良い記事だと思ったらシェアお願いします!

あなたは全ての善玉菌のうち99.9%を占める超重要な善玉菌があることをご存知でしょうか?

 

それはタイトルからもわかるのですがビフィズス菌です。

ビフィズス菌

善玉菌というとビフィズス菌以外にも乳酸菌や納豆菌、最近では「痩せ菌」として酪酸菌やバクテロイデスなどの名前も挙がるところですね。

 

しかし最も重要なのはビフィズス菌です。何しろ大腸内に存在する数が桁違いですからね。だから「善玉菌を増やす」ということはまずこのビフィズス菌を増やすということを一番念頭に置くべきなのです。

 

そしてビフィズス菌を増やそう!という風に思ったとしてまず考えることは「ビフィズス菌を含んだ食べ物を食べよう!」ということですよね。

 

しかし、通常の食べ物・飲み物にはビフィズス菌は存在していません。

 

え!ヨーグルトにはビフィズス菌が含まれているって聞いたけど!?

 

と思った方、実はヨーグルト自体にはビフィズス菌は含まれておりません。

ヨーグルト

あれはヨーグルトを作って、後からビフィズス菌を付与しているに過ぎないのです。

 

じゃあビフィズス菌を増やす食べ物や飲み物ってヨーグルト以外にどういうものがあるのか!?って思いますよね。

 

ということでこちらでは、ビフィズス菌を増やす食べ物・飲み物は何があるのか?ということについてお話していきたいと思います。

sponsored link

ビフィズス菌とは?

まず改めて「ビフィズス菌とは何なのか?」ということをお話していきましょう。

 

冒頭でもお話したように人の善玉菌のうち99.9%を占めるのがビフィズス菌です。

 

とはいえ「ビフィズス菌」という特定の一つの菌のことを指すのではなく、とある特徴を持った最近のグループのことを言います。

 

だからビフィズス菌にも

・ビフィズス菌ビフィダム
・ビフィズス菌ロンガム
・ビフィズス菌アドレスセンティス
・ビフィズス菌ブレーベ

のように様々な種類があって、ブレーベは赤ちゃんの腸内に多くアドレスセンティスは成人の腸内に多いなど年代によって生息するビフィズス菌の種類が違ったりします。

 

現在までに人の腸内で発見されたビフィズス菌は約10種類とされていますが、研究が進むにつれて新しいビフィズス菌の存在も明らかになってきています。

 

例えばダイエットに効果があるとして森永乳業が特許を取得したビフィズス菌B3(ビースリー)は2002年に発見されたばかりです。

 

ビフィズス菌について教科書的な言い方をするなら

 

グラム陽性の偏性嫌気性桿菌の一種で、放線菌綱Bifidobacteriales目Bifidobacterium属に属する細菌の総称

 

ですね(wikipediaから拝借)。

 

何のこっちゃよくわからんと思うので「ビフィズス菌はどんな効果を持つのか?」ということから理解していった方が良いでしょう。

 

ビフィズス菌の効果は?

「善玉菌を増やす」ということの目的って何か分かりますか?

 

「善玉菌を増やすこと」は目的ではなく手段ですので、もう少し深く考える必要があります。

 

この問いに対する答えは「短鎖脂肪酸を増やすこと」です。

 

ビフィズス菌が大腸内で増えると短鎖脂肪酸という物質が増えます。

 

短鎖脂肪酸は主に酢酸、プロピオン酸、酪酸という3つの有機酸のことを指しますが、これは大腸のエネルギー源にもなる非常に重要な物質です。

 

何しろ短鎖脂肪酸は

・腸内を酸性に保って悪玉菌の繁殖を防ぐ
・腸の蠕動運動を活性化させる
・病原菌などの有害物質から守るバリア機能の強化
・余計な脂肪の分解
・糖尿病の予防
・免疫機能の調節によるアレルギー抑制
・大腸がんの予防
・カルシウム吸収を促して骨の強化
・妊娠しやすい体づくり
・美肌

と、体に様々な良い効果をもたらしてくれるのです。

 

これらの健康効果を享受するためにビフィズス菌を増やすので、つまり短鎖脂肪酸を生み出すことが善玉菌を増やす目的です。

 

ビフィズス菌は大腸に届けられたオリゴ糖水溶性食物繊維を発酵してこの短鎖脂肪酸を作り出します。

ビフィズス菌と乳酸菌の違いは?

よくビフィズス菌と乳酸菌を同じものとして話しているところがありますが、この二つは明確に異なります。

 

乳酸菌は何を生み出すのかというと、名前からも分かるように「乳酸」を作り出します。

 

しかし乳酸は短鎖脂肪酸ではないので大腸がエネルギーとして使えません。

 

乳酸はそのままでは使えないので、これを酪酸や酢酸など短鎖脂肪酸として使える形に変換しなければならないんですね。

 

単純にビフィズス菌より数が少ないということに加えて、乳酸しか作れないというのも乳酸菌の欠点です。

 

ビフィズス菌も乳酸は作り出しますが、それに加えて短鎖脂肪酸である酢酸を作り出すことが出来るのです。

 

乳酸菌の主な効果はビフィズス菌の働きをサポートすることにあります。

ビフィズス菌が食べ物・飲み物に存在しない理由

ビフィズス菌は私たちの大腸に存在していますが、これは酸素がある環境下では繁殖できないからです。

 

そのためビフィズス菌は小腸にはほとんど存在しておらず、酸素がほとんどない大腸内を住みかとしているのです。

 

酸素が苦手ということはかなり致命的で、つまり通常の環境下では存在していないということなのです。現に、今発見されているビフィズス菌が存在しているのは、酸素がない人間や動物の大腸内のみです。

 

だから、もし食べ物からビフィズス菌を取ろうとすると特殊な加工を施したものでなければ無理なのですこれがビフィズス菌が食べ物・飲み物には存在していない理由になります。

ビフィズス菌を増やす食べ物とは

通常の食べ物や飲み物にはビフィズス菌が含まれていないとはいえ「食べ物で腸内のビフィズス菌を増やす方法」というのは存在します。

 

それは

 

1.腸内に今あるビフィズス菌を増殖する食べ物を食べる

2.ビフィズス菌を含むサプリメントを外部から取る

 

ということです。個別に詳しくお話していきましょう。

 

腸内に今あるビフィズス菌を増殖させる

腸内に今あるビフィズス菌の増殖を促すような食べ物を食べる、というのはもっと分かりやすく言うなら

 

ビフィズス菌のエサになるような食べ物を食べる!

 

ということです。

 

この「ビフィズス菌のエサになる食べ物」という考え方は「プレバイオティクス」と呼ばれていて、オリゴ糖食物繊維がプレバイオティクス食品の筆頭です。

オリゴ糖

あるいはレジスタントスターチ(難消化性でんぷん)やレジスタントプロテイン(難消化性タンパク質)もプレバイオティクスですね。

 

これらはまとめて食物繊維としてしまって良いとは個人的に思いますが。

 

以前食物繊維を多く含む食品の一覧を書いたことがありますが、野菜は思ったほど食物繊維は多くなく、海藻類が意外と多いという調査結果でした。

 

野菜の中でも最も食物繊維が多いのが「らっきょう」ですから、中々日々の食事で食物繊維を取るのは難しいところもあります。

 

そして食事で取るのが難しいのはオリゴ糖も同様です。

合わせて読みたい!  ”痩せ菌”酪酸菌の効果は?増やす食事やサプリメントは?


sponsored link

 

オリゴ糖の1日目安摂取量は成人で5gと言われていますが、比較的オリゴ糖を多く含むゴボウですら100g中に約3.6gとそれほど多くはありません。

そもそもゴボウ100gって一体どれだけキンピラを食べないといけないのか・・・(笑)

 

やはり抽出されたオリゴ糖を取るのが手っ取り早いと思います。

 

オリゴ糖は砂糖の代替甘味料として色んな料理に使えるのが最大の強みですしね。

 

すき焼き、肉じゃが、パン、ケーキ、餃子のタネ、ハンバーグのタネ、味噌汁、コーヒーなど何でも入れられるのがオリゴ糖です。

 

私のようにコーヒーにオリゴ糖を入れて飲むだけでも良いですしね。

 

もしオリゴ糖をお探しなら、僭越ながら私が使っている日本一売れているオリゴ糖をオススメしておきます。

ビフィズス菌を含むものを取る

次に考えられるのは「ビフィズス菌を含むものを取る」というものですね。

 

これはプロバイオティクスという「ビフィズス菌のエサになるものを取る」考えのプレバイオティクスとは対になるものです。

 

プロバイオティクスの筆頭はヨーグルトなのですが、ヨーグルトはあまり好ましくありません。

ヨーグルト

ビフィズス菌は基本的に酸素に弱く、通常の食べ物や飲み物には存在しないということは先ほどお話しましたね。

 

元々ヨーグルトに含まれるビフィズス菌は加工して作った後で吹きかけているだけなのですが、ヨーグルトは外部との接触面積が多く簡単に酸素に触れてしまいます。

 

となるとやはり加工を施したサプリメントでの摂取が良いでしょう。

 

サプリメントと聞くと抵抗があるかもしれませんが、これは薬ではなくあくまでも栄養補助食品です。

 

つまり食事で取りづらい栄養分を補うというものですね。ビフィズス菌は食事で取れないのですから正にうってつけです。

生きたまま腸に届くビフィズス菌のサプリメント

ただビフィズス菌をサプリメントで摂取するにも問題があります。

 

ビフィズス菌は酸にも弱いので消化液で死滅してしまう可能性があるのです。

 

胃酸や胆汁酸などに浸されて死滅してしまうとビフィズス菌を大腸に届けることが出来ません。

 

これを防ぐのがいわゆる「生きたまま腸に届くビフィズス菌」なんですね。その筆頭がビフィズス菌ロンガムの一種であるビフィズス菌bb536です。

 

ビフィズス菌bb536は1969年に森永乳業が健康な赤ちゃんの腸から発見したビフィズス菌です。

ビフィズス菌bb536は酸に強い性質を持つため、胃酸や胆汁酸などの消化液にも負けず大腸へと届きます。

 

一般的なヨーグルトには大抵このビフィズス菌bb536が付与されていますね。

 

そしてビフィズス菌bb536を含むサプリメントなら善玉ガードというものをオススメします。

善玉ガードはモンドセレクション銀賞を受賞していることから国際的にも評価されているビフィズス菌サプリメントです。

 

生きたまま腸に届くビフィズス菌bb536の他に

・乳酸菌LCKT11(ヒト由来の乳酸菌、免疫活性作用で特許取得済)
・フラクトオリゴ糖(トクホ認定のオリゴ糖)
・高分子性ファイバー(いくら取っても副作用のないアカシア樹脂)
・熟成蔵づくり酵素(野菜、果物、海藻など100種類以上の食品の発酵エキス)

 

といった成分が含まれています。

 

その品質もさることながら、子供のことを第一に考えているということに好感が持てます。

 

原料は全て天然の植物ということで添加物なども入っていませんし、異物が混入しないように徹底的な管理をしています。

 

味はヨーグルト味で、サプリメントというよりはタブレットに近いです。

だから子供にとっても気軽に食べられるんですね。

 

いくら体に良いサプリメントだとしても、子供がイヤイヤしたりゲーしたりしてしまっては意味がありません。

 

1回3粒で良いのですが、子供がおねだりして「もっと食べたい!」とママにせがんだなんて話もあるくらいですので「すぐなくなってしまう」という別の心配をする必要はあるかもしれませんね。

 

そして子供専用というわけではなく大人でも使えますので、家族みんなで使うことが出来るビフィズス菌サプリメントなんですね。

 

子供は2歳からこの善玉ガードを取ることが出来るようです。

 

私が知る限りでは、善玉ガードほど小さな子供や家族のことを考えているプロバイオティクスのサプリメントはないと思います。

 

子供は3歳までの生活習慣で腸内細菌の割合がほぼ決まってしまうと言いますから、子供の腸内環境はなるべく早く整えてあげたいところですね。

 

何かとお腹の弱い子供が出来てしまっては本人も親もかわいそうですから・・・

子供 腹痛

 

初回1980円(税別)という価格も良心的ですね。

 

この価格は公式サイトからの購入のみで適用ですので、お求めの場合は公式サイトから行くと良いでしょう。

 

と、その前に私が善玉ガードの成分について徹底的に解説している話も参考にしていただければ幸いです。

 

>>善玉ガードの詳細はこちらです!

 

プレバイオティクスとプロバイオティクスは、自分の生活スタイルと合わせてやりやすい方を選ぶと良いでしょう。

 

サプリメントに抵抗があるという人はオリゴ糖を食事に加える方法で、食事にオリゴ糖を入れるのが面倒くさい人はサプリメントでそれぞれビフィズス菌を増やしましょう。

まとめ:ビフィズス菌を増やす食べ物・飲み物は?サプリメントとの違いは?

ビフィズス菌は全ての善玉菌の99.9%を占める最重要な善玉菌で、短鎖脂肪酸を作り出してくれます。

 

 

ビフィズス菌は酸素に弱いので人や動物の大腸内にしか存在せず、通常の食事で取ることはかなり厳しいです。

 

そこで腸内のビフィズス菌を増やすためには

1.腸内のビフィズス菌のエサになるものを取る(プレバイオティクス)
2.ビフィズス菌そのものを直接取る(プロバイオティクス)

という二つの方法があります。

 

プレバイオティクスの筆頭はオリゴ糖で、プロバイオティクスの筆頭はサプリメントです。

 

プロバイオティクスなら子供のことを第一に考えている善玉ガードがおすすめです。

 

>>善玉ガードを徹底解説しました!

 

そうそう、最初にチラっとだけ出てきたダイエットに効果のあるビフィズス菌B3についてはまた別のところで詳しくお話していますので、そちらも参考にしてくださいね。

腸内環境の全てがわかる無料メール講座

あなたは「腸は全ての臓器のルーツ」ということをご存知ですか?   便秘だけではない!ダイエット、美肌、妊活・・・ あらゆる健康に関わる「腸内環境」の全て を伝える無料メルマガ ※注意 驚きすぎて下痢になっても一切責任は負いません。   ビフィズス菌・乳酸菌だけではダメだった!? 世の中のほとんどが知らない「第三の善玉菌」の重要性とは?   ※登録はこちらです  

 

※登録はこちらです  

sponsored link
良い記事だと思ったらシェアお願いします!