良い記事だと思ったらシェアお願いします!

カイテキオリゴ

色々な種類のオリゴ糖を黄金比率で配合しているカイテキオリゴでも「効かない!」という人はいます。

 

 

カイテキオリゴはあくまでも食品であって医薬品ではありませんし、個人差があって効かない人がいるのも仕方ないことです。

 

 

ここで大事なのは「カイテキオリゴは効かないからやめた!」とすぐに諦めてしまうのではなく、なぜ効かないのか?という原因を探ることです。

 

 

その効かない原因が改善可能なものであれば軌道修正することが出来ますからね。

 

 

こちらでは「カイテキオリゴが効かない!」という人はどんなケースが考えられるのか?というお話をしていきましょう。

sponsored link

「効かない!」という口コミは話半分に

「カイテキオリゴが効かない!」という人は、その不満のぶつけどころとしてAmazonやアットコスメなどの口コミやレビューが書けるところに投稿していたりしますね。

 

リアルな口コミというのは貴重な情報ですが、どうしても「自分には効かない」ことからの私怨を多少なりとも含みます。

 

実際、口コミをよく見ると商品の効果そのものに対するレビューではなく

「販売会社の対応が悪かった」
「解約しようとしたのに手続きが煩雑だった」
「もう買ってないのにダイレクトメールが送られてきた」

こんな感じの商品そのものの効果とは関係ないことまで口コミとして書いていますからね(Amazonレビューの☆1と☆2の口コミについて書いた記事で紹介しましたね)。

 

つまり、はっきり言うと口コミが誇張されている可能性があるってことですね。

 

本来ならば

・飲み続けた期間、頻度、1回の量、タイミング
・摂取前と摂取後で体に起きた変化
・食事や運動など生活習慣
・職業、家族構成などのパーソナルデータ(身内に便秘の人がいるかどうかなど)

といった客観的なデータを提示したうえで効果があったかどうかを論じなければ「効かない!」と言うことは出来ないはずですが、単なる口コミにそこまで期待は出来ませんね。

 

でもせいぜい書いてあるのは

「飲んでみたけど私には効果がありませんでした。」

くらいで、なぜ効かないのかは正直言ってこれだけでは分かりません。

 

だから「カイテキオリゴが効かない!」という口コミも、冷静さを欠いたものや情報が少なすぎるものは話半分に聞くくらいに留めた方がよさそうです。

カイテキオリゴが効かない理由を考える

上記のような私怨交じりの口コミからも「なぜ効かないのか」という情報を探ることは出来ます。

 

ということで「なぜカイテキオリゴが効かないのか?」というのをケースごとに考えていきましょう。

飲み続けて日が浅いうちにやめてしまう

「全然効かないので2週間くらい飲んでやめてしまった」

 

こういった「すぐにやめてしまう」というのはカイテキオリゴを飲んでも効かない!という人に最も多い特徴ではないでしょうか。

 

カイテキオリゴを飲むことで期待する効果というので最も多いのは「便秘」でしょう。

 

そして便秘薬のような即効性を期待してカイテキオリゴを飲んでみたものの、全然効かない!とやめてしまうといったところです。

便秘薬とオリゴ糖では考え方が異なる

便秘薬とオリゴ糖は便秘に対する考え方やアプローチの仕方が全く異なります。

 

便秘薬は「薬」という言葉が入っているように医薬品です。

 

医薬品であれば「〇〇に効く!」と明確に言うことが出来ますし、逆に言うとちゃんと効くものでなければ「薬」とは呼べませんよね。

 

例えば酸化マグネシウムを用いた便秘薬であれば腸内の浸透圧を高めて便を柔らかくするという生理作用によって便秘解消効果を示すから「便秘薬」を名乗れるのです。

 

便秘薬は「便秘を解消すること」に特化させた薬ですので、便秘をすぐ治す効果がある代わりに

・副作用があること
・腸内環境の改善には効果がないこと

といった問題点があります。

 

オリゴ糖

それに対してオリゴ糖は腸内環境を改善することで善玉菌を増やし、そこから生み出される短鎖脂肪酸により腸の運動を活発にして便秘を解消するものです(短鎖脂肪酸の詳細はこちら)。

 

便秘薬のような即効性はありませんが、副作用なしに便秘を自然に内側から改善出来たり、腸内環境を改善することによる副次的な効果(ダイエット、美肌、免疫機能向上など)が期待できます(詳しくはオリゴ糖の効果の話を参照)。

 

そしてオリゴ糖は医薬品ではなくあくまでも食品ですから、便秘薬のようにすぐに効くというものではありません(その代わりに上限摂取量などもありませんが)。

 

そのことを意識しなければ「効果が出ない!効かない!」とすぐにやめてしまうことになるでしょう。

25日間の全額返金保証があるのでそこまでは続けましょう

幸いオリゴ糖は色々な食品に加えて飲食することが容易なので、続けることに関してはそれほど苦ではないと思いますけどね。

 

カイテキオリゴは公式サイトからの購入特典として「25日以内の全額返金保証」という制度を設けていますから、仮にあまり効かないとしても25日間はフルに使った方がお得ですしね。

合わせて読みたい!  ”痩せ菌”酪酸菌の効果は?増やす食事やサプリメントは?


sponsored link

 

当然ですが、一袋使い切ったとしても全額返金に応じてくれます。

 

水分が不足している

カイテキオリゴそのものとは関係ないケースですが、水分が不足してしまって効かない!というのもあります。

 

便の柔らかさというのはそこに含まれる水分が多いか少ないかで決まります(90%以上が水分だと下痢になってしまいますが)ので、便秘の改善において水分というのは非常に大事です。

 

便に含まれる水分が多ければ柔らかくて腸を滑りやすいですし、水分が少なければ硬くなって腸に押し出されにくくなります。

 

そして、大腸というのは摂取した食物からの水分を吸収する器官でもあります。

 

小腸から送られてきた内容物の水分を吸収しながら直腸の方へ運び、便として排出します。

 

そして便の水分量を決める要因は「便が大腸を通過する速度」です。

通過速度が早すぎれば水分があまり吸収されないまま排出されるので便が水っぽくなり(下痢)、通過速度が遅ければ水分が吸収されすぎて硬いウンチになって便秘になります。

 

カイテキオリゴは便の通過速度を正常にして便の適度な水分量を保つことを目的に取るわけですが・・・

 

そもそも水分量が少ないと、いくらカイテキオリゴに蠕動運動を活発にしたり粘液を分泌する効果があるといっても硬い便を押し出そうと大腸が空滑りしてしまうだけです。

 

水分補給は基本的なところですが、やはり便秘の改善を考える上では必須でしょう。

 

カイテキオリゴを水分の多い飲み物や食べ物と一緒に取るなど、取り方を工夫して水分不足にならないように気を付けましょう。

腸内環境停滞期に陥っている

「飲み始めた最初の数週間は調子が良かったのに急に効かないようになった」

 

こういった場合には「腸内環境停滞期」に陥っていることが考えられます。

 

腸内環境停滞期というのは、カイテキオリゴを公式サイトから購入した際に特典としてもらえる「カイテキオリゴ読本」に記載のある言葉です。

ある程度善玉菌が増えてくると、その善玉菌に対抗する力をつけたもっと強い悪玉菌が育ってきてしまうことがあるのだそうです。

 

必ずしも全員がそうなるというわけではありませんが、こういった悪玉菌が逆襲する状況のことをカイテキオリゴ読本では「腸内環境停滞期」と呼んでいます。

 

腸というのは数百兆個の細菌がうごめいて勢力を広めようと常に働いていますので、私たちが思っている以上に複雑なんですよね。

 

そしてこれはカイテキオリゴに限らず、どんなオリゴ糖であっても起こり得ることであって単にオリゴ糖の相性の問題ではないのです。

 

しかしここで「効かないからやめた!」となってしまってはせっかくそこまで続けてきたのが台無しになってしまいます。

 

この解決方法としては

・一日の量を一時的に減らしてから一気に増やして緩急をつける
・飲むタイミングを朝(夜)から夜(朝)に変える
・一度に取っていたものを1日2回に分けて取ってみる

 

など、変化をつけることで「悪玉菌を油断させてから再び善玉菌を活性化させる」という方法を取るのが良いのだそうです。

 

この辺りは詳細はカイテキオリゴ読本に書いておりますし、せっかく健康アドバイザーが相談に乗るというアフターサービスもあることですし相談してみるのも良いでしょう。

カイテキオリゴのルーツを辿ると・・・

カイテキオリゴを販売しているのは北海道にある北の快適工房というところです。

 

北の快適工房は元々はカニやメロンなどの北海道の特産物を販売する会社だったのですが、仕入れ先から送られてきた甜菜のオリゴ糖(ビートオリゴ糖)をスタッフが家に持ち帰って試食したところ「物凄くスッキリできたんでウチで商品化しましょうよ!!」と言ったところからカイテキオリゴが出来上がったという経緯があります。

 

その後、数種類のオリゴ糖を組み合わせるEOS理論という科学的な検証でより効果のあるものに仕上げられていくわけですが、原点には「まずスタッフが試してみて効果を確かめる」というものがあります。

 

このカイテキオリゴに関しても北の快適工房の社員自らが実際に食べたり飲んだりしたうえで「これが一番効いた!」という実体験に裏付けられたオリゴ糖でもあるわけです。

 

さらに体感モニター調査にも徹底的に時間を割き、その結果が「ビックリするほど良かった場合」のみに商品化をしているのだそうです(これはカイテキオリゴに限らずすべての商品に共通すること)。

EOS理論という科学的な理論、繰り返しのモニター調査や社員自ら試して効果があった実体験、という二つの柱に支えられて効果を裏付けされているカイテキオリゴですから、ぜひ効果的に使ってほしいものです。

 

私自身がカイテキオリゴを使ってみた時の話なんかも書いていますので、そちらもぜひ参考にしてくださいね。

まとめ:カイテキオリゴが効かない人の特徴や原因とは?飲み方?

カイテキオリゴが効かない!という人は続ける日数が短かったり、腸内環境停滞期に陥っているというようなことが考えられます。

 

また、水分の不足はカイテキオリゴの効果とは直接は関係ない話ですが、注意が必要ですね。

腸内環境の全てがわかる無料メール講座

あなたは「腸は全ての臓器のルーツ」ということをご存知ですか?   便秘だけではない!ダイエット、美肌、妊活・・・ あらゆる健康に関わる「腸内環境」の全て を伝える無料メルマガ ※注意 驚きすぎて下痢になっても一切責任は負いません。   ビフィズス菌・乳酸菌だけではダメだった!? 世の中のほとんどが知らない「第三の善玉菌」の重要性とは?  
sponsored link
良い記事だと思ったらシェアお願いします!