良い記事だと思ったらシェアお願いします!

40代、50代を迎えて更年期に差し掛かると閉経により女性ホルモン分泌が著しく減ります。

 

 

そういった更年期の症状の代表的なものにほてりやのぼせといった「ホットフラッシュ」がありますね。

 

このホットフラッシュは更年期症状を抱えた女性の8割程度が悩まされるというものです。

 

ホットフラッシュは

 

・暑くないのに汗が出る(冬でも)
・顔の汗が止まらない
・体がカーッと熱くなって突然大量の汗をかく

 

といった具合に、とにかく「汗が出る!」という悩みを持つ人が多いみたいです。それも、ホットフラッシュというのは基本的に前触れなく突然やってくることが多いようです。

 

歩いていたら突然、友人と食事をしていたら突然、あるいは真夜中に突然汗をかいて目が覚めてしまった、なんて話もありますね。

 

暑くないのに汗が出るというのはやはり他の人から見ても「どこか体悪いのかな?」と心配になりますよね。その部位が顔であればなおさら目立ってしまいます。

 

せっかく化粧をしても顔汗を大量にかいて落ちてしまうこともありますからね。

それに汗をかいている本人にしても、周りに「あの人更年期なのかな?」と思われる気恥ずかしさのようなものもあります。

 

暑くないのに汗が出る、顔の汗が止まらない更年期障害によるホットフラッシュは何とか治したいものですね。とはいえ、あまり薬には頼りたくないし、サプリで治るなら治したいものです。

 

こちらでは暑くないのに汗が出る、顔の汗が止まらないホットフラッシュの原因や効果的なサプリメントについてお話していきたいと思います。

sponsored link

なぜ更年期になると汗をかきやすくなるのか?

ホットフラッシュが起こって汗をかくというのは更年期障害の典型的な症状とも言えるのですが、この原因が何なのかというと女性ホルモンの減少です。

 

加齢と共に女性の体は女性ホルモンの分泌量が減ってきます。それは30代半ばごろを目安に徐々に減り始め、閉経を迎えた時には急激に減るという具合です。

そして閉経を迎えて急激に女性ホルモンが減少することでそれまでのホルモンバランスが急激に崩れてしまいます。

 

 

女性ホルモンの一つであるエストロゲンは自律神経を司るホルモンでもあるのですが、更年期を迎えてエストロゲンの分泌が減少すると自律神経の乱れが生じて暑くないのに汗をかいたり、突然顔に汗をかくといった症状が現れます。

 

更年期の女性に限らず、女性であれば「生理前になると汗をかきやすくなる」ということを経験している人も多いのではないでしょうか。これも正に女性ホルモンのバランスによってもたらされます。

 

女性ホルモンにはエストロゲンともう一つプロゲステロンというものがあるのですが、生理前にはこのプロゲステロンのほうが優勢になります。

 

プロゲステロンは汗をかきやすくする働きがあり、逆にエストロゲンは汗を抑える働きがあるのでプロゲステロン優位になることで汗をかきやすくなるのです。

 

いずれにしても、女性ホルモンのバランスこそが汗をかくということと大いに関わってくるというのがお分かりいただけると思います。

 

女性ホルモンの減少というのはホットフラッシュを引き起こす原因の一つにすぎず、そのほかにも過度なストレスや当サイトの主題とも言える腸内環境の悪化によってもホットフラッシュはもたらされます。

 

ただやはり、更年期によるホットフラッュのほうが女性にとっては深刻度は高いかもしれません。

 

何しろ女性ホルモンというのは美肌や美髪といった女性であれば生涯気になる部分を司る機能もありますから、女性ホルモンが減少するというのは言い換えれば「女性らしさが減る」ということでもあります。

 

本来女性の体には微量ながら男性ホルモンも分泌されているのですが、女性ホルモンが減少することでこの微量の男性ホルモンが及ぼす影響が大きくなっていきます。

 

そのように男性ホルモンが優位になっていくことで「女性なのに髪が薄くなる」なんて恐ろしいことも起こります。実際、こういった更年期の女性の薄毛やハゲというのはFAGA(女性男性型脱毛症)として問題になっているほどなのです。

女性なのに薄毛・ハゲに悩まされることに比べれば、「暑くないのに汗が出る」「顔の汗が止まらない」といった悩みはまだマシなのかもしれませんね。

 

とはいえ、こういった女性の薄毛・ハゲの悩みもホットフラッシュによる汗っかきも原因は「女性ホルモンの減少」ですから、そこを改善すればいいというのは共通しています。

更年期の汗を抑える方法とは

暑くないのに汗をかく、顔の汗が止まらないといった更年期のホットフラッシュを抑える方法は、女性ホルモンを増やすことに他なりません。

 

「女性ホルモンを増やす」といえば代表的なものは大豆イソフラボンがありますね。

sponsored link

大豆イソフラボンは大豆食品に含まれているものなので大豆食品を取ることで摂取が出来ます。

 

 

しかし大豆イソフラボンには思わぬ落とし穴があり、中には豆イソフラボンを摂取しても全く効果がないという女性も存在するのです。

 

大豆イソフラボンを取っても全く効果がない人とは!?

大豆イソフラボンを取ると女性ホルモンが増える、という表現よりも

 

大豆イソフラボンが女性ホルモンの代わりになる

 

というのが正しいです。女性ホルモンであるエストロゲンと大豆イソフラボンは構造が似ており、摂取することで体内で同じ働きをしてくれるという具合ですね。

 

これをもっと正確に言うと、大豆イソフラボンに含まれる「ダイゼイン」という成分が腸内細菌によって「エクオール」という物質へ変換されるという風になります。

 

このエクオールこそが、女性ホルモンであるエストロゲンと似た構造を取って同じ働きをしてくれる物質の正体というわけです。

 

 

実は今さらっと重要なことを言ったのでもう一度言いますが、「大豆イソフラボンは腸内細菌によってエクオールに変換されます」。

逆に言うと、この腸内細菌がない場合にはダイゼインをエクオールへと変換できないということになります。

 

つまり大豆イソフラボンを取っても効果がある人と効果がない人がいて個人差が出てしまうということです。

 

この「エクオール産生菌」という腸内細菌を持っている人は日本人女性で言うと50%くらいになってしまいます(欧米のほうでは20~30%なので、これでも世界的に見れば多いほうではあるのですが)。

 

このエクオールの話は「世界一受けたい授業」でも取り上げられたことがあるのでご存知の方も多いかもしれませんね。

 

このエクオール産生菌を持っているかどうかは生まれつきである程度決まってしまいます。

 

 

もし自分がエクオール産生菌を持っているかどうかが気になる方は、このエクオール産生菌の計測器がありますのでそちらで調べてみてはいかがでしょうか。Amazonで「ソイチェック」で検索すれば簡単に見つかるはずです。

 

こちらが「ソイチェック」です。

 

しかしわざわざそんな検査をしていては手間も時間もかかるし、そのためだけに計測器を買うのもちょっと…って感じですよね。

 

それに、自分がエクオール産生菌を持っていてもいなくても、どちらでも効果があるようなものを取れば関係ない話ですよね。そっちのほうが分かりやすいですし。

 

それはつまり、大豆イソフラボンをエクオールに変換するという作業をすっ飛ばして、エクオールそのものを直接取ってしまえばいいということです。

 

大豆イソフラボンからエクオールへの変換には特殊な発酵が必要なので、これを通常の食品では出来ることではありません。

 

エクオールを摂取するには、そのためのサプリメントを個別に取る必要が出てきます。

 

エクオールを直接取ることが出来るサプリメントはこちらです!!

エクオールを直接取ることができるサプリメントには小林製薬のエクオールがあります。

 

小林製薬と言えば「命の母」などで有名な製薬会社ですね。

 

 

エクオールのサプリメントには様々な会社が販売しているものがありますが、その中でもとりわけ小林製薬のエクオールサプリがおすすめです。

 

それは他社と比べて価格が段違いに安いから。

 

 

少し調べてみればお分かりいただけると思いますが、他社のエクオールサプリメントというのは一袋(1か月分)で大体7000~8000円ほどです。

 

しかし小林製薬のエクオールサプリメントはそれよりもかなり破格の2700円で済みます。これは他社のエクオールが1回3~4粒摂取する必要があるのに対して小林製薬のエクオールは1回1粒で済むからというのが理由です。

 

しかも初回であればさらに半額の1350円です。

 

1袋1350円くらいなら、とりあえずお試しで買ってみるというのが気軽に出来て良いですよね。

 

しかも、エクオールは何も「暑くないのに汗をかく」「急に顔の汗が止まらない」といったホットフラッシュからくる症状を緩和するだけではありません。

 

元々はエクオール産生菌を持っていない人が「女性らしさ」を向上するために作られたサプリメントですので、美肌、美髪、バストアップなどにも効果を発揮します。もちろん汗をかく以外の更年期障害の症状にも効果的です。

 

更年期だからと言って「女性をあきらめる」というのはもったいないです。エクオールを取っていつまでも輝く女性でありたいですよね。

まとめ:暑くないのに汗が出る、顔汗が止まらない!顔の汗を止めるサプリは?

暑くないのに汗が出る、突然顔の汗が止まらなくなるという更年期障害の改善方法についてお話してきましたが、まとめると

 

・更年期障害からくるホットフラッシュは女性ホルモン減少が原因
・女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンの効果は体質的な個人差がある
・大豆イソフラボンから作られるエクオールを直接取ることで高い効果が得られる

 

ということですね。小林製薬のエクオールについて詳しく知りたいという方は公式サイトを参考にしていただければと思います。

 

>>小林製薬のエクオールの公式サイトはこちらです!

sponsored link
良い記事だと思ったらシェアお願いします!