良い記事だと思ったらシェアお願いします!

上白糖というものを調べてみると、「体に悪い」「害がある」「漂白していて危険」といった様々なネガティブキャンペーンを耳にします。

果たしてこういった上白糖の黒い噂は本当なのかどうか、また上白糖以外にも黒砂糖だとかグラニュー糖だとか三温糖だとか色々聞くけど具体的にどう違うのか?というのを考えていきたいと思います。

sponsored link

上白糖とは何なのか・・・?色々な種類の砂糖

上白糖とは何なのかというと、これはいわゆる私達が通常「砂糖」と聞いて想像する白砂糖のことを指します。

 

これだけなら簡単な話ですが、私達の周りにある甘味料というのは色々なものがありますよね。

 

そして「砂糖」1つをとっても黒砂糖、グラニュー糖、角砂糖、三温糖など色々な種類があってよくわからないと思います。

 

そこで「砂糖」について分かりやすく分類した図があるのでこちらに載せておきます。

※参考 味覚ステーション

不純物を取り除けば白砂糖、取り除かなければ黒砂糖

まず砂糖というのはサトウキビや甜菜などの作物を煮詰めて作られますが、この時に

①そのまま煮詰める
②遠心分離機などで不純物を取り除く

のどちらを選ぶかによって①含蜜糖 ②分蜜糖 の2つに分けることが出来ます。

 

①そのまま煮詰める ことで作られるのがいわゆる「黒糖」「黒砂糖」や「和三盆糖」です。

黒砂糖はただ甘いだけの砂糖とは違い、独特な風味やコクを持っていますし、カルシウム、鉄、カリウムなどのミネラルも含むと言われています。

 

②遠心分離機などで不純物を取り除く ことで作られるのが私達が通常想像するような「白砂糖」です。大きな分類で言うと「含蜜糖」と区別するために「分蜜糖」とも言われます。

 

白砂糖は漂白しているわけではない

「不純物を取り除く」過程ということからよく言われるのが「白砂糖は漂白しているから体に悪い!危険!」というものです。

 

具体的にどうやって不純物を取り除いているのかというと、絞り汁を煮詰める前に「石灰乳」を加えて加熱することで絞り汁の中の不純物を沈殿させているのです。

 

「石灰乳」というのは「消石灰」とも言いますが、化学的に言うと「水酸化カルシウム」という物質です。いかにも体に悪い化学物質!という感じのものですね。これを加えて作ることから「白砂糖は漂白していて危険!」と言われているのです。

 

水酸化カルシウムは不純物を沈殿させることを目的として加えられるので、詳しくは後述しますが沈殿した残りの上澄みから作られる砂糖の原料にはなり得ませんし、不純物を取り除くことで作られる白砂糖に入る危険性はないと言ってもいいでしょう。

 

仮に混入したとしても特に体に悪いわけではありません。なぜならこの石灰乳はこんにゃくの凝固剤にも使われているからです。

こんにゃくを食べても別に害はありませんよね。まあ大量に食べたら体に悪いと思いますが(そもそも大量に食べたら何であろうと害ですが)・・・むしろヘルシー志向の人は「こんにゃくは低カロリーでヘルシー!」といってパクパク食べているんじゃないでしょうか?

 

逆に石灰乳を加えずそのまま不純物ごと煮詰めて結晶化したのが先程の黒糖というわけです。こういった作り方をするものですから「自然志向」の人には大ウケなのでしょうね。

 

「白砂糖は漂白されていて化学物質が入っているから危険」理論というのは、化学物質が入っていると言っておきながら「白砂糖は純度が高すぎて危険!」とも言っています。

 

純度が高くなっているなら化学物質は含まれていないということですから矛盾していますよね。

上白糖、グラニュー糖、三温糖の違いとは

ともかくそんな風に不純物を除いて作られるのが「分蜜糖」ですが、これをさらに細かく分類することができます。

 

石灰乳を使って不純物を沈殿させて結晶を取り出した後も、糖蜜で結晶の表面を洗ったり炭酸ガスを吹き込んで不純物を沈殿させたりとさらに結晶の精錬度を高めていきますが、最後の工程で遠心分離機によって結晶糖液に分離されます。

 

この時に分離された結晶がグラニュー糖上白糖になります。つまりグラニュー糖と上白糖は同じ過程で生成されているものです。

グラニュー糖
グラニュー糖

ではグラニュー糖と上白糖の違いはどこにあるのかというと、まず一つ挙げられるのはその結晶の大きさです。

 

生成する過程で色々な大きさの結晶が作られていき、大きな結晶のものが「グラニュー糖」で水分量がやや多く小さな結晶のものが「上白糖」と言われています。

 

もう一つ挙げられる違いは「転化糖が加えられているかどうか」にあります。

 

グラニュー糖というのは砂糖の中でも最も純度が高く、ショ糖(スクロース)が占める割合は99.99%です。

 

対して上白糖のほうは主成分であるショ糖に対して1.3%程度の転化糖(ショ糖を果糖とブドウ糖に加水分解したもの)がまぶせられています。

 

果糖というのはショ糖よりも最大で1.7倍程度の甘さを示すため、上白糖のほうがグラニュー糖よりも甘さが強くなり、表面に転化糖がまぶせられることで水分が保たれてしっとりとした感触になっています。

 

果糖が甘いというのは、清涼飲料水に加えられている「果糖ブドウ糖液糖」なんかでも確認することが出来ます。あれは正に甘さを増やすために加えられているのです。

そして遠心分離機によって結晶が分離された残りの糖液はどうなるのかというと、ここから作られるのが三温糖です。三温糖は糖液を数回加熱することにより結晶化されて作られます。文字通り「三回くらい温める」というわけです。

 

そしてこの加熱をする時にカラメル成分が作られて黒っぽい色になります。

どうも日本人というのは無意識に白砂糖を嫌い、黒糖のような色の付いた砂糖がヘルシーであるかのような錯覚に陥っていますね。おそらくこの三温糖をヘルシー志向で推してくるのは「色付き砂糖信仰」によるものではないかと思います。だから黒糖とかも好きなんでしょうけど。

 

ただ実際にはこの三温糖というのはその名前の通り三回加熱しただけのものです。雑味が交じることでより甘みを際立たせるという目的で作られているのです。

合わせて読みたい!  ”痩せ菌”酪酸菌の効果は?増やす食事やサプリメントは?


sponsored link

砂糖はどれも大した違いはありません

ここまで砂糖のいろいろな種類とか作り方を説明してきたにも関わらず、これを言ってしまっては身も蓋もないのですが、正直言ってどれも大差ないと思います。

 

黒糖がミネラルを含んでいるから体に良いとか、白砂糖は漂白されているから体に悪いとか、逆に余計なものが入っていなくていいとか、色々な意見がありますがこれら「砂糖」に共通して言えることは「ほとんどが糖分」ということです。

 

これはメープルシロップとかはちみつみたいな甘味料にも言えることですし、実際メイプルシロップのときにもお話しましたけど「何が含まれていようと大した量は入っていない」のが真実です。だってほとんどが糖分なのですから。

>>メイプルシロップには栄養が大して含まれていない話はこちらです!

 

白砂糖が体に悪い!というのも極端な話だからそこは否定しましたが、だからといって砂糖は体に良いとか黒砂糖がミネラルが含まれているからオススメとかそんなことを言っているのではありません。

 

カルシウムが欲しいのなら桜えびを、カリウムがほしいのならパセリを食べましょう。黒砂糖なんか取ってもほとんど意味がありません。

何度も言いますが砂糖だろうと黒砂糖だろうと三温糖だろうと、その成分はほとんどが糖質です。そこは変わりません。

どんな糖質が良いのか

私は糖質が悪いと言っているのではなく、こういう白砂糖とか黒砂糖に含まれる「糖質の種類」が気に入らないのですよ。これ、もうちょっと具体的説明していきますね。

 

砂糖の主成分はこれまでも何度かお話が出てきていますがショ糖(スクロース)です。あるいは上白糖のように転化糖としてブドウ糖やフルクトースが含まれていたりするでしょう。

 

これらの糖質というのは、人間が消化酵素を体内に持っているので消化・吸収してエネルギーへと変換します。もっと言えば取りすぎると脂肪になります。

言い換えるとエネルギー効率が良いということで脂肪はいざという時の蓄えです。だから体にとっては重要ですが、飽食の現代においてこれを使うような場面はほとんど来ないでしょう。

 

そこでオススメなのが「消化・吸収されない糖質」です。

 

消化されない糖質ってなんか体に悪そうだけど!?

 

と思うかもしれませんが、実はこの消化されない糖質こそが体にとってはものすごい力になるのです。

 

人間の体において消化・吸収というのは主に小腸で行われますが、消化・吸収されないということはこの小腸を通り過ぎてもっと奥に行きますね。

小腸のもっと奥には当たり前ですが大腸があります。大腸には様々な種類の腸内細菌が住んでおり、その数は数百兆個にも及ぶと言われています。

 

この多様さから「腸内フローラ」なんて呼ばれ方もしていますが、実はこの腸内細菌のうち善玉菌の代表であるビフィズス菌は糖質が大好物で、これを食べて自身の数を増やしたり様々な効果をもたらす短鎖脂肪酸を大腸内で生み出してくれます。

しかし砂糖のような「ただの糖質」を取っても大腸に届く前に小腸で吸収されてしまうのでエサにすることは不可能です。

 

そこで「消化できない糖質」を取ることで大腸へ届けてビフィズス菌のエサにすることが出来るというわけなのです。

 

逆に言えば「消化できる糖質」はビフィズス菌に働きかけることが出来ません。だから黒砂糖だろうと上白糖だろうと三温糖だろうと何だろうと、大して変わらないという風に言ったのです。

オリゴ糖こそが最も良い糖質です

消化されない糖質とは具体的に何なのかというと・・・それはオリゴ糖です。

オリゴ糖

オリゴ糖は砂糖とは違って人間が消化酵素を持っていないので小腸で消化・吸収されずに大腸へ届いてビフィズス菌を活性化させることが出来ます。

 

これは上に挙げたようなどんな種類の砂糖にもない特徴ですね。

 

ただ「オリゴ糖がビフィズス菌のエサになる」とはいえ実はこれだけでは言葉が足りない部分もあります。

 

腸内細菌は数百兆個あるということをチラッと話しましたが、それだけ数が多いということは腸内細菌の種類もとてつもない数になっています。

 

そしてそれはビフィズス菌も同じで、ビフィズス菌にも色々な種類があってそれぞれ好んで食べるオリゴ糖の種類も異なるのです。

ビフィズス菌

つまり、一種類のオリゴ糖だけを食べてもすべてのビフィズス菌を活性化させることが出来ません。なので数種類のオリゴ糖を同時に取る必要があるのです。

「カイテキオリゴ」がオススメです!

そして数種類のオリゴ糖を同時に取ることが出来てすべてのビフィズス菌を活性化できるのが、私がオススメするカイテキオリゴというオリゴ糖です。



こちらはビートオリゴ糖、ミルクオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、環状オリゴ糖など様々な種類のオリゴ糖を独自の黄金比率で配合することによりすべてのビフィズス菌が満遍なく活性化出来るようになっています。

 

この黄金比率はEOS理論と呼ばれており特許出願要請中のようです。

 

EOS理論による黄金比率のオリゴ糖は腸内細菌が生息する大腸の場所も念頭におきながらすべてのビフィズス菌が活性化出来るようになっています(特許出願番号:2013-509964)。

 

もちろん、私も実際にこのカイテキオリゴを砂糖の代わりに入れてみたりと実際に使ってみましたが、溶けやすいし十分甘いしかなりいい感じです!

 

>>実際にカイテキオリゴを使ってみてのレポートです!

 

三温糖だとか黒糖みたいなものよりもずっと体に良いと思いますよ。

 

>>日本一売れているオリゴ糖・カイテキオリゴの購入はこちらからです!

まとめ:上白糖とは?体に悪い・害・危険と聞くけど?グラニュー糖や三温糖との違いは

上白糖、黒砂糖、グラニュー糖、三温糖などの砂糖の種類や違いについてお話してきましたが、まとめると

・上白糖だろうと黒砂糖だろうとその主成分は「消化される糖質」でほとんど違いがない
・消化されない糖質「オリゴ糖」こそが最も優れた甘味料

 

ということですね。砂糖はただの砂糖であって、どれも大差ないので味の好みで選ぶようにしましょう。

 

>>日本一売れているオリゴ糖・カイテキオリゴの購入はこちらからです!

良い記事だと思ったらシェアお願いします!