良い記事だと思ったらシェアお願いします!

赤ちゃんの健康を測る上で欠かせないバロメーターとも言えるのがウンチの色です。

 

赤ちゃんは「今日ちょっとお腹の調子悪いわ~」なんて言ってくれませんから、そのウンチの色を見てお腹が健康なのかどうかを測るしかないですからね。

 

時には赤い色のウンチ、緑色のウンチと、それはまあ色とりどりのウンチの色を示してくれるのですが、ママにとっては我が子のウンチの色が変だったら気が気ではありません。

 

その中でも赤ちゃんのウンチの色が黒とか白っぽい時はどんな風に対処すればいいのか?ということをお話していきたいと思います。

 

以下、具体的なウンチの色を説明するのにちょっと汚い画像も含まれているので苦手な方は「戻る」ボタンを押してくださいね!

 

sponsored link

 

健康な赤ちゃんのウンチの色は緑、茶色、鮮やかな黄色

黒いウンチ、白っぽいウンチの前に、そもそも健康な赤ちゃんのウンチの色は何色なのかというと茶色鮮やかな黄色です。

  

(※ユニ・チャームさんのHPより拝借

 

ウンチの色がなんて、茶色いウンチの色に慣れた私達大人からすれば赤ちゃんの体がどこか悪いのかな?なんて思いますがこれは正常なウンチの色。特に離乳食に移行する前の母乳育児の時はこの緑色のウンチが出ることがあります。

 

 

通常の赤ちゃんのウンチの色は黄色ですが、これは胆汁に含まれるビリルビンが黄色の色素を持つためです。そしてこのビリルビンが酸化することで緑色になるのです。だからウンチの色が黄色でも緑色でも、それは健康なウンチなのです。

 

酸化というと何か悪いことが起きているのではないかと思いますが、これは健康な赤ちゃんであっても起こることです。

 

例えばウンチの回数が少ないとか、ミルクや母乳を飲む時に一緒に空気を飲み込むなどが原因ですね。こうするとウンチが腸の中で空気に触れる機会が多くなって酸化し、ウンチの色が緑色になるのです。

 

特に母乳で育っているうちは顕著で、母乳に含まれる乳酸菌によってうんちが酸性になって緑色になることが多いです。

また、母乳は水分を多く含んでいるので、一見下痢のようなウンチをします。

 

そして母乳・ミルクを卒業して離乳食へと移行すると、大人と同じようにウンチの色が茶色へと変化していきます。

 

ウンチの色が黒い時は病気!?

赤ちゃんのウンチの色が黒い時はどんな状態が考えられるのでしょうか?これはいくつか場合分けして考えたほうが良さそうです。

 

①鉄分を多く含む食品を食べた

便に黒い粒が混じる話の時にもしましたが、鉄分を多く含むものを食べた赤ちゃんのウンチの色はっぽくなります。鉄分が酸化するからですね。

 

具体的にはホウレンソウなどですね。

あとは鉄欠乏症貧血で鉄剤を服用している場合などもウンチの色が黒くなります。

 

②胎便

(またまたユニ・チャームさんHPより拝借)

胎便というのは生まれたばかりの赤ちゃんにあるもので、ママのお腹にいた時に溜まったものが排出されて黒い色のウンチとして出てきます。

 

ですので時間が経てば次第にウンチの色は茶色とか緑に戻っていきます。

 

③消化管の上部で出血している

赤ちゃんでは非常に稀なケースですが、胃や食道などの消化管上部で出血しているとそれが便となり排出される頃に黒くなって黒い色のウンチとして排出されます。

 

この場合は赤ちゃんをすぐに病院に連れて行ったほうがいいですが、これはウンチの色が黒くなるだけではなく明らかに赤ちゃんの様子がおかしくなります。

 

いつもと変わらず元気に遊んでいて食欲もあるなら心配する必要はありません。

 

ただあまり長い間黒い色のウンチが続くようなら念のために病院に連れていくことをオススメします。

 

消化管上部ではなく下部(肛門に近い方)で出血している場合は黒ではなく赤いウンチの色になります。

(これまたユニ・チャームさんHPより拝借)

sponsored link

④便秘

健康な赤ちゃんであっても空気に触れたりウンチそのものの回数が少なくなることでウンチの色が緑色になるということはお話しました。

 

緑色くらいなら良いのですが、これが度を過ぎると黒いウンチが出ることがあります。度が過ぎるというのはつまり便秘。

 

便秘になって体の中にウンチが留まる時間が長引くほど、酸化が進んで緑色から黒くなっていくというわけですね。

 

もちろん個人差はありますが、赤ちゃんというのは平均すると1日に5回ほどのウンチをするようなので、あまりに頻度が少なくウンチの色が黒くなっているとなると便秘かもしれません。

 

特に母乳・ミルクから離乳食へ移行した赤ちゃんは、便秘になってしまうことが多いようです。

ウンチの色が白っぽい時は?

(こちらはYahoo!知恵袋より拝借。ユニ・チャームさんの写真よりもボリュームがすごい・・・)

ウンチの色が黒い時とは反対に、白っぽい時もあります。これはインパクトもあってびっくりしますよね。

 

まず、部分的白っぽいものが混じっているだけならばそれは母乳やミルクに含まれる脂肪分の塊や腸管の粘液のうち吸収しきれなかったものなのでそれは心配ありません。

 

ただ、ウンチの色が全体的に白っぽい場合は胆汁の分泌が不十分な可能性が考えられます。胆汁が分泌されていれば普通はウンチの色が茶色とか緑色になるはずですからね。

 

胆汁がない場合は胆道閉鎖症という病気が疑われます。肝臓から腸に胆汁を送る管が塞がっていたり、管そのものがない病気ですね。

 

これは白っぽいウンチの色だけでなく、薄い黄色だったり、薄い緑色だったり、クリーム色の便だったりととにかく「ウンチの色が薄い」というのがサインです。

 

あるいは油っぽい便が出るというのも胆道閉鎖症の赤ちゃんのウンチに見られる特徴です。

 

便秘でウンチの色が黒い時の対処法

これまでお話してきた赤ちゃんのウンチの色から分かる健康状態においては、時間が経てば自然に治るもの医者の専門的な治療が必要なものがほとんどですが、中にはそのどちらにも当てはまらないものがありますね。

 

それは、便秘によってウンチの色が黒くなってしまっているケースです。

 

時間が経ったからといって自然に治る根拠もないし、医者に見せるほど緊急性を要するものではない、何とも困る案件です。

 

まあ単にウンチの色が黒いだけならいいんですが、便秘で苦しそうな赤ちゃんの顔を見るのは親としては辛いし、何とかしてあげたいと思いますよね。

 

実際、便秘というのは体にとってはあまりよろしくない状態です。腸内にウンチが長く留まればそこから出る有害物質を再吸収してしまう危険性があるからです。大人より体の小さい赤ちゃんであればなおさら注意したいですよね。

こういう時の対処法は、赤ちゃんに水分補給をさせてあげるのが良いでしょう。

 

母乳やミルクで育てている時であっても母乳やミルク以外で水分補給してあげたほうが便秘には良いですし、離乳食に移行した時期ならなおさらです。まあ母乳やミルクを飲んでいる時はそうそう赤ちゃんは便秘にはならないので主に後者ですね。

 

そしてその時にオススメなのは麦茶

麦茶ならカフェインが含まれていないので赤ちゃんの体にも優しいですし、虫歯を防ぐことも出来ますし、ミネラルもそれなりに含まれているという優れもの。

 

離乳食に移行して色んな味を経験させて慣れさせるという意味でも麦茶はうってつけでしょう。

 

しかし赤ちゃんは麦茶を嫌がって飲まないことがあります。まろやかな味の母乳やミルクに慣れていると「苦い!」と感じるのでしょうね。

 

そんな麦茶を嫌がって飲まない赤ちゃんにも飲ませることが出来る方法があります!是非参考にしてくださいね。

>>麦茶を嫌がる赤ちゃんに飲ませる方法はこちらです!

まとめ:赤ちゃんのウンチの色が黒や白っぽいときは病気!?どうしたらいいの?

赤ちゃんのウンチの色が黒い時や白っぽい時はどうしたらいいのか?ということをお話してきましたが、まとめると

・健康的な赤ちゃんのウンチの色は茶色鮮やかな黄色
・ウンチの色が黒い原因は ①鉄分 ②胎便 ③消化管上部の出血 ④便秘
・ウンチの色が白っぽい時は胆道閉鎖症の疑いがある
・赤ちゃんの便秘には麦茶で水分補給をしてあげると良い

 

ということですね。色とりどりのウンチの色には、それぞれ考えられるケースを当てはめて対処していきましょう。

sponsored link
良い記事だと思ったらシェアお願いします!