良い記事だと思ったらシェアお願いします!

「なんで自分だけこんなに汗っかきなんだろう?」

 

という悩みを抱えている人は結構多いです。

 

特に女性であれば「汗の悩み」というのは何となく気恥ずかしいものがあって人に言いづらいところがあります。

 

汗で悩むのは若い女性に限らず、40代や50代の女性も同じです。

 

40代、50代を迎えて更年期に差し掛かると閉経により女性ホルモン分泌が著しく減ります。

 

そういった更年期の症状の代表的なものにほてりやのぼせといった「ホットフラッシュ」がありますね。

 

このホットフラッシュは更年期症状を抱えた女性の8割程度が悩まされるというものです。

 

ホットフラッシュは

 

・暑くないのに汗が出る(冬でも)
・顔の汗が止まらない
・体がカーッと熱くなって突然大量の汗をかく

 

といった具合に、とにかく「汗が出る!」という悩みを持つ人が多いみたいです。それも、ホットフラッシュというのは基本的に前触れなく突然やってくることが多いようです。

 

歩いていたら突然、友人と食事をしていたら突然、あるいは真夜中に突然汗をかいて目が覚めてしまった、なんて話もありますね。

 

そして顔の汗でなくとも女性はやっぱり汗が気になりますよね。

・服の汗ジミが気になる
・自分が汗臭くないかどうか不安
・汗臭いかもと思うと人に近づけない
・ちょっと走っただけでシャツがびっしょり
・汗でメイクがドロドロになってしまう
・彼氏と手を繋げない

 

・・・などなど。

 

年齢を問わず女性には「汗」の悩みというのは尽きないようです。

 

それに汗をかいている本人にしても、周りに「あの人更年期なのかな?」と思われる気恥ずかしさのようなものもあります。

 

暑くないのに汗が出る、顔の汗が止まらない更年期障害によるホットフラッシュは何とか治したいものですね。

 

とはいえ「汗の悩み」って、あまり薬には頼りたくないし、サプリで治るなら治したいものです。

 

そしてなんと「汗を止めるサプリ」として「あせしらず」というのを発見しました!

 

こちらでは暑くないのに汗が出る、顔の汗が止まらないホットフラッシュの原因や効果的なサプリメント「あせしらず」についてお話していきたいと思います。

sponsored link

汗が止まらない原因①カリウム不足

汗というのは主に体温調節のために出ます。

 

体にこもった熱を放出させるために汗が蒸発する気化熱によって体温を下げるんですね。

 

 

カリウムは暑い季節に飲むことが多い麦茶、トマトやナスなどの夏野菜に含まれています。

 

よく「夏野菜は体を冷やす効果がある」と言われますよね。

 

暑い夏に夏野菜を食べることは非常に理にかなっていて、夏野菜に豊富に含まれるカリウムによって体の熱を放出できるからです。

 

具体的にはカリウムが尿の排出を促すことで、尿と一緒に体熱を逃がしているんですね。

 

夏野菜には水分が多いものも多く、カリウムと水分によって利尿作用を促し体熱を放出しています。

 

逆に言うとカリウムが不足することで体の中に余分な熱が溜まってしまい、それを放出できないので汗がどんどん出てしまうというわけなんですね。

汗が止まらない原因②女性ホルモンの減少

ホットフラッシュが起こって汗をかくというのは更年期障害の典型的な症状とも言えるのですが、この原因が何なのかというと女性ホルモンの減少です。

 

加齢と共に女性の体は女性ホルモンの分泌量が減ってきます。それは30代半ばごろを目安に徐々に減り始め、閉経を迎えた時には急激に減るという具合です。

そして閉経を迎えて急激に女性ホルモンが減少することでそれまでのホルモンバランスが急激に崩れてしまいます。

 

女性ホルモンの一つであるエストロゲンは自律神経を司るホルモンでもあるのですが、更年期を迎えてエストロゲンの分泌が減少すると自律神経の乱れが生じて暑くないのに汗をかいたり、突然顔に汗をかくといった症状が現れます。

 

更年期の女性に限らず若い女性でも「生理前になると汗をかきやすくなる」ということを経験している人も多いのではないでしょうか。これも正に女性ホルモンのバランスによってもたらされます。

 

女性ホルモンにはエストロゲンともう一つプロゲステロンというものがあるのですが、生理前にはこのプロゲステロンのほうが優勢になります。

 

プロゲステロンは汗をかきやすくする働きがあり、逆にエストロゲンは汗を抑える働きがあるのでプロゲステロン優位になることで汗をかきやすくなるのです。

 

いずれにしても、女性ホルモンのバランスこそが汗をかくということと大いに関わってくるというのがお分かりいただけると思います。

 

女性ホルモンの減少というのはホットフラッシュを引き起こす原因の一つにすぎず、そのほかにも過度なストレスや当サイトの主題とも言える腸内環境の悪化によってもホットフラッシュはもたらされます。

 

女性ホルモン減少によってもたらされる怖~い副作用とは

ただやはり、更年期によるホットフラッュのほうが女性にとっては深刻度は高いかもしれません。

 

何しろ女性ホルモンというのは美肌や美髪といった女性であれば生涯気になる部分を司る機能もありますから、女性ホルモンが減少するというのは言い換えれば「女性らしさが減る」ということでもあります。

 

本来女性の体には微量ながら男性ホルモンも分泌されているのですが、女性ホルモンが減少することでこの微量の男性ホルモンが及ぼす影響が大きくなっていきます。

 

そのように男性ホルモンが優位になっていくことで「女性なのに髪が薄くなる」なんて恐ろしいことも起こります。実際、こういった更年期の女性の薄毛やハゲというのはFAGA(女性男性型脱毛症)として問題になっているほどなのです。

女性なのに薄毛・ハゲに悩まされることに比べれば、「暑くないのに汗が出る」「顔の汗が止まらない」といった悩みはまだマシなのかもしれませんね。

 

とはいえ、こういった女性の薄毛・ハゲの悩みもホットフラッシュによる汗っかきも原因は「女性ホルモンの減少」ですから、そこを改善すればいいというのは共通しています。

女性ホルモンを増やす方法

さて、女性ホルモンを増やすにはどうしたらいいのでしょうか?

 

「女性ホルモンを増やす」といえば代表的なものは大豆イソフラボンがありますね。

大豆イソフラボンは大豆食品に含まれているものなので大豆食品を取ることで摂取が出来ます。

大豆イソフラボンを取ると女性ホルモンが増える、という表現よりも

 

大豆イソフラボンが女性ホルモンの代わりになる

 

というのが正しいです。女性ホルモンであるエストロゲンと大豆イソフラボンは構造が似ており、摂取することで体内で同じ働きをしてくれるという具合ですね。

大豆イソフラボンは日本人女性の半分が効果なし!?

「大豆イソフラボンで女性ホルモン補充」というのをもっと正確に言うと、大豆イソフラボンに含まれる「ダイゼイン」という成分が腸内細菌によって「エクオール」という物質へ変換されるという風になります。

 

このエクオールの話は「世界一受けたい授業」でも取り上げられたことがあるのでご存知の方も多いかもしれませんね。

大豆イソフラボンをエクオールに変換するためには「エクオール産生菌」という腸内細菌が必要になります。

 

これは逆に言うと、腸内環境がしっかりしていないと大豆イソフラボンを取ってもあまり効果が無いということでもあります。

 

実際、日本人の女性の半分がエクオール産生菌を持っておらず、大豆イソフラボンを有効活用できないとされています。

 

これは日本人の食生活が欧米化して肉中心になったことに伴う食物繊維不足などが影響しています。

 

さらに言うと10代~20代の若い世代は20~30%しかエクオール産生菌を持っていないともされていますね。

だから大豆イソフラボンの効果を最大限に発揮するためにも腸内環境の改善というのが必要なのです。

 

そして、食事で大豆イソフラボンを補うことでは思うように効果が得られない可能性があることをも示していますね。

 

自分にエクオール産生菌があるのかどうか知りたいという方は「ソイチェック」という計測器がAmazonで買えるので探してみてください。

 

それについてお話すると長くなってしまうので詳しくはエクオールの話を参考にしてください。

大豆イソフラボンよりもプエラリアがオススメ!

とにかく大豆イソフラボンだけでは腸内環境が整っているかどうかが問題になってしまうので、エクオールに変換できない人のことも考えると別の手段で女性ホルモンを増やした方が良いように思えます。

 

これのオススメの方法は「プエラリア」を摂取することです。

プエラリア

プエラリアというのはタイやミャンマーの山岳地帯に自生するハーブで、バストアップサプリに良く使われる「女性ホルモンを増やす成分」として良く知られています。

 

プエラリアミリフィカというバストアップサプリは有名ですよね。

プエラリアミリフィカ

 

プエラリアにも大豆イソフラボンは含まれていますが、そのほかにもプエラリン、ミロエステロール、デオキシミロエステロールといった様々な種類の植物性エストロゲンを含んでおり、その効果は大豆イソフラボンだけを取るより何十倍も強力、と言われています。

 

強力ということは取りすぎによる副作用も懸念されますが、常軌を逸した量を取らない限りは特に気にする必要はありません。

 

あと女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類あるので、プロゲステロン優勢の時期にはプエラリアを取らないことで副作用を和らげることが出来ます。

sponsored link

 

プエラリアはエストロゲンの働きをするので、エストロゲン優勢の時期に摂取することで無理せず体の波に乗ることができるんですね。

 

使い方さえ間違えなければ、プエラリアは女性ホルモンのバランスを改善するのに非常に頼もしい味方になります。

 

お肌がつやつやになったり、髪がサラサラになったり、バストサイズが上がったり、と女性にとってうれしいことがたくさん起きるのがプエラリアです。

 

汗が止まらない原因③ストレス

現代人の大敵である「ストレス」も汗が止まらなくなる原因の一つです。

 

先ほど女性ホルモンの話をした際に自律神経の乱れによって汗が止まらなくなるという風にお話しましたが、ストレスも自律神経を乱れさせます。

 

ストレス

 

自律神経というのは交感神経と副交感神経の二つから成り、二つの具体的な機能としては

 

交感神経・・・発汗、瞳孔拡大、気管支拡張、血管収縮、血圧上昇、心機能亢進

副交感神経・・胃酸分泌、唾液分泌、腸管運動促進、心機能抑制

 

といった具合になります。

 

ざっくりと
①興奮している時に活発になる交感神経
②リラックスしている時に活発になる副交感神経

という風に言ったりもしますね。

 

このことを知るとストレスと自律神経の関係も理解がしやすくなります。

 

生き物がストレスを感じると交感神経が活発になります。「ストレス=生命の危機」と言い換えることも出来るからです。

 

例えばサバンナの真ん中でシマウマが草を食べているとしましょう。

 

そこにライオンが現れます。シマウマにとってライオンは生命の危機であり強いストレスです。

 

そこで交感神経が活発になり興奮状態となり、ライオンから逃げる体制を整えます。

 

心臓の鼓動は早くなり、たくさんの血液を筋肉に送り、血圧も上がります。その方が活発に動くことが出来るからですね。

 

こういったストレスと交感神経の対応関係により、過剰なストレスは交感神経の異常をきたして自律神経の異常をもたらします。

 

その自律神経の異常が「汗が止まらない」という症状を引き起こすのですね。

 

もちろんストレスと無縁な人なんていませんし、好きでストレスを感じている人なんていませんがやはり注意が必要なのです。

体の内側から汗を止めるサプリ「あせしらず」

さて、これまでの話を踏まえておすすめの「汗を止めるサプリ」としてあせしらずというものがあります。

汗に関する悩みは人それぞれ色々なものがありますが、最も多い悩みのトップ2が

1.汗の量
2.汗の臭い

にあります。

 

あせしらずは汗の二大悩みである量と臭いを同時に、内側から抑える効果を持っているのです。

 

あせしらずには、先ほどお話したプエラリアが含まれています。

これが女性らしさを向上させると共に更年期による汗を止めてくれる効果があるのですが・・・

 

あせしらずには他にはどんな成分が含まれているのでしょうか?

コーンシルク

あせしらずの成分表を見ると「コーンシルク抽出物」というものがあり、これが豊富なカリウムを含みます。

 

「アセッパー」や「シトラスムース」などの他の汗を止めるサプリにもコーンシルクが含まれていますね。

コーンシルクというのはトウモロコシについているヒゲの部分のことです。

 

このコーンシルクがあせしらずの「トマトの3.5倍のカリウム」の正体ですね。

 

コーンシルクは漢方では「南蛮毛」と呼ばれる体の水の流れを整える生薬として知られており、ヨーロッパの伝統医療でも利尿作用やむくみの改善、尿路結石の治療に用いられるなど、東西問わず古くからその効果を謳われてきました。

 

日本においても利尿剤むくみの改善に民間薬として昔から使われています。

 

これこそが先ほどお話したカリウムの効果です。

 

コーンシルクには100g中に6000mgもの豊富なカリウムが含まれているのですが、これは他の食品のカリウム含有量と比べても格段に多いです(参考:乾きこんぶ100g中に5300mg)。

 

カリウムは

・塩分濃度を正常に保つ

という効果も担っているので、これが汗の量を内側から調整してくれます。

 

コーンシルクは単にカリウムを豊富に含むだけでなく、  最近ではコーンシルクの「抗糖化作用」による肌弾力・肌水分の改善効果も報告されていますね(コーンシルクの美肌効果はこちら)。

ただカリウムを取るだけよりも美肌効果があるので女性には必須でしょうね!

GABA

GABAというのはγ-アミノ酪酸のことで、ストレスを軽減する作用があることで知られています。

 

GABAはチョコレートの原料であるカカオにも豊富に含まれています。

 

チョコレートを食べると何となくホッとするのはこのGABAによるリラックス効果と言われており、「メンタルバランスチョコレートGABA」なんて商品も売られているほどですね。

 

GABAはドーパミンなどの興奮系の脳内神経伝達物質の過剰分泌を抑えて、ストレスを和らげてリラックス状態をもたらしてくれます。

 

静岡県立大学食品栄養科学部栄養学科 横越英彦教授はGABAの効果について

・脳波がα波優勢になる(リラックス時に優先して発生する脳波)
・心拍数が落ち着く
・ストレス状況下での免疫力低下の抑制
・脳細胞の破壊の抑制
・寝付きを良くする&睡眠の質を深くする

といった様々な効果があることを示しました。

 

とまあ色々な効果があるGABAですが、これを取る目的は「ストレス緩和による自律神経異常の改善」です。

 

汗を司る自律神経はストレスの有無に大きく作用されるので、GABAを取ってリラックスすることにより自律神経異常を改善しようというわけですね。

柿渋エキス

渋柿の未熟果から取った柿渋エキスは古くから漢方薬として用いられ、日本では防腐・防虫・防水効果があるとして平安時代から様々な用途に用いられてきました。

 

石鹸にも使われて体臭や汗の臭いを改善してくれることで有名ですね。

 

柿渋エキスに含まれる「柿タンニン」というこれまたポリフェノールが、臭い成分によく効いてくれるのです。

 

例えば加齢臭の元となる物質に「ノネナール」というものがありますが、柿渋エキスはノネナールと結合して別の物質に変えてしまうのです。

 

これもやはり柿渋に含まれるポリフェノールや柿渋タンニンによる効果になりますね。

 

柿渋エキスの消臭効果は、同じく消臭目的に使われる緑茶タンニン70倍もの効果を持つとされています。

 

緑茶も炒った茶葉を靴箱において消臭剤に出来るくらい強力なんですが、その70倍の力とは柿渋エキスの凄さが分かりますね。

このように

 

・コーンシルクのカリウムで体熱の放出をして汗を抑える
・大豆イソフラボンより強力なプエラリアで女性ホルモンバランスを整える
・緑茶タンニンより70倍強力な柿渋エキスで汗の臭いを断つ
・GABAによりストレス軽減をして自律神経機能を正常化する

 

という、汗の量と臭いの両方をケアすることを目的に作られたのがあせしらずです。

 

しかも大豆イソフラボンをうまくエクオールに変換できない人でも効果があるんですね。この点は実に重要で、「アセッパー」などの他の汗サプリには大豆イソフラボンしか使われていません。

 

あせしらずにより

「洋服の汗ジミが気にならなくなった」
「通勤の時にダッシュしても汗の量が減ってきた」
「自分の方から彼氏と手をつなげるようになった」
「好きな服を着られるようになった」
「足の裏の汗で靴下が湿っていたのが改善された」
「脇汗が抑えられた」
「更年期障害の症状が軽減した」
「加齢臭が抑えられた」

 

などの様々な感想が寄せられているようです。

 

どうも汗の悩みが気になるという方はあせしらずを取ってみると良いですね。

 

出来れば腸内環境の改善や、汗をかくトレーニング(ぬるま湯に30分くらい浸かるなど)もしていただけるとより効果が高まると思います。

 

とはいえ制汗剤や汗拭きシートなどで誤魔化すのではなく、体の内側から汗を止められるサプリというのはかなり画期的ですね。

 

まとめ:暑くないのに汗が出る、顔汗が止まらない!顔の汗を止めるサプリは?

暑くないのに汗が出る、突然顔の汗が止まらなくなるという更年期障害の改善方法についてお話してきました。

 

多くの場合女性ホルモンの乱れが原因で、それが更年期障害の女性のホットフラッシュを引き起こしたり、若い女性であっても汗が止まらなくなる原因になります。

 

女性の汗を止めるサプリメントとしては「あせしらず」というものがあり

・コーンシルクのカリウムで体熱の放出をして汗を抑える
・大豆イソフラボンより強力なプエラリアで女性ホルモンバランスを整える
・緑茶タンニンより70倍強力な柿渋エキスで汗の臭いを断つ
・GABAによりストレス軽減をして自律神経機能を正常化する

という効果が期待できオススメです。

 

>>あせしらずの公式サイトはこちらです!!

良い記事だと思ったらシェアお願いします!