良い記事だと思ったらシェアお願いします!

麦茶はコーヒーや緑茶などのようにカフェインを含まないことから、体に優しくて赤ちゃんでも水分補給がしやすい飲み物ですね。

特に母乳やミルクから離乳食へ移行した時に飲ませるにはうってつけの飲み物ですよね。

 

でも赤ちゃんはそれまでの母乳やミルクの甘さに慣れちゃっていますから、急に麦茶を渡されても嫌がって飲まない!ということがよくありますよね。

 

飲ませようとしても口から吐き出してしまったり・・・もったいない!

 

まあ慣れないものというのは急に渡されてもなかなか受け入れられないというのがありますよね。

 

私も初めて「炭酸」や「わさび」を食べたり飲んだりした時は「なにこれっ!?」って子供ながらに衝撃を受けた覚えがあります。

 

赤ちゃんにとっての麦茶というのはそういうものなのでしょう。

 

こちらではそんな麦茶を嫌がって飲まない赤ちゃんへの麦茶の飲ませ方というのをお話していきたいと思います。

 

sponsored link

なぜ赤ちゃんに麦茶が良いのか

麦茶がなぜ赤ちゃんに良いのかということをまずお話していきましょう。

 

まず一つ挙げられるのは「ノンカフェイン」であること。

 

カフェインはご存知のように覚醒作用解熱鎮痛作用があります。

 

これは適量ならば眠気や疲労を回復してくれる効果がありますが、あまり多く飲ませると情緒不安定になってイライラしたり、寝付きが悪くなって夜泣きしたり、落ち着きがなくなってしまったりするので赤ちゃんに飲ませるのは要注意。

特に大人と違って体が小さいですから少量でも影響が出ることが考えられます。なるべくカフェイン含有の飲み物を飲ませるのは避けたいところです。

 

二つ目に挙げられるのは虫歯予防の効果があるということ。

ジュースなどと違って糖分が含まれていないことは当然ですが、それと同時に離乳食を食べた直後に麦茶を飲ませる子でまだ歯磨きが出来なくても食べかすを洗い流してくれるという効果も期待できます。

 

三つ目に挙げられるのはミネラルが含まれているということ。

 

まあ正直言って麦茶に含まれるミネラルというのはたかが知れてるんですけど、マグネシウム、カリウム、亜鉛などのミネラルを含んでいることからミネラル補給の効果もある程度期待できます。

 

とりあえず、体に悪い物が入っていないということで水分補給の目的で飲ませるのには良いということがわかりますね。

水分補給ならジュースでも良いのでは?

麦茶がダメならジュースを飲ませればいいじゃない!

 

そんなマリー・アントワネットママの声も聞こえてきそうですが、これはあまりオススメしません。

 

それはちゃんがジュースの甘さに味を占めてしまう可能性があるから。

ジュースには赤ちゃんに飲ませるには余計な糖分が多すぎます。

 

しかしその糖分による甘さに赤ちゃんが依存してしまうのです。

 

そうするとジュースしか飲まなくなってしまって、お茶をあげてもジュースの美味しい味に慣れてしまっているから「ジュースがいい!」とグズりだしてしまいます。

 

糖分が多ければ当然、虫歯や肥満のリスクにもつながりますしね。赤ちゃんというのは自制が効きませんから、与えすぎるとどんどん飲んでしまいますよ。

 

そういえば以前、タイに「ヘビースモーカーの赤ちゃん」なんてのがいましたよね。

 

正にこれは自制が効かなくなってしまった赤ちゃんの典型例

 

この赤ちゃんが今どうしているのかわかりませんが・・・きっとタバコをやめるのに苦労しているんじゃないでしょうか。

 

まあこれは極端な例かもしれませんが、赤ちゃんのうちからガバガバジュースを飲ませるというのは赤ちゃんを将来こんな子供にしてしまう可能性があるということ。

 

だからジュースの美味しさは教えてはいけないのです。

 

となるとやはり、赤ちゃんに水分補給で飲ませるものはノンカフェインの麦茶が一番安心なんですよね。

 

まあたんぽぽコーヒーとかもノンカフェインですけど、そのへんのコンビニで買えるかといったらそれは無理ですしね。

 

結局は麦茶を飲ませるのが一番良いってことになります。

 

赤ちゃんが麦茶を飲まない理由は「苦味」!

赤ちゃんが麦茶を嫌がって飲まない理由は、当然ですがその「苦味」にあります。

 

それまでミルクや母乳といったマイルドな口当たりの飲み物で水分補給していたのですから当然ですね。

 

元々赤ちゃんというのは本能的に甘いものを好んで飲みます。だからこの世に生を受けてすぐにお母さんのお乳を飲むことができるのです。

 

 

対して「苦味」や「酸味」というのは本能的には「毒」として吐き出そうとします。

 

大人になってからビールとか漬物みたいな苦いものや酸っぱいものを美味しく感じるのは「慣れ」「経験」によるところが大きいです。

 

麦茶は比較的苦味が薄いお茶の部類だとは思いますが・・・それでも赤ちゃんにとっては苦いんです。

 

そこで苦味を和らげるために、世のママさんたちは「麦茶に白湯を混ぜて薄めて飲ませる」なんて飲ませ方もしていますね。

白湯って要はただの煮沸したお湯なんですけど、これが水道水やミネラルウォーターで薄めるのでは赤ちゃんに負担がかかるから、わざわざ煮沸したお湯を加えているのだそうです。

 

なかなか手間がかかる!

 

私は横着者なので、わざわざ白湯を作って混ぜる・・・という発想には至りません。

 

しかも白湯を混ぜて薄めて飲ませても2回に1回飲んでくれるかどうかだったなんて話もあります。

 

もちろんそれで赤ちゃんに麦茶を飲ませることができれば良いですが、私が考える「もっと良い麦茶の飲ませ方」は、ズバリ甘さを加える!ということです。

 

麦茶に甘さを加える飲ませ方とは?

これまで散々ジュースは太るだの依存症になるだの言ってきたのに麦茶に甘さを加えるなんて・・・

 

そうお思いになった方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし私が言う「麦茶に甘さを加える飲ませ方」というのは、ジュースのように過剰に甘くするのではありません。そして砂糖を使うわけでもありません。

 

じゃあ何を使うのかというと、それはオリゴ糖です。

オリゴ糖

オリゴ糖は砂糖ほどの甘さではありませんし、カロリーもあまり気にしなくていいです。何よりもただ白湯を混ぜるのと違って、オリゴ糖は赤ちゃんの体にも良いことがいっぱいあるんですよ!

 

赤ちゃんにオリゴ糖って飲ませていいの?

単純な疑問として「赤ちゃんにオリゴ糖は飲ませていいの?」というものがありますよね。

 

というか実は、赤ちゃんに飲ませる母乳にはすでに100種類以上のオリゴ糖が含まれています。

オリゴ糖というのは体に消化酵素を持たず消化できない糖類なのですが、面白いことに現存する哺乳類の母乳には全部「赤ちゃんが消化できないオリゴ糖」が含まれているんです。

 

消化できないのになぜオリゴ糖が母乳に含まれているのか?という疑問が湧いてきますが、それは「オリゴ糖によってもたらされる健康効果が種の生存を有利にしてきた」ということの証でもあるのです。

具体的にオリゴ糖って何が赤ちゃんに良いの?

オリゴ糖の健康効果として「整腸作用がある」という風に言われていますが、これをもっと詳しく言うと

 

腸内のビフィズス菌のエサになる

 

ということになります。

ビフィズス菌

sponsored link

ビフィズス菌は善玉菌の代表的な存在で、大腸内に占める善玉菌のうち99.9%がビフィズス菌と言われています。

 

このビフィズス菌は「消化されない糖質」が大好物で、消化されずに大腸へ届いたオリゴ糖なんかは正にうってつけのエサになってくれます。

 

オリゴ糖がビフィズス菌に届けられると、それをエサにしてビフィズス菌が増殖したり、代謝して短鎖脂肪酸を生み出してくれます。

 

「整腸作用」という風にざっくりと言われているのは、実はすべてこの「短鎖脂肪酸を生み出すこと」によってもたらされます。

 

短鎖脂肪酸が生み出されると

・腸の蠕動運動を活性化して便秘を解消する
・腸内を酸性に保って悪玉菌の繁殖を防ぐ
・余分な糖質脂肪の蓄積を抑制する
・体の免疫機能を調整してアレルギーに強くする
大腸がんを防ぐ

といった様々な効果をもたらしてくれるのです。

 

ただ「整腸作用」と一言で表すのは惜しいくらい、いろんな効果が期待できますよね!

 

特に腸内環境というのは幼少の頃からのケアが大事です。

 

人の腸内に住む腸内細菌の割合というのは個人差がありますが、それは3歳までに腸内に住む細菌の割合がある程度決まってしまうからです。

 

これによって便秘しやすいとか下痢しやすい体質が決まってしまうんだとしたら、なるべく小さいうちから腸のケアをしてあげるのが親の責務にも思えますよね。

 

もちろん、大人になってからケアすることも出来るんですけどこれは「英語の習得」と同じ話で、子供の頃からケアしてあげるほうがずっと楽です。

 

大人になってから英語を話そうと思ってもなかなか苦労しますよね・・・

だから私は「麦茶を飲まない赤ちゃんにはオリゴ糖を混ぜた飲ませ方が良い!」と思います。

 

単に麦茶で水分補給がしやすくなるだけでなく、他にも色々な効果が期待できるなんて一石二鳥・・・いやいや一石五鳥くらいのお得感はありますよね!

 

母乳やミルクの時は問題なかったのに、離乳食に移行した途端に便秘になってしまった!なんて赤ちゃんも結構います。

 

そういった赤ちゃんの便秘ケアにもオリゴ糖は使えますからね。

オリゴ糖って虫歯とか肥満にはならないの?

オリゴという名前から、砂糖のように虫歯や肥満を誘発するのではないか?という心配もありますよね。

 

しかし肥満や虫歯の心配には全く及びません。

 

オリゴ糖というのは前段の説明でもあるように、「消化されずに大腸へ届く糖質」です。

 

消化されないのですから砂糖のように口の中で分解されてを発生させたり、吸収されて脂肪に変わるということはありません。

 

むしろ虫歯予防肥満防止に効果があります。

 

例えばキシロオリゴ糖という、とうもろこしやたけのこに含まれるオリゴ糖がありますが、これは糖アルコールの一種でもあり虫歯予防の効果が期待できます。

 

キシリトール」と名前が似ていますよね。要はこのキシリトールが含まれたオリゴ糖だからです。

 

さらに、オリゴ糖というのは肥満防止やダイエットにも効果があります。

ダイエット

オリゴ糖の成分表示を見ると、大体砂糖の半分くらいのカロリーであるということがわかるのですが、実はこのカロリー換算にはからくりがあって、短鎖脂肪酸換算でのカロリーになっているのです。

 

なぜならば、短鎖脂肪酸というのは大腸のエネルギーになるから。

 

だからカロリー数値だけ見れば砂糖の半分ということになりますが、実際にはオリゴ糖を摂取することで肥満にはなりませんし、むしろ短鎖脂肪酸が余計な脂肪の蓄積を抑制してくれるのでダイエット効果すら期待できるのです。

 

>>オリゴ糖のカロリー換算の仕組みの話についてはこちらです!!

赤ちゃんのために良いオリゴ糖とは?

では赤ちゃんのためにどんなオリゴ糖を選んだら良いのか?

 

まず1つ言えるのは、スーパーやドラッグストアなどで売られている市販のオリゴ糖シロップはオススメできません。それはオリゴ糖以外に余計な物が入っていてオリゴ糖の純度が低いものが多いから。

そして、こういったオリゴ糖は純度が低いだけでなく「一種類のオリゴ糖しか含まれていない」という問題点もあります。

 

なぜ一種類のオリゴ糖しか含まれていないことが問題なのかというと、ビフィズス菌には色々な種類があって好んで食べるオリゴ糖の種類が異なるからです。

 

つまりビフィズス菌を最大限活性化させるためには、一種類ではなく色々な種類のオリゴ糖を同時に取る必要があるということ。実際に一種類のオリゴ糖よりも複数のオリゴ糖を同時に取ったほうがビフィズス菌活性効果が高いことが論文などで示されています。

 

母乳に100種類以上のオリゴ糖が含まれているというのはその裏付けですね。

 

ただ現実的には100種類以上のオリゴ糖を母乳以外で取ることは不可能です。

 

しかし、100種類には及ばないものの「特定の比率でオリゴ糖を組み合わせることでビフィズス菌を満遍なく活性化させる」ことが出来るオリゴ糖があるのです。これは私が現在使っているオリゴ糖でもあります。

私がオススメするオリゴ糖はこちらです!

私自身も使っていて赤ちゃんにも使える理想のオリゴ糖・・・それはカイテキオリゴというもの。

これは色々な種類のオリゴ糖を特定の比率で混ぜ合わせることで最も高いビフィズス菌活性効果を示すオリゴ糖です。

 

この最もビフィズス菌が活性化する黄金比率はEOS理論と呼ばれていて、販売会社が特許申請中です(特許番号:2011-091362)。

 

このオリゴ糖は、その黄金比率で高い効果を示すだけでなくその使いやすさも目を見張ります。

 

まず、粉末状で吸湿性がないのでベタつかないのです。

 

シロップなどはその性質上、どうしてもベタついたりするんですがカイテキオリゴにはそういった煩わしさもなく使いやすさの上でも「カイテキ」。

 

余計な水分を吸ってベチャベチャになることもなく、サラサラしていて非常に使いやすいのです。

 

このあたりは私自身が実際にカイテキオリゴを使ってみてのレビューなどもしていますので、もしよければ参考にしていただければと思います。

 

>>カイテキオリゴを実際に使ってみてのレビューです!

 

また冷たい飲み物でも温かい飲み物でも、あるい離乳食に混ぜても、といった具合に使い方を選びません。

 

今回は「麦茶を飲まない赤ちゃんへの飲ませ方」という話なので麦茶に混ぜることを推奨しますが、それに限らず使っていただいても全く構いません。

 

麦茶に混ぜる際、冷たい麦茶だと溶け残りが出る可能性もあるのでそういった場合は少量の白湯で溶かしてから混ぜてあげると良いですね。

 

まとめ:赤ちゃんが麦茶を飲まない!どうやって水分補給したらいい?飲ませ方は

赤ちゃんが麦茶を飲まない時の飲ませ方についてお話してきましたが、まとめると

・麦茶は離乳食に移行した赤ちゃんに飲ませる飲み物としてはうってつけ
・麦茶を飲まないからといってジュースを飲ませると依存してしまう可能性がある
・赤ちゃんは麦茶の苦さを嫌がって飲まないので、オリゴ糖で甘さをプラスしてあげると良い
・オリゴ糖には赤ちゃんに様々な効果が期待できる!

 

ということですね。私自身もコーヒーに入れて使っているのですが、ブラックコーヒーよりかなりマイルドな口当たりになります。是非麦茶に入れて「麦茶を飲まない赤ちゃん」に飲ませて上げてくださいね。

 

>>実際にカイテキオリゴを使ってみてのレポートはこちらです!

 

>>カイテキオリゴの購入はこちらからです!

良い記事だと思ったらシェアお願いします!