。

手続きの簡便さの違い

トクホの食品がどのような手続きを経て認定されているのかというのはこちらでお話していますので参考にしていただければと思いますが、その審査にはかなりの労力を要します。

 

審査が全て通るまでに数年間の月日がかかることもありますし、ヒトを使った試験にかかる費用は数千万単位、場合によっては億を超えるほどのお金がかかることすらあります。

 

トクホには2005年にこの制度の緩和対策として新たな3つの区分を設けられましたが、それでもまだ不十分だったのか、より簡便な手続きによって食品の機能を表示できるようにしようということでこの機能性表示食品が生まれました。

 

この機能性表示食品はトクホのように国の機関の審査が不要で、その商品に関しての機能性や安全性に関して科学的根拠を示す論文を添えて消費者庁に届け出れば機能性表示食品として認められることになります。

 

これは商品販売の60日前までに手続きをする「事前申請」によるものになっています。

許可制か届出制かの違い

トクホが商品の有効性や安全性を審査して認可をする「許可制」であるのに対して、機能性表示食品は審査不要の事前申請のみで手続きが完了する「届出制」ということになります。

 

つまり栄養機能食品の表示については商品を販売する事業者が主体となり、自己責任で管理するということでもあります。だからトクホの商品はその情報公開について義務付けられてはいませんが、機能性表示食品に関しては事業者が情報を公開することが義務付けられております。

 

手続きを簡単にしてやるから、あんたのとこの自己責任でやってくださいね

 

分かりやすく言うとこういう食品のことを機能性表示食品と言うのです。

 

考えてみれば、機能性表示食品を名乗ることができるために必要なものって実質「根拠になる論文」だけですからね。

表示上の違い

実際の商品として売られているトクホと機能性表示食品の表示としての違いもあります。

合わせて読みたい!  ”痩せ菌”酪酸菌の効果は?増やす食事やサプリメントは?


sponsored link

トクホにおいても機能性表示食品においても、販売する商品には表示しなくてはならない義務規定があり、2つに共通しているのは

 

・商品名
・原材料名
・賞味期限
・内容量
・1日あたりの摂取目安量

といった当たり前のものが並びますが、比べると機能性表示食品の方が自己責任で管理する分、制約が多くなります。

効果の表示

トクホも機能性表示食品も、その効果を表示するにあたって「Aが含まれるのでBの機能がある」ということは表示しなくてはなりません。

 

ただし機能性表示食品の場合、トクホと違って必ずしもヒトでの実験が必要ではなく論文や文献のみによってもその表示が出来るため、そのような場合には

「Aが含まれていてBの機能があるという報告がされています」

というように、少し回りくどい表示をしなくてはならなくなります。

 

国の評価を受けているわけではない旨の表示

一般にはトクホと機能性表示食品はあまり違いがわからないという人が多いですが、その混乱を避けるためなのか栄養機能食品には「機能性・安全性について国の評価を受けているわけではない」ということを明示しなくてはなりません。具体的には

 

本品は、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨の表示を行うものとして、消費者庁長官に届出されたものです。ただし特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。

 

とこんな感じに、トクホとは明確に異なる旨の表示を義務付けられているのです。

 

商品のラベルってただでさえゴチャゴチャしてるけど、その中にこういう文章を加えないといけないというのはなかなか骨が折れそうですね。

許可証票の有無の違い

トクホといったら思い浮かぶのがこのマークですよね。

トクホマークなんて言ったりもしますが正確に言うと「許可証票」という名前で、これはトクホの商品には表示が義務付けられています。

 

ただ義務付けられているとはいえ、トクホの申請をする事業者というのはむしろ「このマークが付けたいから」申請しているようなものですよね。だから義務というよりは「トクホマークをつけることを許される」って表現のほうがしっくり来ると思います。

 

一方で機能性表示食品は当然、トクホマークはつけられませんし「機能性表示食品マーク」なんてものもありません。単に文言で「機能性表示食品」という表示を義務付けられているだけです。

 

表示上の違いとして最も大きいのはやはりトクホマークがつけられるということで、他はそれほど大差がないように思えます。やっぱり絵で見るとわかりやすいし「消費者庁認定」っていう言葉の重みもありますからね。

 

効果に関しては、そもそもトクホ自体が医薬品と異なって「コレに効きます!」というような具体的なことを表示できない制限があるように、そこまで過度な期待ができないという点ではトクホも機能性表示食品もさほど違いがないように思えます。

 

まとめ:機能性表示食品とは何かを簡単にわかりやすく!トクホとの違いって?

機能性表示食品とは何か、トクホとの具体的な違いは何なのかということをお話してきたところですがまとめると

・機能性表示食品はトクホよりも簡単な手続きで「機能を表示できる」ようになった食品のこと
・機能性表示食品は「届出制」のため事業者自身の責任で表示する
・機能性表示食品はトクホより表示上の制限が大きい

 

ということですね。もっと簡単に分かりやすく言うと「論文さえ出せば勝手に表示していいよ、そのかわりあんたの自己責任ね」という感じになるでしょう。

 

トクホについて詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

腸内環境の全てがわかる無料メール講座

あなたは「腸は全ての臓器のルーツ」ということをご存知ですか?   便秘だけではない!ダイエット、美肌、妊活・・・ あらゆる健康に関わる「腸内環境」の全て を伝える無料メルマガ ※注意 驚きすぎて下痢になっても一切責任は負いません。   ビフィズス菌・乳酸菌だけではダメだった!? 世の中のほとんどが知らない「第三の善玉菌」の重要性とは?  
sponsored link
良い記事だと思ったらシェアお願いします!