良い記事だと思ったらシェアお願いします!

私たちの腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌という三種類の菌が存在しており、そのうちの善玉菌の99.9%をビフィズス菌が占めているというのはすでにお話しした通りです。

ビフィズス菌

 

だから当サイトで「善玉菌を増やそう!」という風にしきりに言ってはいるものの、それは実質的には「ビフィズス菌を増やそう!」というのとほぼ同じことなのです。

 

 

しかしひとえに「ビフィズス菌」といってもビフィズス菌自体に種類があるのです。

 

え!ビフィズス菌にも種類があるなら何種類もバランスよく取らないとダメなのかな!?

 

と思いますよね。

 

 

こちらでは

・ビフィズス菌とはそもそも何なのか?
・ビフィズス菌にはどのような種類のものがあるのか?

 

についてお話していきたいと思います。

 

sponsored link

ビフィズス菌とは

ビフィズス菌とは、ビフィドバクテリウム属の細菌の総称で、酸素がある環境下では生きられないという性質を持っています。だから酸素が多い小腸ではビフィズス菌はほとんど見られないのに対して酸素のない大腸に生息しているのです。

 

ビフィズス菌の役割

ビフィズス菌の主な役割というのは、糖類から酢酸や乳酸などの物質を生成し、大腸内のPhを酸性に保つことです。

 

いわゆる悪玉菌というのはアルカリ性の環境を好むため、ビフィズス菌によって腸内が酸性に保たれると悪玉菌の繁殖が防がれます。

 

腸内環境

 

あるいは、ビタミンB群やビタミンKを合成する働きもあります。

 

大腸に人間の免疫機能の70%が集約されていることからもわかるように、腸というのは健康を語るうえで欠かすことのできない重要な器官です。

 

ビフィズス菌を取ることで様々な健康の効果やメリットが期待できるということですね!

 

ビフィズス菌の種類

ビフィズス菌は現在までに人や動物合わせて30種類のものが確認されており、そのうち人間の大腸内で繁殖している、と確認されたのは10種類あります。

 

ただ、その中にはかなり例外的に発見されたというビフィズス菌もあって、調べても詳しいことがわからなかったため、主な5種類のビフィズス菌について紹介したいと思います。

 

ビフィダム菌

1899年に母乳栄養児の糞便から世界で初めて発見されたビフィズス菌です。

 

胃の粘膜を保護したり、胃のピロリ菌を抑制する、胃の健康に効果があるという変わった面があります。

 

ロングム菌

ビフィズス菌bb536とも呼ばれており、酸素や酸に強い性質を持っています。

いわゆる生きたまま腸へ届くビフィズス菌というのはこのロングム菌のことを指し、ヨーグルトにも使用されているビフィズス菌です。

 

※「使用されている」という文言を使った理由については後述します。

ブルーベ菌

赤ちゃんの腸内で最も多くなっているビフィズス菌で、抗アレルギー作用を持ちます。

 

ヤクルトが独自に保有するビフィズス菌であるブルーベ・ヤクルト株は皮膚の乾燥を押さえて美肌に効果があるとされております。

合わせて読みたい!  ”痩せ菌”酪酸菌の効果は?増やす食事やサプリメントは?


sponsored link

 

インファンティス菌

ブルーベ菌と同じように赤ちゃんの腸内に生息しており、花粉症などのアレルギーを抑制する効果があります。

 

赤ちゃんが花粉症になりにくいのはこのビフィズス菌のおかげなのかも?

 

アドレスセンティス菌

主に成人の腸内で繁殖しているビフィズス菌でビタミンを合成する働きを持っています。

 

ビフィズス菌に種類があるといってもやれることは一つ

 

ビフィズス菌に様々な種類があるということをお話してきましたが、それを知ったからといって私たちが出来ることに変わりはありません。

 

なぜならば、何度も言っているようにビフィズス菌は酸素がある環境下では生育できないので、食品に含まれていることはほとんどないからです。

 

もっと言えば、色んな種類のビフィズス菌を取り入れようとしてもそれは叶いませんし、仮に何らかの工夫をして摂取したとしても胃酸や胆汁酸などの強力な消化液によって分解されてしまうため大腸まで届かないでしょう。

 

ロングム菌(ビフィズス菌bb536)は数あるビフィズス菌の中でも例外で、酸素や酸に強く生きたまま腸に届くビフィズス菌なので、外部からビフィズス菌を摂取するならばこれ、ということになるでしょう。

 

もしかしたら今後研究が進んで、もっとすごいビフィズス菌が作られるなんてこともあるかもしれませんけどね。

 

 

ヨーグルトには元々ビフィズス菌はない

 

さて、ビフィズス菌のうちロングム菌の説明をする際に「ヨーグルトに使用されている」という文言を使った理由というのはこちらの話です。

bifix

 

ビフィズス菌というのはあくまでも大腸内で生成されるものであって、ヨーグルトに限らず食べ物に含まれていることはほとんどありません。

 

まあ、酸素があると生育できないというビフィズス菌の性質を考えると、食物中に存在できないというのは当然ですよね。

 

私たちはヨーグルトとビフィズス菌についてヨーグルトが発酵する過程で出来ているものだと思っていましたが、実はそうではないのです。

 

じゃあなぜヨーグルトは「ビフィズス菌が入っている」ということをしきりに言っているのかというと、ヨーグルトを作ってからその後でビフィズス菌を吹きかけているに過ぎないのです。

 

 

ビフィズス菌と違って乳酸菌は食物中に存在することが確認されているのでヨーグルトにも入っています。

 

ただ、私たちの多くが持っていたヨーグルトに対しての「自然食品だから体に安全」というイメージは完全になくなりますよね。

 

ヨーグルトだから安心!サプリはダメ!というのはイメージから作られた固定観念であると言えるでしょう。

 

むしろサプリメントのほうが気軽に取りやすいというメリットがありますね。

 

まとめ:ビフィズス菌にも種類がある?その効果とは?そもそもビフィズス菌とは

 

さて、ビフィズス菌の種類やそもそもビフィズス菌とは何なのか?ということについてお話してきましたが、まとめると

 

・ビフィズス菌の働きは腸内を酸性にして悪玉菌を抑制すること
・ビフィズス菌には種類があるが、外部から取って効果があるものは一つだけ
・ヨーグルトには元々ビフィズス菌は入っていない!

 

ということになります。

 

色々な種類があるということがわかったけれども、それを種類ごとにバランスよく取るということは考えなくてもいい!ということなんですね。

 

もしそうだとしたら、また子供の献立をあれこれ考えないといけないところでした・・・(笑)

腸内環境の全てがわかる無料メール講座

あなたは「腸は全ての臓器のルーツ」ということをご存知ですか?   便秘だけではない!ダイエット、美肌、妊活・・・ あらゆる健康に関わる「腸内環境」の全て を伝える無料メルマガ ※注意 驚きすぎて下痢になっても一切責任は負いません。   ビフィズス菌・乳酸菌だけではダメだった!? 世の中のほとんどが知らない「第三の善玉菌」の重要性とは?   ※登録はこちらです  

 

※登録はこちらです  

sponsored link
良い記事だと思ったらシェアお願いします!