良い記事だと思ったらシェアお願いします!

女性らしさを向上させてくれるのが大豆イソフラボンであり、その大豆イソフラボンをより効率的に使うことができるためにはエクオールという物質に変化させることが重要なのだということはすでにお話しました。

 

エクオールについての詳細はこちら

 

そしてそのエクオールがどうやら不妊にも効果があるというのです。

 

 

大豆イソフラボンから作られるエクオールは女性らしさを向上させる成分ですから、女性の象徴である「子供を産む」という行為に対して効果があるのはある意味当然と言えます!

 

 

こちらではエクオールと不妊の関係についてお話していきたいと思います。

 

sponsored link

 

不妊の原因とは

 

女性は高齢になればなるほど不妊になる確率が高くなってしまうというのはよく聞く話ですよね。ではなぜ加齢によって不妊になってしまうのかというのをお話していきましょう。

 

 

加齢によって卵母細胞が減っていく

妊娠するために必要なのは当然ですが健康な卵子が排出されることですよね。

 

この卵子の元となる卵母細胞というのは新生児としてこの世に生を受けた時点で約200万個あるのですが、これは精子と異なって新しく作られることはなく、歳を取るごとにどんどん数を減らしていきます。

 

 

20代の頃はまだ10万個ほどの卵母細胞が残っているのですが、40代になるともう数千個しか残っていないと言われています。

 

つまり、加齢に伴って卵母細胞が卵子に成長できる母数が小さくなってしまうことが不妊になってしまう原因の一つというわけです。

 

卵母細胞が卵子になれない

さらにいうと、この卵母細胞が卵子に成長するために女性ホルモンの一種であるエストロゲンの働きが必要です。卵子に成長できる卵母細胞の数が減るだけでなく、卵子へと成長できる確率も低くなってしまうのです。

 

また、仮に卵子に成長したとしてもその卵子自体が老化の影響を受けていて不完全な形のため、精子と出会ってもうまく結合できなかったりしてしまいますし、もっと最悪なのは妊娠したのに流産してしまうことすら考えられます。

 

子宮内膜が薄くなる

卵子そのものではなく、受精卵が着床する子宮内膜にも女性ホルモンが関係しています。

 

これはいわば赤ちゃんが育つベッドのようなもので、生理の周期、もっと具体的に言えば女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量コントロールによって内膜が厚くなったり剥がれ落ちて薄くなったりを繰り返しています。

 

子宮内膜以外の組織が増殖と剥離を繰り返す子宮内膜症という病気もありますが、この病気は高齢になるとほとんど発症しないため女性ホルモンが関係していることは明白です。

 

正常な女性ホルモンの分泌が子宮内膜を厚くしてくれるのですが、女性ホルモンが少ないと子宮内膜が厚くならないために受精卵が着床しづらく、不妊の原因となります。

 

加齢によって生理周期が長くなる

生理が終わるとまた新しい卵子が排出されるのが通常ですが、この生理周期が加齢によって長くなってしまうのも不妊の原因の一つです。

 

妊娠に適した期間というのは限られてきますから、その期間が訪れる頻度が少なくなることで妊娠できる確率は減ってしまうでしょう。

 

加齢は避けられないけど・・・

加齢に伴って不妊の確率が高まるというのは仕方のないことです。

 

そもそも生き物であれば加齢に伴う老化というのは避けられないものですから、悲しいですがこれは宿命として受け入れるしかありません(泣)。

 

私たちに出来るのは加齢・老化によって現れる弊害をいかにしてカバーするかということなのです。

 

卵母細胞が加齢とともに減ってしまうことはしょうがないですが、この卵母細胞がうまく成長して健康な卵子になるようにしたり、子宮内膜を厚くするための努力というのは出来そうですよね。

合わせて読みたい!  ”痩せ菌”酪酸菌の効果は?増やす食事やサプリメントは?


sponsored link

 

そのために大豆イソフラボンを摂取することで減少してしまった女性ホルモンの代替機能を担ってもらうということが重要になってくるというわけで、そのためには正にエクオールがうってつけなんですね。

不妊の改善にはエクオール

大豆イソフラボンを摂取したからといって、それが直ちに女性ホルモンの代替として機能するわけではなく、大豆イソフラボンに含まれるダイゼインが腸内細菌によってエクオールという物質に変化することでより効率的に働くことができます。

 

エクオールの詳細についてはこちら

 

ただ残念なことに、日本人の場合ダイゼインをエクオールに変えることができる「エクオール産生菌」を腸内に持っている人の割合は50%と言われており、これを持っているかどうかは小さい頃からの生育環境などによってある程度決まってしまいます。

 

これを改善することはある程度は可能ですが、それが少々回りくどいという人のために「エクオールを直接取るための」サプリメントを摂取するという選択肢もありますね。

 

もしエクオールのサプリメントをお探しであるならば、

腸内フローラが悪化していると不妊のリスクが高まる

腸内フローラというのは単にエクオールを産出しやすくするためだけに機能しているわけではなく、人間の体の様々な機能をも担っております。

腸内環境

そして、人間の免疫機能というものの70%が腸に集約されているということはお話しましたね。

 

つまり腸内フローラに異常があればこの免疫機能にも異常をきたすということであり、それが不妊のリスクを高める可能性もあるのです。

 

免疫機能に異常が出ると過剰なアレルギー反応を起こすようになり、本来異物でないものに対しても抗体を作ってそれを排除しようとします。

 

その代表的な例は花粉症ですが、もし本来無害であるはずの精子受精卵に対して矛先が向いてしまったとしたら・・・せっかく女性ホルモンを活性化させて無事に元気な卵子を作り出して精子と結合してもすべてが無意味になってしまいます。

 

その他にも
・便秘が有害物質を生産して卵子の老化をもたらす
・腸内環境の悪化が栄養吸収を悪くする
・便秘による子宮の圧迫が受精を妨げる

といった具合に、腸内環境と不妊は密接に関係しているので是非改善したいところ。

 

私たちはどこに不妊の原因があるのか自分の体でも詳しくはわかりませんから、まだエクオールが足りないのかな~?なんて思って対策をしても、根本の原因が違うところにあるので一向に不妊が治らない、なんてことになってしまいますね。

 

それを防ぐためにはやはり、普段から腸内フローラを整えておくということが重要になってくるのです。

 

「腸内環境を整えることで不妊を改善する」というサプリもあります。これはエクオールよりももっとオススメのものなのでそちらも参考にしてみてください。

 

>>腸内環境を整える不妊サプリの詳細はこちらです!

 

こちらでは不妊と腸内環境の関係についてもっと詳しくお話していますし、個人的にはエクオールよりもオススメですね。

 

ただエクオールは女性ホルモンを増やすという目的がありますので、バストアップだとか美肌なども狙いたい時にはこちらの方が良いでしょう。

まとめ:エクオールが不妊の改善に効果!不妊の原因は加齢?女性ホルモン減少?

 

さて、不妊とエクオール、腸内細菌のことについてお話してきましたがまとめると

・加齢に伴う女性ホルモンの分泌により不妊の確率が高まるのは仕方のないこと
・加齢は避けられないけど努力で不妊のリスクを回避することは可能
・女性ホルモンの分泌量を増やすためにエクオールが重要
・腸内フローラが悪化していると免疫機能の異常から不妊の原因になることもある

 

ということですね。不妊の改善のためにエクオールを摂取することと同時に、日々腸内フローラを整えておくこともまた重要になってきます!

 

腸内環境の全てがわかる無料メール講座

あなたは「腸は全ての臓器のルーツ」ということをご存知ですか?   便秘だけではない!ダイエット、美肌、妊活・・・ あらゆる健康に関わる「腸内環境」の全て を伝える無料メルマガ ※注意 驚きすぎて下痢になっても一切責任は負いません。   ビフィズス菌・乳酸菌だけではダメだった!? 世の中のほとんどが知らない「第三の善玉菌」の重要性とは?   ※登録はこちらです  

 

※登録はこちらです  

sponsored link
良い記事だと思ったらシェアお願いします!