良い記事だと思ったらシェアお願いします!

蜂蜜の健康効果については色々なところで謳われていますよね。

美肌、殺菌作用、血圧を下げるなど様々な効能があると言われているわけですが「便秘の解消などの腸内フローラの改善効果がある」とも言われていますね。

 

蜂蜜の中でもとりわけ「アカシア蜂蜜」というものが特に効果が高いと言われており、腸内フローラの改善の話になれば当サイトは無視出来ません。ということでアカシア蜂蜜の特徴や効能、便秘解消効果について調べてみましたのでそのことについて皆さんにお話したいと思います。

sponsored link

アカシア蜂蜜とは?

蜂蜜をよく知らない人からすれば「蜂蜜は蜂蜜でしょ?」くらいの認識だと思いますが(というか私も調べるまではそうでした(笑))、実は蜂蜜には「どの花から取った蜂蜜か」というので種類に若干の違いがあるようです。

 

最もポピュラーで「蜂蜜といったらコレ!」というのはレンゲの花から取れた蜂蜜で、レンゲ蜂蜜は「蜂蜜の王様」と呼ばれています。

 

レンゲ蜂蜜は
・上品なコクがあって癖のない味
・ほんのりとした酸味
・美しく淡い色調
・フローラルな香り
・便秘の解消に効果がある

 

という特徴を持った蜂蜜です。

 

そして本題。アカシア蜂蜜とは一体どんなものなのかというとアカシアの花から取れる蜂蜜で

・蜂蜜の中で果糖が最も多く冬場でも固まりにくい
・上品で癖のない味
・喉が焼けるような蜂蜜特有の甘さがない
・便秘の解消に効果がある

という特徴を持った蜂蜜です。

 

正確に言うと「こういう特徴を持っていると書いてありました」ですね(笑)。

 

さて、これを見たときにレンゲ蜂蜜と比べてその特徴、効果・効能にどんな違いがあるでしょうか?

 

最も目を引くのは冬場でも固まりにくいという特徴ですね。蜂蜜ってベタつきもあるけど、冬になると固まっちゃって蓋が開かないなんてことがよくありますもんね。あれが無いのだとすれば生活する上では結構良い蜂蜜だなって思います。

 

しかしそれはあくまで実用性という観点から見た特徴であって、私が知りたいのはそんなことではなくもっと腸内フローラにどんな効能をもたらすかということなのです。

蜂蜜は正直言って効果はイマイチです

甘いものを食べると喉が焼けるっていうのは別に蜂蜜に限らずチョコレートでも起こりますよね。あれって濃い糖分が喉の水分を奪うことで起こる現象なので、アカシア蜂蜜だから起こらないというのもおかしな話なのですが、「アカシア蜂蜜の特徴」としてこう書いてあったのでそのまま書いています。

 

蜂蜜については結構詳しく調べたつもりでしたが、アカシア蜂蜜ならではの特徴や特別な効果・効能というのはわからず「蜂蜜は蜂蜜でしょ?」の域を出なかったというのが正直なところです。

 

おそらく蜂蜜は期待する効果・効能によって使い分けるというよりは風味で選ぶものなのでしょうね。私は腸内フローラを改善するために蜂蜜ってどんな違いがあるのか?という目的で調べていたのでその違いがイマイチ分からなかったということなのでしょう。

 

だから「アカシア蜂蜜とは」なんてタイトルを付けましたけど、レンゲ蜂蜜だろうとアカシア蜂蜜だろうと、何の花の蜂蜜だろうと対して変わらないのかなって結論になります(少なくとも腸内フローラの観点から見れば)。

 

レンゲ蜂蜜やアカシア蜂蜜の他にもトチ蜂蜜とかみかん花蜂蜜とかローズマリーとかマヌカハニーとか色んな花の蜂蜜があるみたいだけど、私からすれば50歩100歩です(笑)。

 

まーたぶん詳しく調べると含まれるビタミンとかアミノ酸に違いがあるのでしょうけど、このサイトではあくまで「腸内フローラ改善の効果があるかどうか」で見ているので、その殆どが糖分と水分で出来ている蜂蜜は何の花だろうと対して変わらないというのが私個人の結論です。

 

蜂蜜の便秘解消効果とは

蜂蜜を摂取していると便秘を解消する効果・効能があるという風に言われております。前述のレンゲ蜂蜜もアカシア蜂蜜も、共にその特徴として「便秘の解消に効果がある」という風にお話しましたよね。

蜂蜜に便秘の解消に効果がある理由としてグルコン酸という有機酸が含まれていることが挙げられています。

 

グルコン酸も水溶性食物繊維やオリゴ糖と同じように胃酸に溶けずに大腸に届いてビフィズス菌のエサになる性質を持っている有益な物質です。

 

そして、蜂蜜にはオリゴ糖も含まれています。

 

つまり蜂蜜にはグルコン酸とオリゴ糖という腸内フローラに有効な成分を2つ合わせ持っているということなのです。

 

こうして書くと蜂蜜は便秘の解消などものすごく腸内フローラ改善に効果があるように思えますが、問題はその含有量です。

 

突然ですが蜂蜜ってめちゃめちゃ甘いですよね?体感としては砂糖に匹敵するくらいの甘さがあると思います。

 

もちろん精製された砂糖に比べれば水分などが多い分、同じ量でもカロリーは低くなるのですが蜂蜜に含まれるのはそのほとんどがブドウ糖や果糖などの糖分です。具体的にはその8割弱が糖分で2割が水分、残りのわずか数%に有機酸、ビタミンなどが含まれます。

 

ではオリゴ糖やグルコン酸がどの程度含まれているのかというと、オリゴ糖は1.5%で、グルコン酸に至っては1%にも満たない0.3%しか含まれていないのです。

 

オリゴ糖を多く含む食品であればヤーコンやきな粉に及びませんし、グルコン酸を多く含む食品ならローヤルゼリーが蜂蜜の4倍以上、蜂蜜よりずっと低カロリーな「お酢」が蜂蜜と同じ位の量を含んでいます。

 

特に蜂蜜に含まれるグルコン酸について「蜂蜜に含まれる有機酸のうち70%がグルコン酸」なんて説明をしているところがありますが、これは実に誤解を与えやすい表現だと思います。

 

こうするとまるで蜂蜜の7割がグルコン酸であるかのように見えますが、こういう数字のマジックにだまされないようにしましょうね。あくまでも「有機酸のうち」です。

合わせて読みたい!  ”痩せ菌”酪酸菌の効果は?増やす食事やサプリメントは?


sponsored link

 

もう一度言いますが蜂蜜の成分は8割弱が糖分、2割が水分です。残りのたった数%の中にビタミン、ミネラルなどの栄養素が微量に含まれていて有機酸もそのうちのわずかな量なのですからね。

 

蜂蜜を取るよりはオリゴ糖を取ろう

オリゴ糖

もちろん何も取らないよりは蜂蜜を取れば腸内フローラの改善に効果があります。微量とは言えオリゴ糖やグルコン酸を含んでいるわけですからね。さらにはビタミンなども含んでいますからそういう意味でも健康効果は期待できるでしょう。

 

しかし蜂蜜には糖分が多く、あまり多く取りすぎるとカロリーオーバーの危険性があるという点は無視できないでしょう。

 

ただ、蜂蜜は果糖の含有量が多いことから食後の血糖値を上昇させる指標であるGI(グリセミック・インデックス)値は砂糖よりも低くなるという点は評価できると思います。前述のアカシア蜂蜜、特に国産のアカシア蜂蜜はGI値が32という、蜂蜜の中でも最も低いGI値を示します。

 

ただ腸内フローラを改善するという目的で取るのにはそれほど効率が良くないのです。それだったら蜂蜜じゃなくてもオリゴ糖を直接取ったほうがずっと良いでしょう。

 

オリゴ糖はスッキリとした甘さが特徴で蜂蜜のような濃厚な風味やコクはありません。

 

お菓子を作るときにどうしても蜂蜜の風味やコクが欲しいということはあるでしょうが、そうでなくて単に甘味料として砂糖の代わりに使うというのなら蜂蜜ではなくオリゴ糖を使うようにしましょう。

 

オリゴ糖は種類によっても異なりますが、大体砂糖の半分くらいの甘さになっています。

 

そして気になるオリゴ糖のカロリーは1gあたり大体2kcalくらいとされておりこれは砂糖の大体半分くらいのカロリーなのですが、実はこれは砂糖が糖分由来のカロリーで表示されているのとは全く異なり、オリゴ糖のカロリー表示は大腸のエネルギーになる短鎖脂肪酸でのカロリー換算なのです。

 

オリゴ糖のカロリー表示の仕組みの話についてはこちら

 

そもそもオリゴ糖のような難消化性の糖質は砂糖や蜂蜜と異なって胃や小腸では吸収されず大腸にまで届けられます。

腸内環境

 

そして大腸に届いたオリゴ糖がビフィズス菌によって代謝されて短鎖脂肪酸となるのです。

 

短鎖脂肪酸が余計な脂肪や糖分の蓄積を抑制し、さらには脂肪を燃焼させることからダイエットに効果があるというのは聞いたことがあるでしょう。

 

つまり純粋なオリゴ糖は蜂蜜よりもずっと太りにくくダイエットに効果がある糖分と言えます。GI値も種類によっては10とかほぼ0というオリゴ糖もありますしね。

 

ただ市販のオリゴ糖シロップは砂糖などの余計な成分も多く注意が必要です。

 

オリゴ糖についてもうちょっと詳しく知りたいという方は、以下の記事を是非読んでみてください。

>>そもそもオリゴ糖とは何なのか?効果は?

 

ただの甘味料とは違うオリゴ糖が持つ驚異的な効果や、腸を整えることの重要さを知っていただければ幸いです。

まとめ:アカシア蜂蜜とは?その特徴や効能は?はちみつが便秘の改善に効果アリ?

蜂蜜が花によって種類があること、アカシア蜂蜜とは何なのか?ということ、蜂蜜に含まれるオリゴ糖やグルコン酸のお話をしてきましたがまとめると

 

・蜂蜜はそれぞれ種類によって風味が異なるが腸内フローラへの効果から見ればそれほど違いはない
・蜂蜜よりも高純度のオリゴ糖を取るほうが腸内フローラの改善には効果的

 

ということになります。健康目的であえて蜂蜜を取ることは腸内フローラ改善の観点から見ればそれほど効率はよくありませんので高純度なオリゴ糖を取るようにしましょうね。

オリゴ糖ならこれ!

オリゴ糖をお探しでしたら、すでに実績があって口コミでの評判も良好なものを買うのをオススメします。

 

私が使っているオリゴ糖は数種類のオリゴ糖を黄金比率でブレンドした高純度のオリゴ糖というもので、「日本一売れているオリゴ糖」でもありその実績と信頼は確かなもので、妊婦や赤ちゃんでも安心して使うことが出来ます。

カイテキオリゴ

オリゴ糖にも色々な種類がありすぎてどんなオリゴ糖を選んだら良いかわからないという方は是非このオリゴ糖を参考にしてくださいね。

 

私も使ってみてすごくスッキリしましたし、実際に使っての詳細なレビューも書いています。日本一売れているオリゴ糖を詳しく知りたいという方はそちらをご覧ください。

 

>>日本一売れているオリゴ糖の効果を徹底解説しました!

腸内環境の全てがわかる無料メール講座

あなたは「腸は全ての臓器のルーツ」ということをご存知ですか?   便秘だけではない!ダイエット、美肌、妊活・・・ あらゆる健康に関わる「腸内環境」の全て を伝える無料メルマガ ※注意 驚きすぎて下痢になっても一切責任は負いません。   ビフィズス菌・乳酸菌だけではダメだった!? 世の中のほとんどが知らない「第三の善玉菌」の重要性とは?   ※登録はこちらです  

 

※登録はこちらです  

sponsored link
良い記事だと思ったらシェアお願いします!