良い記事だと思ったらシェアお願いします!

カイテキオリゴ

日本一売れているオリゴ糖の「カイテキオリゴ」は私自身も実際に使用しており、色々なところでオススメしているところですね。

 

それはEOS理論という独自の理論により様々なオリゴ糖を黄金比率で配合しているという「こだわり」に心打たれたというのが一番大きいのですが、カイテキオリゴの成分を見ていると「ショ糖」というのがあったんです。

 

ショ糖というのは砂糖のことです。

一見これって矛盾しているようにも思えますよね。

 

どうして黄金比率なのに砂糖を入れる必要があるのか?

 

これは私がカイテキオリゴを購入する前にどうしても拭えなかった疑問です。

 

だから、実際に「なぜカイテキオリゴには砂糖を入れる必要があるのか?」というのを販売会社である北の快適工房に電話で問い合わせてみました。

 

こちらではその時のことをお話したいと思います。

sponsored link

なぜ砂糖(ショ糖)がまずいのか?

 

 

基本的なことになりますが、なぜ砂糖(ショ糖)が入っているとダメなのか?ということから説明していきますね。

 

オリゴ糖は難消化性の糖質なので消化酵素を持たずにビフィズス菌のエサにできますが、砂糖(ショ糖)は消化酵素を持つので消化・吸収されてしまうというのが一番の問題です。

消化管

具体的にはスクラーゼとサッカラーゼという二種類の消化酵素です。

 

砂糖は科学的に言うとグルコースとフルクトースが結合した二糖類ですが、スクラーゼはグルコースを、サッカラーゼはフルクトースをそれぞれ認識して加水分解をします。

 

こうしてグルコースとフルクトースに分解されてしまったショ糖は体に吸収されてしまうのです。

北の快適工房に電話で問い合わせてみました

「電話で問い合わせてみました」とは言ったものの、まだカイテキオリゴを購入するかどうか迷っていた時期の話で特に急ぎの用件というわけでもなかったのでメールで質問文を送って

 

「電話でもメールの返信でもどちらでもかまわない」

 

という文章を最後に付け加えて気長に待つことにしました。

 

そして「多分明日には返信が来るかな」くらいに考えていましたね。

 

しかしなんと、その相談メールを送信してから1時間もしないうち私の携帯電話に連絡が入りました。

見込み客は逃さない!とすぐに電話してきたのかもしれませんね。

 

そして電話に出ると健康管理士の方が私にEOS理論(北の快適工房が特許申請しているオリゴ糖の黄金比率理論)について詳しく教えてくださり「なぜショ糖が含まれているのか?」という疑問にも率直に答えていただきました。

カイテキオリゴに砂糖が入っている理由は?

健康管理士の方が言うところによると、カイテキオリゴにショ糖を入れているのは

合わせて読みたい!  ”痩せ菌”酪酸菌の効果は?増やす食事やサプリメントは?


sponsored link

①味を整えるため
②オリゴ糖製造の過程で砂糖を完全に排除するのは不可能だから

という二つの理由があるのだそうです。

 

確かにオリゴ糖全般に言えることとして「甘さが低い」というのがありますね。カイテキオリゴの主成分であるラフィノースは砂糖の1/5程度の甘さになってしまいます。

ビートオリゴ糖

そして「製造の過程でどうしても砂糖が入ってしまう」というのも結構驚きました。

 

市販のオリゴ糖は初めから砂糖を入れて水増ししてるものが多いですが、通信販売のオリゴ糖って「純度100%のオリゴ糖です!」って言って販売しているものが結構あるんですよね。

 

しかしこれが真実だとしたら「純度100%のオリゴ糖!」というのは誇大広告になる可能性があります。

 

まあどちらにしてもカイテキオリゴに含まれているショ糖は全体の1.2%以下という微量に過ぎないため、ほぼ無視してもいいほどです。

 

私の考えでは単に「ショ糖が安価だからコスト面重視なのかな」と思っていましたが、実際には客目線での考えがあったのですね。

 

よく考えたら、わざわざ微量の砂糖を入れる方が手間だしコストもかかりますよね。しかもたった1.2%ですし。

 

私も化学系の大学出身なので何となく分かるのですが、こういう研究職とか科学者の方って理論に穴があるのが許せないからと真実を言ってくれる人が多いんですよね。

 

科学的に間違っていることとか、根拠が曖昧なことを適当に濁すようなことをしないというか。

 

 

まあともかく、すぐに疑問に答えようという誠実さ、率直に真実を伝えようとしてくれる姿勢を感じて「アフターサービスがしっかりしているという口コミは伊達じゃないな~」なんて思ったわけです(今回はカイテキオリゴを購入する前ですから単なる営業トークかもしれませんけどね(笑))。

 

さらに言うと、電話口で説明してくれたことを後々にこうやって記事にしようと思って「メールでも同じ内容のものを送ってもらえますか?」と無理を言って頼んだのですが二つ返事で了承していただきました。

 

そのメールを原文で転載することは了承が取れなかったので載せることは出来ませんが

・カイテキオリゴに含まれているオリゴ糖の種類とそれぞれの原材料
・なぜその種類のオリゴ糖を使っているかの説明(EOS理論)
・便の「スッキリ感」を感じてもらうために水溶性食物繊維を配合していること
・ショ糖が含まれているのは味を整えるためで、カイテキオリゴの目安量5g中には0.06g以下しか含まれていないこと

 

という点について、電話でもお話頂いたことを改めてメールで詳しく書いてもらえました。

 

このメールは電話をしてから数時間後にもらったのですが、コピペではなく1から全部書いてもらってるのでこれだけ時間がかかったんだろうな、と思っています。

 

もしかしたら北の快適工房に「対応マニュアル」みたいなものがあってそれに則って答えただけかもしれませんが、この問い合わせによって私が思っていた疑問がとりあえず解消されたので、購入に踏み切ることが出来ました。

まとめ:カイテキオリゴの成分について北の快適工房に電話で問い合わせました。

カイテキオリゴにショ糖(砂糖)が入っている理由について販売会社の北の快適工房に問い合わせたところ

①味を整えるため
②製造の過程で完全に取り除くことが不可能

という二つの理由があるためということが分かりました。

 

コストダウンのためではなく、あくまでも客が使いやすいことと製造において不可避なことが理由だったのですね。

 

実際にカイテキオリゴを使ってみた時の感想も書いていますので、そちらも参考にしていただければと思います。

 

>>カイテキオリゴを実際に使ってみた時の感想です。

腸内環境の全てがわかる無料メール講座

あなたは「腸は全ての臓器のルーツ」ということをご存知ですか?   便秘だけではない!ダイエット、美肌、妊活・・・ あらゆる健康に関わる「腸内環境」の全て を伝える無料メルマガ ※注意 驚きすぎて下痢になっても一切責任は負いません。   ビフィズス菌・乳酸菌だけではダメだった!? 世の中のほとんどが知らない「第三の善玉菌」の重要性とは?   ※登録はこちらです  

 

※登録はこちらです  

sponsored link
良い記事だと思ったらシェアお願いします!